話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン

こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン(学研)

類書中最多掲載!ファーストずかんとして最適な1冊!!

  • 学べる
  • 役立つ
  • 全ページ
  • ためしよみ

シシムウさんの公開ページ

シシムウさんのプロフィール

その他の方・20代・兵庫県

自己紹介
絵本の海で育った大学生です。
今も昔も、絵本だいすきです。

シシムウさんの声

20件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい くまくんのゆかいな生活  投稿日:2007/01/18
こぐまのくまくん
こぐまのくまくん 作: E・H・ミナリック
絵: モーリス・センダック
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
全部で四つのお話が入っていますが、
どれもユーモアがきいていて、
心が温かくなる話です。

個人的にはくまくんが宇宙へ行こうとする話が一番好きです。
センダックの描く、宇宙帽をかぶったくまくんが
なんとも愛くるしいです。

子どものころからお気に入りで、
しかも話がどれも短くて読みやすいので、
何度も何度も繰り返し読んでいた本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいもが好きになる  投稿日:2007/01/18
おおきなおおきな おいも
おおきなおおきな おいも 原案: 市村 久子
作・絵: 赤羽 末吉

出版社: 福音館書店
保育所のころから、ものすごく好きだった本です。

おおきなおいもを使って、
あんなこと、こんなこと。
楽しいことを全部しちゃいます。

小さいころは、おいもで船をつくるのが楽しくて、
みんなで絵本をもとに、いろいろ想像あそびしていました。

あと山のようなおいもを全部たべちゃうのも、
すっごくうらやましかった!
保育所でこれを読むと、帰り道の商店街で母親に大学いもをねだったものです。

こどもの想像力を満足させる、とても楽しい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そうきたか!  投稿日:2007/01/18
いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー
いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作: ジョン・バーニンガム
訳: たにかわ しゅんたろう

出版社: あかね書房
ジョンの遅刻の理由がすごくユーモラス。
先生から罰を受けながらも
毎日淡々と学校へ行くジョンがとてもかわいいです。

そして最後のオチ!!
ひどい先生!!って思ってたのに、
なんだかフフフと先生のことも好きになってしまいます。

バーニンガム独自の優しい世界観と、
絵が本当にすばらしい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何でも使って楽しく遊ぶ!!  投稿日:2007/01/18
くつがあったらなにをする?
くつがあったらなにをする? 作: ビアトリス・シェンク・ドゥ・レニエ
絵: モーリス・センダック
訳: いしづ ちひろ

出版社: 福音館書店
子どものころって、特別な道具なんかなくたって、
いつだってどこだって楽しく遊んでいましたよね。

この本に出てくる2人もおんなじ。
いろんなものを使って、
いろんなことをしちゃいます。

そんな自由な2人に、
こちらも笑わずにいられませんし、
ワクワクせずにはいられません。


センダックの絵もほんとうにすばらしく、
楽しい楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みーんなちがう  投稿日:2007/01/18
7ひきの いたずらかいじゅう
7ひきの いたずらかいじゅう 作・絵: モーリス・センダック
訳: 中川 健蔵

出版社: 好学社
センダックのお得意、かいじゅうの絵本です。
内容はといえば、
かいじゅうたちの紹介がほとんどの、ごく短い絵本です。

かいじゅうたちはどれもこれもものすごく個性的で、
わるさをするのになんとも愛らしい。。。

よんだこどもたちはみんな、
自分のお気に入りのかいじゅうを見つけることでしょう。

センダックが好きな方は、ぜひ読んでみてください!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ばあちゃんには度肝を抜かれる  投稿日:2007/01/18
あめふり
あめふり 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
保育所の頃からばばばあちゃんは大好きです。

ばあちゃんはいっつも度肝を抜くような方法で、
ダイナミックに問題を解決していきます。

そんなばばばあちゃんが楽しくて、大好きでした。

この話も、長い雨にいかったばばばあちゃんがやってくれます。

かみなりだって雲だって、
ばばばあちゃんにかかればこんなもんです。
くもを洗濯する場面は、昔から大好きで、
友情出演のせんたくかあちゃんも含めて、
細部まで穴が開くほど見ていました。

ゆめいっぱいの楽しい世界は、きっと子どもの大好物なはずです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 空想のたのしさ  投稿日:2007/01/18
こんやはどんなゆめをみる?
こんやはどんなゆめをみる? 作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 学研
5つ子ちゃんたちが眠る前に、
それぞれが見たい夢を発表していく話。

みんなが見たい夢は見開き1ページの絵なのですが、
それがイラストとしてとても素晴らしく、
工藤ノリコさんの絵本はどれもそうですが
細かいネタがもりだくさん、
何度読んでも新しい発見があることでしょう。

こんな楽しい夢が見られるなら、早く寝たい!
どんな大冒険だってできますもんね!


この本は本当に子どもの頃に出会いたかった…

子どもならばこの本一冊で、
どれほど空想がふくらむか分かりません。
どれだけごっこあそびが生まれるか分かりません。

空想の楽しさを、大人にも教えてくれる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 悲しみを越えて  投稿日:2007/01/18
悲しい本
悲しい本 作: マイケル・ローゼン
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 谷川 俊太郎

出版社: あかね書房
まずこれは、子ども向けの絵本ではないと思います。
なのでこのサイトの趣旨からは、ずれてしまうかもしれません。

主人公は深い深い悲しみに沈み、
前を向くことがどうしてもできないでいる人です。
大切な人を失くしてしまったからです。

私は彼のように、まだごく身近な大切な人をなくした経験がありませんが、
この本を読めば伝わってくるものがあります。
彼がどれだけその人を愛していたか。
その人の成長がどれだけ嬉しかったか。
共に過ごす生活がどれだけ楽しかったか。
そんな存在を失うことの悲しみが、どれほどのものなのか。

読み手にそれが伝わると共に、彼も思い出し、気付いていくのです。
愛していたから得た、幸せな幸せな日々のことを。

そしてほんの少しだけ、
彼の心は前に進むことになります。


深い悲しみをここまで表現した絵本は他にないのではないでしょうか。

悲しみのない人生などありません。
私はまだまだ若いですが、悲しみを重ねていくたびに、
この本は違った意味を見せてくれるのだと思います。

ほんとうに、すばらしい本です。

子どもにはきっと難しいと思うのですが、
もしかしたら何かひっかかるものがあるかも分かりません。
お母さん方にぜひ、手にとっていただきたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい めちゃめちゃおもろい!!  投稿日:2007/01/18
じごくのそうべえ
じごくのそうべえ 作・絵: 田島 征彦
出版社: 童心社
これはもう、文句なしにおもしろい!!

話の舞台は、生と死、善と悪、
不潔や恐怖などといったものを背負う「地獄」。

にも関わらず、
どんな困難にも、全く緊張感のないそうべえご一行。

ものすごくものすごく恐ろしくて痛い場所であるはずの地獄の住人も、
なんか愛嬌があって憎めない。

大きなテーマって、
本来こんなふうに語られるべきものなのだと思います。
どんな困難にも、肩の力を抜いて
そうべえたちのように向かっていけたら。
楽しんで越えて行けたら。

やはり日本の古典文化のパワーはすごい。
田島征彦さんの絵もすばらしい。

日本を代表する名作絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひとりぼっちは  投稿日:2006/12/20
やっぱりおおかみ
やっぱりおおかみ 作・絵: ささき まき
出版社: 福音館書店
出てくる動物たちや雰囲気が個性的で、
子どもには少し怖いと感じられるかもしれません…

でも、大人の方にもおすすめしたい大好きな絵本です。

ひとりぼっちであるということは、
悪いことばかりじゃない。

もしひとりぼっちであると感じても、
勇気を持って、あなたはあなたらしく生きていけばいい。

そんなことを教えてくれる、
愛しい愛しいおおかみさんです。
参考になりました。 0人

20件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット