そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいなの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
読み聞かせで大もりあがり!くり返しのリズムが心地よく、赤ちゃんから楽しめます。

ふっふるさんさんの公開ページ

ふっふるさんさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、6歳 3歳

ふっふるさんさんの声

38件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う コロボックルシリーズ番外編  投稿日:2006/11/08
コロボックル絵童話(2) コロボックルふねにのる
コロボックル絵童話(2) コロボックルふねにのる 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 講談社
コロボックルシリーズの番外編的小さい子向けの短編童話です。

主人公のトコちゃんはどこにでもトコトコでかけて行ってしまうコロボックルの男の子。

今回は子供が残していった笹舟を見つけてそれに乗り込み大冒険!カエルにびっくりしたり滝を滑り降りたりとスリル満点です。子供はわくわくしながら聞いています。

村上勉さんとのコンビが懐かしく楽しみながら読んでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う コロボックルシリーズの番外編  投稿日:2006/11/08
コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ
コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ 著者: 佐藤 さとる
画家: 村上 勉

出版社: 講談社
コロボックルシリーズの番外編的シリーズでもっと小さい子向けの短編童話です。

主人公はどこにでもトコトコでかけて行ってしまうコロボックルのトコちゃんという男の子。とこちゃんが怪我をした小鳥を助けて仲良くなって・・・・。

トコちゃんの大冒険とそれをそっと見守る大人たちの視線が優しいです。

お話も楽しいし、子供のころコロボックルシリーズに親しんだお父さんお母さんには懐かしく親子で楽しめる素敵な1冊です。このシリーズは全部で4冊発行されています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひょっとして科学の本?  投稿日:2006/11/08
まえむき よこむき うしろむき
まえむき よこむき うしろむき 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社
いろんなものの前向き・横向き・後ろ向きの絵が描かれた本です。絵が優しい感じなので硬い印象は受けませんが、リアルに書いてあれば立派に図鑑のような?本です。

ネコ、イヌ、鳥、飛行機、電車、家の中物などなど、なんでも前抜き・横向き・後ろ向きで書かれています。

普段あまり気にしない、考えないような向きからの絵がたくさん載っているので、見ていて「へぇぇぇぇ」とか「ほー」とか妙に感心してしまうことも。

いろんな角度から見ることを無意識に子供に教えてくれるのではないかなと思います。小さい子(1,2歳)から大きい子まで楽しめるとおもいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっとそこまで  投稿日:2006/11/08
ちょっとそこまでぱんかいに
ちょっとそこまでぱんかいに 作: 山下 明生
絵: エム・ナマエ

出版社: サンリード
補助輪のとれたわたくんがちょっとそこまでぱんを買いに出かけます。って、大通りを越えて踏み切りわたって海を越え雲をかけの上ってお日様のところまで行くんですけど!

途中いろんな乗り物が出てきて、新幹線と競争したり、くじらとおはなししたりとにかくスケールが大きい。

子供が2歳3歳のころほんとによく読みました。

乗り物好きのお子さんには特にいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこまでも登っちゃいます  投稿日:2006/11/02
のぼっちゃう
のぼっちゃう 作: 八木田 宜子
絵: 太田 大八

出版社: 文化出版局
お庭に木があります。とにかくどんどん上へ上へ登っていきます。屋根よりも、ビルよりも、富士山よりも高く登っちゃいます。最後は宇宙へ飛び出して。文字も少なく絵を見て話がわかるのでごく小さい子(1歳くらい)から楽しめる夢の膨らむ素敵な本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オコジョを追い続けた写真絵本  投稿日:2006/11/02
オコジョのすむ谷
オコジョのすむ谷 文・写真: 増田 戻樹
出版社: あかね書房
作者がオコジョに惹かれて上高地に通い詰め記録した写真絵本です。写真を見るだけでも楽しく、少し大きくなれば小さく載っている日記を詳しく読んでいくのも楽しいです。ほんの数秒オコジョに会うため(見るため)シーズンごとに上高地に登っていく作者の粘り強さに頭が下がります。
小さい時はかわいいオコジョの写真で、大きくなれば作者の努力を感じ取って欲しい息の長い本だと思います。3歳代から折に触れて読んでと持ってくるお気に入りの本のひとつです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 悪戯好きのたぬきにしんみり  投稿日:2006/11/02
ごろはちだいみょうじん
ごろはちだいみょうじん 作: 中川 正文
絵: 梶山 俊夫

出版社: 福音館書店
悪戯好きのたぬきと村人のかけあいの楽しい絵本と思いきや、最後はしんみり。

昔話の語り口調でテンポがよく、最後までどんどん読めてしまいます。

乗り物好きの男の子には汽車が出てくるので昔話の導入としても良いかも知れません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しかくはなぁに♪しかくはなぁに♪  投稿日:2006/10/28
さよなら さんかく
さよなら さんかく 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
ごぞんじこぐまちゃんシリーズの1冊です。

しかくはなぁに♪しかくはなぁに♪と歌うように読んであげると子供は大喜び。あっという間に最初から最後まで覚えてしまいました。

ぼろぼろになるまで読んだ楽しい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族が増えるファミリーに  投稿日:2006/10/28
ぼくはいぬのプーシュキン
ぼくはいぬのプーシュキン 作: ハリエット・M.ジーファート
絵: ドナルド・サーフ
訳: 山元育代

出版社: ほるぷ出版
マイケルとケイト夫婦にかわいがられて幸せいっぱいの犬のプーシュキン。そんな一家に赤ちゃんがやってきます。プーシュキン楽しい生活が一変します。マイクもケイトも赤ちゃんに夢中でプーシュキンにかまってくれません。

寂しくて悲しくて不安な思いをして、家出しようか?とまで考えるプーシュキンですが、プーシュキンの芸をみて笑う赤ちゃんに少し心がほぐれます。

プーシュキンが、下の子ができてパパ・ママの愛情を横取りされたと感じるお兄ちゃん、お姉ちゃんの心を代弁しているようです。

揺れ動くプーシュキンの気持ちが切なくでもラストは新しい関係の始まりを予感させ、心にしみるあたたかい本です。

下の子がうまれる、うまれたお兄ちゃんお姉ちゃん、そしてママにお勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 過疎の問題を感じてください  投稿日:2006/10/28
おばあちゃんのしまで
おばあちゃんのしまで 作・絵: ふりやかよこ
出版社: 文研出版
冬休み、両親の反対を押し切ってまゆみちゃんはおばあちゃんの島へ一人でやってきます。夏に楽しく遊んだえりちゃんとまた冬に遊ぼうねと約束したからでした。

やっとたどり着いた島でまゆみちゃんは寂しい思いや悲しい思いをいっぱい体験します。

約束したえりちゃんは、おばあちゃんの具合が悪くなって、えりちゃんちへおばあちゃんが引っ越したため、この冬には島にえりちゃんはやっては来ません。

おばちゃんの島は過疎の島。お年寄りばかりで皆が助け合って生活しているけれども、痴呆や病気で泣く泣く島を去っていく人。畑は荒れ放題、空き家も増えて・・・そんな中、この過疎の島で明るく元気に働く看護士のお姉さんにまゆみちゃんは惹かれていきます。

過疎の島を舞台にそのいろんな問題を物語りに織り込んで、将来はここに戻って看護士になりたいと決心するまゆみちゃんの冬休みの体験が描かれます。

こういう絵本を読んで過疎などの問題を感じることはとても大切なことだと思います。

しっかりした内容を扱った絵本ですが、やさしい雰囲気の絵で読みやすく、自然にいろんなことが感じ取れる内容になっていると思います。文が易しいので幼稚園児でもいろんなことを感じ取れると思いますが小学生には是非読んで欲しいと思います。
参考になりました。 1人

38件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット