しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

リノコさんの公開ページ

リノコさんのプロフィール

ママ・30代・奈良県、女2歳

自己紹介
親に絵本を読んでもらった記憶は残念ながらありません。
幼稚園ごろからの記憶はあり、この本知ってる!というのも何冊かあります。
小学生の時は、よく図書館利用してました。江戸川乱歩のシリーズばかりかりて、司書の方に「他の本も読めば」、と心配されたことが思い出です。
自分が親になり読み聞かせを始めました。娘の記憶に残るかはわかりませんが、私と絵本との出会いを楽しみにのんびり続けてみます。
ひとこと
平成18年3月、娘が6ヶ月になったのを機に絵本の読み聞かせを始めました。
どんな本がいいだろうと調べている時に出会った絵本ナビ。感想も残せるので、いい記録になります。これからしっかり活用させていただきます!

リノコさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい シンプルだけどあたたかい  投稿日:2008/08/12
よくきたね
よくきたね 作: 松野 正子
絵: 鎌田 暢子

出版社: 福音館書店
いろんな動物で「おいでおいで」と「よくきたね」が繰り返されるシンプルな本です。
2歳の娘はとても気に入って、何度も読んで!と持ってきたり、
よくきたねしてって抱きついてきました。
親子ともども心があたたまる本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘の成長を感じました  投稿日:2008/08/12
ないているこ だあれ
ないているこ だあれ 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
いろいろな動物がそれぞれの理由で泣いていて、それぞれに解決して泣きやんでいく話です。

何度か読んでいると、
「うさぎさんさみしいって。」 「お母さん帰ってきたからもう大丈夫!」
「くまさん痛いって。」  「ガーゼしたからもう痛くないよ!」
どうして泣いていて、どうして泣きやんだかわかるようになっていて、
娘の成長に驚かされました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私は気に入りましたが・・・  投稿日:2008/07/20
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
表紙に見覚えがあったので手にとりました。

風景によってワンピースの模様が変わっていくお話です。

私は気に入りました。
内容も難しくないし、絵もきれい、ララランロロロンというフレーズもこの本によくあっている気がします。

ただ2歳の娘はあまり興味を示しませんでした。
もう少し大きくなってから再び読んであげたい本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カラフルなしかけ絵本  投稿日:2008/07/20
まどから おくりもの
まどから おくりもの 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
カラフルなしかけ絵本!
窓がくりぬかれていて、家の中がのぞけます。

2歳の娘にも楽しめるかも、と思いましたが、反応は今ひとつでした。
カラフルな絵にもしかけにもあまり興味をしめさず、
サンタさんが勘違いしているというのはまだわからないみたいでした。
娘には少し早かったみたいです。
少し時間をおいて読んでみたい本です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う きょとんとしてました  投稿日:2008/07/16
がちゃがちゃ どんどん
がちゃがちゃ どんどん 作: 元永 定正
出版社: 福音館書店
がちゃがちゃ、どんどん
いろんな音がイラストつきででてきます。

うちの娘2歳は、
ねこ ニャーニャー
でんしゃ ガタンゴトン
のような音がでてくる本が好きだったので、
いろんな音がでてくるこの本を選んでみたのですが、
なんでこの絵がこの音?という感じにきょとんとしてました。

もっと小さい時に読んでいたら楽しめたのかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だ〜れだ?  投稿日:2008/04/04
おめん
おめん 作: わだ ことみ
絵: ささき ようこ

出版社: ポプラ社
顔にあてて、だ〜れだ?と言うと答えてくれます。
初めの頃は「わんわん!」「がお〜!」だったのが、気づけば「いぬ!」「らいおん!」と言えるようになってました。

動物だけでなく、果物もあるのが新鮮です。

娘のお気に入りは、べ〜してるスイカです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 印象的でした  投稿日:2008/03/27
おふろでちゃぷちゃぷ
おふろでちゃぷちゃぷ 文: 松谷 みよ子
絵: いわさき ちひろ

出版社: 童心社
この本を図書館でかりて読んだ頃、娘と一緒にお風呂の中で「おふろでちゃぷちゃぷ、せっけんぶくぶく」と繰り返してました。
“あたまあらってキューピーちゃん”も気にいったようで「きゅーぴーちゃんやって〜」とよく言われました。
この本で“はだかんぼ”という言葉を覚えたようで、本をかりてからしばらく経ちますが、今でも着替える時やトイレの時も「はだかんぼ〜」と言ってます。

私はいわさきちひろさんの絵が好きだし、娘にも印象に残ったようなので購入を考えています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さんぽ、ぶらんこ、すべりだい!  投稿日:2007/11/16
みんなでね 改訂版
みんなでね 改訂版 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
さんぽ、ぶらんこ、すべりだい、2歳の娘が大好きなものがでてきます。先日、ひとりでブランコにのれるようになった娘、「ぶらんこだー!」とうれしそうでした。ブランコ、すべりだいがでてくる本に初めて出会いました。
他にもごはん、おしっこ、おふろ、身近なものばかりで、娘、かなりの好反応でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やわらかい感じの絵  投稿日:2006/08/07
ママだいすき
ママだいすき 作: まど・みちお
絵: ましま せつこ

出版社: こぐま社
耳鼻科の待合室で出会いました。
本のタイトルにひかれ手にとりました。

読んでみると、
10ヶ月の娘は手をのばしながらご機嫌、
私はやわらかい感じの絵が気に入りました。

パパさんがヤキモチやきそうなので購入の予定はないです。
ママだいすきな子に育ってほしいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 意外と興味あり  投稿日:2006/07/14
ひとりでうんちできるかな
ひとりでうんちできるかな 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
2児の母である姉から、オマルと一緒にゆずり受けました。
トイレトレーニングを始めてから読むつもりでしたが、自分で棚からひっぱりだして眺めているので読みはじめました。
娘が実際にオマルでうんちできる日を楽しみに読み続けていきます。
トイレトレーニング中に活躍しそうな絵本です。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット