なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!

りろりろさんの公開ページ

りろりろさんのプロフィール

ママ・30代・、女7歳 男5歳 男5歳

りろりろさんの声

27件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 娘のある日のしゅくだいが・・・  投稿日:2006/11/28
しゅくだい
しゅくだい 文・絵: いもと ようこ
原案: 宗正 美子

出版社: 岩崎書店
娘は小学1年生。幼稚園の時よりも見違えるほどお姉さんになりました^^。ある日ニコニコしながらも大興奮の顔で学校から帰ってきました。「ママ〜、きょうのしゅくだい、な〜んだ?」とっても嬉しそうです。「きょうはね、だっこのしゅくだいだよ!ママはやくだっこしてよ〜」先日の保護者会で先生からお話を聞いていた私。ちょっぴりいじわるして「そんなしゅくだい、あるわけないじゃん」と言ってみると・・・「ホントだよ!せんせいがね、お話読んでくれてね、お話とおんなじだっこのしゅくだいが出たんだよ。みんなえ〜って言ってたよ」最近すっかり重くなってしまった娘。下の弟たちのようには抱っこしてやれませんでした。娘はそれがずっと不満みたいでした。「だっこ、だっこ」と甘えてきました。久しぶりにじっくり抱っこしながら、生まれた時のアルバムを一緒に見ました。娘は興味津々で見ていました。私自身もなんだかとても癒されました。娘はきっと学校でいっぱいいっぱい頑張っていたんでしょう。宿題が出た後の感想文で、「とっても気持ちよかった」と書いてありました。まだまだだっこが必要だと親に気づかせるための、先生からの宿題だったような気がしています。本当に素敵な絵本です。私にとって大切な1冊になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかく絵がかわいい!!  投稿日:2006/08/10
かばんうりのガラゴ
かばんうりのガラゴ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
島田ゆかさんの作品は本当に絵が丁寧でかわいいんです。
いろんなところにしかけ?があって、細部までじっくり見て、探さずにはいられません。ガラゴ自身もとってもユニークだけれど、かばんを買いにくるお客さんもかなりユニーク。思わず笑いがこぼれます。でもね、ガラゴはしゃべらないの。どんな話し方をするのか気になっているのは、わたしだけではないはず・・・。今後のシリーズからも目が離せません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供が暗唱してしまいました  投稿日:2006/04/11
まじょのかんづめ
まじょのかんづめ 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
子供って魔女とか魔法使いとか、おばけとか、何でだか分からないけど大好きですよね。ちょっと怖いもの見たさ、みたいなところもあるかもしれません。
この本もそんな「こわいものみたさ」の子供心をそそってくれる本です。前に来たときにはなかったはずのおうち、勝手によそのおうちにはいってしまうドキドキ、そしてきこえてくる「たすけて〜」の声。もう子供たちはすっかり絵本の中に入り込んでいます。ところどころにちりばめられた、不思議な佐々木ワールドも面白いです。4歳の息子たちの大のお気に入りで、字も読めないのに一部は暗記してしまいました。「それもそのはず、このかんづめは、ただのアスパラガスの かんづめだった。」なんで?なんでここなの?子供の感性は、わからないですね・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい テンポよく大爆笑  投稿日:2006/04/06
もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう
もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう 作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 徳間書店
「あ〜もうトイレ〜」って誰にでもある経験が、楽しく、愉快に描かれています。なにしろ、テンポがいいので、途中から子供たちは大合唱しながら「もっちゃう、もっちゃう、もうもっちゃう〜げらげらげら〜」と大爆笑。それだけでもとっても楽しいのですが、ひでくんが出会う動物や妖怪のトイレがまた面白く、子供たちは興味津々。「ぼくこんなトイレだったら、やだな〜」「こんなんじゃ、できないよね〜」などと言いながら読んでました。
そして、最後にみんなで「あ〜良かった」とホッとしたのもつかの間・・・更におちがあってみんなビックリ!しました。本当に楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出に  投稿日:2006/04/06
ぬりえ絵本 ごちゃまぜカメレオン
ぬりえ絵本 ごちゃまぜカメレオン 作・絵: エリック・カール
訳: やぎた よしこ

出版社: 偕成社
幼稚園からお誕生日のプレゼント絵本として、年長さんの時もらいました。エリック・カールの絵本は大好きでしたが、こんな絵本があるのはしりませんでした。まず、1度読みました。自分らしくていいんだ、というメッセージを感じる、素敵なお話でした。そして、いよいよぬり絵です。初めはどうしようかと悩みましたが、最後にきちんと塗り絵の指導も書いてあって、それを参考に絵の具で塗ることにしました。それも、赤と青と黄色と白だけを使って。娘は楽しそうに色を作り始めました。最初は「ようちえんでおしえてもらったよ〜」と言いながら、やっていましたが、だんだん「この色はどうやってつくるの?」と悩み始めました。私も一緒に、色々試しながら色を作っていきました。長いお話なので、何日もかけて塗っていきました。なので最初と最後はかなり色が違ってたりしましたが、とても満足のいく仕上がりになりました。エリック・カールの絵本には驚かされてばかりですが、また一つ絵本の楽しみ方を教えてくれる大切な1冊になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぴょんぴょんが楽しい  投稿日:2006/03/31
ばったくん
ばったくん 作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
ばったくんが、家の中に迷い込み、お散歩するお話です。「ぴょん ぴょん 」とお散歩するのですが、お皿の上、大ジャンプ、テレビにぶつかったり、ピアノの上を通ったりするときは、「ぴょん ぴょん」がちょっと変わります。それが、とても面白いみたいです。単純な文章なのに、子供を惹きつける力はすごいです。
我が家では息子が1歳の時、お気に入りだった本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きれいな絵本です  投稿日:2006/03/31
よあけ
よあけ 作・絵: ユリ・シュルヴィッツ
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
とてもきれいな絵本です。湖の夜明けの様子が、描かれています。シ〜ンとした夜の静寂から、だんだん夜が明けてくる様子が素晴らしいです。ラストの鮮やかな夜明けが、素晴らしい1日を予感させて、すがすがしい気分になります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の頃、大好きだった1冊です。  投稿日:2006/03/31
しろいうさぎとくろいうさぎ
しろいうさぎとくろいうさぎ 文・絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
子供の頃、大好きだった1冊だったのに、ずっと忘れていました。自分が母となり、娘に読んであげたい本を探していた時、遠い記憶の中から、あのうさぎが鮮やかによみがえってきて、取り寄せた本です。とにかく絵が素敵です。丁寧に描かれたうさぎは、そのふわふわとした手触りまで伝わってくるようです。子供心に、この絵がとても素敵に思えて、大好きだったことを思い出しました。
そして、大人になってから読み返してみて、改めて愛することの素晴らしさを教えてくれる、素敵なお話だったことを知りました。娘にも、ずっと読んでもらいたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うたいながら読みました  投稿日:2006/03/31
うさぎのおうち
うさぎのおうち 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松井るり子

出版社: ほるぷ出版
森の動物が待ちに待った春がやってきました。ことりも、かえるもうたいます。そんな中、こうさぎが自分のうちを探しにでかけます。きっとひとり立ちの春なのでしょう。色々な動物の家を訪ねながら、自分に合った家はないかと探していきます。そして、最後に出会う動物は・・・。こうさぎが見つけたものは、家だけではなかったようです。ラストのシーンには思わず笑みがこぼれます。
丁寧に描かれた絵も見ごたえ十分。見覚えある方も多いですよね。それもそのはず、この本の挿絵はあの「しろいうさぎとくろいうさぎ」の作者ガース・ウィリアムズです。
自分も森の中にいるような気分で、うたいながら読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「ありがとう」の方が気持ちいいよ。  投稿日:2006/03/31
ごきげんななめのてんとうむし
ごきげんななめのてんとうむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
エリック・カールの鮮やかな絵と、細かいところにもしかけが満載で楽しめる1冊です。お話の内容も、面白い!ご機嫌斜めのてんとうむしが、色々な動物に勝負を挑みます。「ぼくとけんかしたくないか」って。自分でふっかけておきながら、「きみじゃぼくのあいてにはものたりない」と言って逃げてしまうのが、子供たちにはおおうけでした。そして、最後には思わぬことが起こって、元の場所へ。そこには、1番最初にけんかをふっかけたてんとうむしが、やさしく迎えてくれます。相手とけんかするより、「ありがとう」と言ったほうが仲良しになれて気持ちいいね、と子供と話しました。
でもこのてんとうむし、なんだか憎めないんですよね。
参考になりました。 0人

27件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット