宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かんだちめさんの公開ページ

かんだちめさんのプロフィール

せんせい・30代・兵庫県

かんだちめさんの声

29件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 心がほっこり温かく優しくなれる  投稿日:2014/12/06
てぶくろ
てぶくろ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社
読み終えた時、心がほっこりとあたたかい気持ちになれる、そんな絵本です。人の温かさを感じてはいるけど、忘れがちな毎日の中で、誰かが一緒にいれば、心強くてあたたかい・・・人とつながることの大切さに気付かせてくれました。描かれている姉妹の笑顔が本当にかわいらしく、幸せな気持ちになれます。おばあちゃんの温かそうな包み込むような手がますますあたたかい気持ちにさせてくれます。世界がまあるく手をつなぐ姿は感動的でした。説教臭くないのに、誰かを大切にしたい、そんな気持ちにさせてくれる一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいさと内容と両方に満足  投稿日:2014/07/31
トムとジェリー アニメおはなしえほん(5) うみべのひみつ
トムとジェリー アニメおはなしえほん(5)  うみべのひみつ 作画: 三上 葉
出版社: 河出書房新社
トムとジェリーのかわいらしさや生き生きさはもちろんのこと、海での楽しみ方や注意しなければいけないことが楽しく描いてあるのがとても分かりやすい。水の事故が多い中、堅苦しく伝えてもなかなか伝わりにくかったり、楽しさが半減してしまいそうな気がしたり…。でも、この絵本なら、トムとジェリーのかわいさと元気さと一緒に大切なことが伝わってとてもいいと思う。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幸せを届けてくれる絵本  投稿日:2014/07/31
ブルンミとアンニパンニ
ブルンミとアンニパンニ 作・絵: マレーク・ベロニカ
訳: 羽仁 協子

出版社: 風濤社
絵本全体に漂うかわいさとゆっくり流れる時間に、幸せな気持ちになりました。色の使い方やバランスなどが最高にすばらしい。部屋に飾ってインテリアの一部にしたい。大人が持っていてもおしゃれな一冊。何度も読んで、幸せな気持ちを感じられる幸せを届けてくれる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもの頃の気持ちを思い出せるかわいい一冊  投稿日:2014/07/31
ブルンミとななつのふうせん
ブルンミとななつのふうせん 作・絵: マレーク・ベロニカ
訳: 羽仁 協子

出版社: 風濤社
色とりどりの大切な風船…うれしくてみんなに見てほしくて・・・。でも、次々に割れていってしまって…。
小さい頃に感じたうれしさと悲しさといったいろいろな感情と重なるものがありました。子どもの時って、今あるものが“なくなる”ということが想像できなくて、なくなって初めてその大切さに気付く。その切なさをとてもかわいらしく懐かしい絵で表現されていて、すごく心に響いてくるものがありました。
最後の一つの風船を大切に大切にする感じ…すごく分かります。その風船を誰かのためにあげられる優しさにほっこり。なくなってしまった悲しさが分かるからこそ優しくなれるのだろうと感じました。
最後に、眼に見える物だけじゃなく、雨上がりにかかった虹の輝きに気付ける、そんな心を大切にできる子どもたちに、そしてその心を忘れないでいられる大人でありたいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何重にも楽しめる一冊  投稿日:2014/06/29
どんぐりむらのどんぐりえん
どんぐりむらのどんぐりえん 作: なかや みわ
出版社: 学研
読んでいるとどんぐりということを忘れて、子どもたちの生き生きした顔に見えてくるから不思議。一人ひとりの動きや感情、表情が見事に表現されていて、時間をかけて見ると発見が尽きません。子どもたちが自分で、そして保護者の方が自分のお子さんはどの子に似てるかなと探してみるのも楽しいかもしれません。
後半の「おみせやさんまつり」は圧巻。リアルでありつつ、その上、こうやって協力していけばいいのだという分かりやすいイメージを子どもたちに伝えることができ、またそれぞれが自分の良さを生かして生き生きしているのが見ていてほほえましく感じました。そして、最後の先生たちの気のきいた演出・・・思わず笑みがこぼれてしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おしゃれな一冊  投稿日:2014/06/29
COLORS(カラーズ)
COLORS(カラーズ) 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
洋書のようなスタイリッシュな表紙に一目で気に入ってしまいました。中の色の単語とそれぞれに出てくる絵がかわいくて、次はどんな色と絵が出てくるのだろうとわくわくさせてくれます。大人の私も思わず手元に置いて大切にしたくなるのは、色の持つパワーとぞうの親子たちの生き生きした姿がぴったりで、かわいいからなんでしょうね。子どもの本といった枠を超えて、好きになってしまう素敵な一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 宮沢賢治の世界観が心に染みいる作品  投稿日:2014/06/29
宮沢賢治の絵本 黄いろのトマト
宮沢賢治の絵本 黄いろのトマト 作: 宮沢 賢治
絵: 降矢 なな

出版社: 三起商行(ミキハウス)
読み終わった後、しばらく言葉が出てきませんでした。情感あふれる宮沢賢治の作品に添えられた絵の存在感が、心を突き抜けました。表紙の存在感ある黄色のトマトと無邪気な子どもたちの姿と重なり、作品の深みを増してくれているように感じました。切なさを感じながら、絵の持つ力を改めて感じさせられた一冊です。子どもたちの内面を描いたページ、子どもたちを外から描いたページ…視点や描写が異なることで、物語の中にスーッと入り込み、宮沢賢治の世界観をさらに深く体験することのできた絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あいさつのあたたかさを教えてくれる一冊  投稿日:2014/06/29
GREETINGS(グリーティングス)あいさつのえほん
GREETINGS(グリーティングス)あいさつのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
とにかく色使いと絵がかわいい。あいさつの中にあふれるあたたかい気持ちが読んでいる側にも伝わってくる絵本です。「あいさつすると、あたたかい気持ちになるな」子どもたちにあいさつの大切さを伝えてくれる一冊。ぞうの親子の表情の愛らしさと動きの生き生きさ、そして、色使いが心をあたたかくしてくれます。あたたかい気持ちと元気がほしくて、何度も何度も読みたくなってしまう絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幻想的な絵が印象的  投稿日:2014/06/29
宮沢賢治の絵本 雪わたり
宮沢賢治の絵本 雪わたり 作: 宮沢 賢治
絵: 方緒 良

出版社: 三起商行(ミキハウス)
宮沢賢治の文章と絵が絶妙にマッチした美しい絵本。以前に同じ「雪わたり」を読んだことがありましたが、絵でこんなにも世界観が変わるということが驚きでした。幻想的な絵に心奪われる絵本でした。後に残るこの余韻は、宮沢賢治の持つ力、そして絵の持つ力なんでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵の迫力は圧巻  投稿日:2014/06/29
宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾
宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾 作: 宮沢 賢治
絵: 田中 清代

出版社: 三起商行(ミキハウス)
絵の持つ迫力に圧倒されました。大きくて存在感があって、優しくて…火山弾の器の大きさが絵を通してひしひしと伝わってきました。そして、
火山の噴火の迫力はすごい。その中を生き抜いてきたからこそ、これだけ堂々と大きく、強く優しくいられるのかなという思いを強く感じました。「私共は、みんな、自分でできることこをしなければなりません」火山弾の最後の一言が心に大きく残りました。いじめの問題などがニュースにも取り上げられていますが、この絵本は私たちに大切なメッセージを伝えてくれているような気がします。
参考になりました。 0人

29件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット