話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

よっよさんの公開ページ

よっよさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女5歳 男0歳

自己紹介
子供が生まれる前は、仕事の合間に一週間に一度は必ず図書館に行く「本好き」です。

2003年に長女、2008年に長男を出産しました。音楽教室講師をしていますが長男出産で産休中です。
好きなもの
映画鑑賞・・子供が生まれてからはサッパリですが。  読書・・・・以前は宮部みゆき「火車」・山崎豊子「大地の子」「沈まぬ太陽」・東野圭吾「秘密」など忘れられないです。三国志・司馬遼太郎もいいですね。現在はすっかり絵本ですね〜
音楽鑑賞・・クラシック大好きです!
ひとこと
皆さんのコメントを読んでいると、益々読みたくなってしまいます!!こんな本もあるんだ!と日々新たな発見です。絵本の世界って奥が深い〜とはまってます。

よっよさんの声

79件中 71 〜 79件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 動物のおうちが可愛い  投稿日:2006/03/07
ねずみさんのながいパン
ねずみさんのながいパン 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
文が短く端的で、絵も優しい雰囲気です。我が家の2歳の娘にも大変分かり易く、親子で楽しんで読んでいます。

見開き左ページにねずみさんが長いパンをもって走っています。「ねずみさんは とっとこ とっとこ どこに いくのかな。このうちかな?」とだけ書かれています。

右ページには動物さんのおうちが、その動物で描かれているだけです。

我が家の娘はこの(動物の形をしたおうち)が気に入っています。「トントントンこんにちは」「おめめが窓になっているね」「これはぞうさんの牙なの?」などなど・・絵を見て色々とお話したり、発見したりしているようです。

最後のほうに、ねずみさんがネコさんのおうちに行こうとして行かないところがあるのですが、何故いかないのか、ねずみの天敵がネコということがまだ理解できていないので、???という顔をしています(微笑)

子供の心をくすぐる楽しい絵本です。機会があれば是非読んでくださいね!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族で大ファン!  投稿日:2006/03/07
すっぽんぽんのすけ
すっぽんぽんのすけ 作: もとした いづみ
絵: 荒井 良二

出版社: 鈴木出版
子供に読む前に私が読んでみたのですが、すごく面白いけれど、果たして2歳の子供にこの面白さが受け入れられるかな・・。と思いましたが、とんでもない!!!初めて読んだ時に連続5回読まされました。6回目になりそうだったので、ママ声が疲れちゃったので休憩します〜と言いました。

我が家のパパが風呂上りに裸で部屋に入ってくると、「すっぽんぽんのすけ、はやくぱんつをはきなさ〜い」と言います。

絵も隠れキャラのような(あるところにパンダがいます)キャラクターもいて読むたびに新しい発見があったり楽しめます。すっぽんぽんで「みいちゃん」を助け出すのも流石すっぽんぽんのすけ!!

楽しい気分になりたい!正義の味方を読みたい!という時にはお勧めです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コッコさんよかったね!  投稿日:2006/03/07
コッコさんのともだち
コッコさんのともだち 作・絵: 片山 健
出版社: 福音館書店
2歳の娘は、私が週に2日仕事をしているので、週二日だけ公立保育園の一時保育に通っています。

通い始めたころは、行きたくないと泣き、保育園に行ってからも、「ママ〜」とよく泣いていたそうです。今では慣れて「○○ちゃんと遊んだの」「△△して遊んだよ」と話してくれます。

この本を読んだ時に、コッコさんが一人ぼっちであそべなかったり、アミちゃんとお友達になって、うれしくなって うれしくなって〜、また、喧嘩して仲直りしたり・・・と一つ一つの場面が、もしかしたら、うちの子もそうだったのかな・・。と読んでいて思いました。

子供も読み聞かせしていて、「コッコさんさびしいね」「お友達できたね」と自分のことのように話し、コッコさんに共感しているようです。また親が「子供の心に気付かせられる」本だな、と思いました。

優しい気持ちになれる素敵な本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きな「木」に感激!  投稿日:2006/03/07
とこちゃんのしゅっちょうひきうけます
とこちゃんのしゅっちょうひきうけます 作・絵: かわかみ たかこ
出版社: フレーベル館
図書館で2歳の子供が「これ読んで!」と持ってきました。

とこちゃんは「とこやさん」です。保育園に出張床屋に行くのですが、途中の森で枝や葉が伸び放題に伸びて困っている「木さん」達をチョッキン チョッキンときれいにしてあげます。

と、大変大雑把なあらすじ説明でしたが、ちょうど良い長さの文体と、可愛らしいくカラフルで細かい絵で何度も「読んで」と持ってきました。

最後のほうで、左右見開きを使って縦いっぱいに「木」が描かれています。2歳の子供はそのような絵本を見たのが初めてで、「うわ〜!大きいね!」と大喜びでした!

絵が細かいな〜!と思った一つが、その大きな「木」は「頭のてっぺんがムズムズするの」と言い、とこちゃんに散髪してもらうのですが、実は風船が引っかかっていて、その風船の絵が最初の方のページに小さく森が描かれてあり、風船も小さく描かれてあるのです。発見した子供は「あっ、ここに!」と嬉しそうでした。

この絵本を読んでから、ママと遊ぶ時に「とこちゃんごっこ」と言って子供がとこやさん、ママがお客さんの「とこやさんごっこ」が始まりました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バイタリティーあふれるひよこちゃん  投稿日:2006/03/05
かたあしのひよこ
かたあしのひよこ 文: 水谷章三
絵: いとう ひろし

出版社: ほるぷ出版
図書館で絵本を探している時に、偶然子供が「これよんで!」と持ってきました。

題名が「かたあしのひよこ」なので、可愛そうな内容なのかしら・・・と思いきや、読み手の想像を覆すビックリの連続でした。

金の足を王様に取られてしまったという内容から始まった時には、子供も「ヒヨコちゃんあんよは?」と心配し、私も内心かわいいヒヨコちゃん、結構ショッキングな話だわ・・大丈夫かしら・・と思ったのですが、いやいや何とも面白い展開でした。

「ひよこ」といえども、小さい体にしてはとても賢くてタフで優しく勇敢なおちびちゃん。一緒に歩いて行くはずのオオカミさんやライオンさんが疲れたといえば、「ぱくっ」と食べてお腹の中に入れて連れていてしまうし、川さんが一緒に行きたいと言えば「ゴクゴク」飲んで連れて行ってしまう。

王様と対決する時は、オオカミさん、ライオンさん、川さんを順番にお腹から吐き出して、見事ピンチを乗り切り「あんよ」を取り返し、お宝持参で帰るひよこちゃんには、「お見事!」と声援を送りたくなりました。

ヨーロッパに伝わる民話だそうで、マザーグースに似ている雰囲気もあり「〜をたべてしまいました」「〜しんでしまえ」という文体が所々に出てくるので、そのような内容が苦手なお子さんには少々ショッキングな内容と受け止めるかもしれないので、お母さんがまず読んでからでも良いかな・・と思います。

私も子供も楽しんで読みました。興味のある方は是非読んでみてください!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読んで!とせがまれる一冊  投稿日:2006/03/04
コッコさんのおみせ
コッコさんのおみせ 作・絵: 片山 健
出版社: 福音館書店
コッコさんシリーズは子供が大好きで「読んで」とせがまれる本の一冊です。

図書館でかりてくるのですが、何度もかりてしまいます。

開くと、右ページに挿絵、左ページに文というつくりになっています。挿絵は個性的ですが、見ているとだんだん温かい気持ちになります。また、とても細かい部分まで描かれてあり、「これは○○じゃない?」と発見もあります。

文は2歳の子供に判りやすく、長さもちょうどよいです。内容も、こんなことあるある!と思う事柄が書かれています。普段の生活の中でも「コッコさんみたいだね!」とよく話すことがあります。

このほかにも「コッコさんのともだち」etc・・・あるので、機会がありましたら是非読んでみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいキツネと素敵なオオカミ  投稿日:2006/03/04
ともだちや
ともだちや 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
子供が2さいなので、奥深い内容の理解はまだできませんが、キツネが苦手なイチゴを食べてお腹が痛くなった時には、キツネ大丈夫かな?と心配したり。「友達一時間100円〜」のフレーズを覚えて真似したり。オオカミが左右見開きいっぱいの挿絵で怒ったときには、お金で友達を買うのか!ってオオカミが怒ってるよ!となぜか大笑いしたりと楽しんで聴いていました。

いつかこの絵本のメッセージを理解できる時がくるであろうことを楽しみにしています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいらしい  投稿日:2006/03/01
ありんここりん
ありんここりん 作・絵: 藤枝 リュウジ
出版社: 教育画劇
作者がNHKゆうがったクインテッド等のキャラクターデザインをされている方で、たまたま図書館で手に取りかりました。絵・文シンプルで、ありさんやきのみくん、カエルのせりふを真似して覚えています。あったかい優しいお話で私も子供もお気に入りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度読んでも!  投稿日:2006/03/01
そらまめくんとめだかのこ
そらまめくんとめだかのこ 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
そらまめくんシリーズは子供も大好きです!私が読んで聞かせているのですが、絵と文がとてもマッチしていて、読みながら子供が絵を指差したり、絵について話したりと集中してみています。優しい気分になれて、私も一緒にとても楽しく読んでいます。
参考になりました。 0人

79件中 71 〜 79件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 次の10件 最後のページ

【連載】9月の新刊&オススメ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット