新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

マレーグマさんの公開ページ

マレーグマさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女0歳

マレーグマさんの声

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 声に出して読むと笑えてきます  投稿日:2007/05/02
3びきのくま
3びきのくま 絵: 片山健
訳: 千野 栄一

出版社: 三起商行(ミキハウス)
ストーリーはシンプルで、「え、これでいいの?くま一家可哀想?」と笑えました。

絵も、油絵タッチで、くまの怖そうな姿とユーモラスな雰囲気がよく表現できていて、味わい深いです。ロシアの森を散歩して、一軒家にひょっこりもぐりこんだ気分になれます。

あと、お父さん・お母さん・子どもグマの台詞が、キャラクターや声の大きさに合ったような手書きになっていて、それを想像しながら声を使い分けて読むと、笑えてきました。娘も興味深そうに女の子を指差したりして、楽しく読めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 英語でも関係なく好きみたいです  投稿日:2007/04/12
Goodnight Moon(おやすみなさいおつきさま)
Goodnight Moon(おやすみなさいおつきさま) 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: クレメント・ハード

出版社: HarperCollins Publishers
アメリカ人の友人が、「自分の子ども達の寝る前のお気に入りだから、ぜひ読んで」とプレゼントしてくれました。

英語を早期教育するつもりないしなぁ〜と思いつつ、棚に置いていたら、娘がしきりに取り出して読んで欲しそうにします。読んでみると、韻を踏んでいて読むほうも心地よく、娘もじっと見て、絵の中のくま三頭、お人形、ねずみなどを指差したりします。

時間の経過に従って時計の針が動いたりと絵が少しずつ変化したところを見つけるのも楽しいです。色使いが、カラーのページと白黒のページが交互に出てくるのも効果的だと思います。

”Goodnight air””Goodnight nobody”とは、美しい言葉ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心が痛くなっても読んでよかった絵本  投稿日:2007/03/28
ぼくは くまのままで いたかったのに
ぼくは くまのままで いたかったのに 作: イエルク・シュタイナー
絵: イエルク・ミュラー
訳: おおしまかおり

出版社: ほるぷ出版
タイトルと表紙の絵の面白さで手に取ったら、とても読み応えがある絵本だった。環境破壊・アイデンティティの喪失・ブルーカラーとホワイトカラー。くまとくまの間にも住む世界によって深い溝がある。この作品が、1978年に出版されていたことに驚き。今読んでもとても新鮮。「自分はなんだろうか?」と改めて考えさせられた作品だった。恐るべし、絵本。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 繰り返しが快感  投稿日:2007/03/28
イカタコつるつる
イカタコつるつる 作・絵: 長 新太
出版社: 講談社
うちの娘(10ヶ月)が、タコの顔を見て笑います。歌はついていますし、「いたいけど、おいしいよ〜」の繰り返しが、笑いの波のように何回も寄せては返すのが快感です。設定が怖いといえば怖いですが、全然怖くなくて笑ってしまうのが、長新太さんのすごいところですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい めくりやすいところも良い!  投稿日:2007/03/28
くまさん くまさん なにみてるの?
くまさん くまさん なにみてるの? 作: ビル・マーチン
絵: エリック・カール
訳: 偕成社編集部

出版社: 偕成社
娘(10ヶ月)が、最近絵本のなかから一番よく取り出すのがこの絵本です。めくって最初のカラフルな縞模様のところでニヤニヤし、そのままニヤニヤしながらどんどんめくっています。赤ちゃんがめくりやすいところもとても良いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 吹き出しました  投稿日:2006/12/14
おんぶおんぶねえおんぶ
おんぶおんぶねえおんぶ 作・絵: 長 新太
出版社: ポプラ社
「だっこだっこねえだっこ」が気に入ったので、こちらも読みました。おんぶが苦にならなくなりそうです。娘も色が好きなのか、興味津々で釘付けになっていました。
読んでいて、私自身が、伊勢海老のページで「その表現はないでしょう!」と可笑しくて吹き出してしまいました。
ラストの人間のおんぶがお父さんというのも、いい感じです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自分が子どもになった気持ちになれます  投稿日:2006/12/07
んぐまーま
んぐまーま 文: 谷川 俊太郎
絵: 大竹伸朗

出版社: クレヨンハウス
どこの国の言語でもない言葉、見たことない謎の動物で、不思議な絵本です。親の私が読むのもたどたどしくなり、「ああ、子どもが言葉を獲得していく過程はこういうものかもしれない。」と思いました。何度も読むうちに、節をつけてリズミカルに読めるようになると楽しさ倍増です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めて声を出して笑いました  投稿日:2006/12/07
おふろでちゃぷちゃぷ
おふろでちゃぷちゃぷ 文: 松谷 みよ子
絵: いわさき ちひろ

出版社: 童心社
お風呂に入る前に読んでいます。あひるの台詞を、声色を変えて読むと、「きゃはー!」と、生後6ヶ月の時点で初めて声を出して笑いました。偶然だろうと思いましたが、次の日もまた次の日も同じところで笑いました。このあひるが好きみたいです。
参考になりました。 0人

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

今月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット