そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいなの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
読み聞かせで大もりあがり!くり返しのリズムが心地よく、赤ちゃんから楽しめます。

すぎもちさんの公開ページ

すぎもちさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、女の子11歳 女の子7歳

すぎもちさんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 絵本選びに迷ったらコレ!  投稿日:2015/03/01
わにわにのごちそう
わにわにのごちそう 文: 小風 さち
絵: 山口 マオ

出版社: 福音館書店
次女2歳の誕生日にプレゼントに。

未就園児の育児サークルで元保育士のお友達が
大形絵本か紙芝居で「わにわにのおふろ」を読んでくれて
子供たちが釘付けだったのがきっかけです。

わにが自分の家の台所で料理をしてご飯を食べて
立ち去って行くという、ただそれだけの話なのですが、
ついつい引き込まれる独特のフレーズと版画の絵。
わには一切しゃべりません。
だけどわにの性格が分かり、わにらしく豪快な食事。

なんともおいしそうで、こんなふうに気ままに生きれたらなぁと思います。

とても読みやすく分かりやすいので、初めての絵本を迷う方、
まだ絵本をあまり持っていない方にオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こういうのいいと思う  投稿日:2015/03/01
11ぴきのねことぶた
11ぴきのねことぶた 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
2歳の次女の誕生日プレゼントに。

昔の絵本ってこういう感じでしたよね。
ノンタンも実はいじわるするし。

11ぴきのねこが旅をして、ぶたのおじさんの空き家を見つけて
勝手に自分たちの住処にし、そこに訪ねてきたぶたに
うそをつき、ぶたが家を作りだしたら、手伝うと言ったのに、
あまりに出来がいいからそれを自分たちのものにし・・・

ねこらしく自己中心的ですが、ちゃんと最後にバチが当たる。

このイジワルというかズルとその後のバチが気持ちいいのか
何度も読んでと言われます。

話が分からなくても、ページの端から端まで描かれた絵は
やさしい色使いできれいです。

少しひねったストーリーの絵本が欲しい方にオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 女の子にオススメ  投稿日:2015/02/28
みずたまちゃん
みずたまちゃん 作: 林 木林
絵: あきくさ あい

出版社: 鈴木出版
長女の2歳の誕生日プレゼントに選びました。
選んだ理由は水玉模様が好きだったことと
購入前に図書館で借りてきたのですが、
何度も読んでと言っていたからです。

水玉模様の服や小物で全身水玉模様の主人公みずたまちゃんが
お出かけした出会った動物たちにどんどん服や小物を貸していって
最後にみずたまちゃんが誰だったのか判明するというお話です。

輪郭線のない、ほんわかしたやさしい絵と、
かわいらしい動物たちに子供たちは喜んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子にも女の子にも!  投稿日:2015/02/28
なんのぎょうれつ?
なんのぎょうれつ? 作・絵: オームラ トモコ
出版社: ポプラ社
図書館で借りてきて、気に入ったので、
娘の2歳の誕生日プレゼントに選びました。

前日下の子の育児サークル(1〜3歳)で読みましたが、
男の子も女の子もみんな動物にくぎ付けで、
次のページに描いてある動物のお尻を見て
みんなで当てっこして、非常に盛り上がりました。

ただ最後のオチはこのくらいの子たちには難しく、
ぽかーんとしていましたが、おおむね小さな子から
幼稚園くらいまで楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 出産祝いにオススメ!  投稿日:2015/02/28
不思議の国のアリス
不思議の国のアリス 作・絵: ロバート・サブダ
原作: ルイス・キャロル
訳: わく はじめ

出版社: 大日本絵画
長女の出産祝いで頂きました。
出産祝い・・・洋服やおもちゃは年齢とともに消えて行きますが、
これだけは大人になっても楽しめます!

自分ではなかなか買えないですし、
驚き&感動が大きい、物語もとても詳しいです。
そしてこの仕掛けは圧巻です。

アリスは女の子向けですが、仕掛けの仕組みは
男の子の方が興味があるのではないかと思うので、
男の子のお祝いには他のものを選んであげると
喜ばれるのでは!?と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 出産祝いに贈りました  投稿日:2015/02/28
オズの魔法使い
オズの魔法使い 作: ロバート・サブダ
原作: ライマン・フランク・ボーム
絵: ロバート・サブダ
訳: わく はじめ

出版社: 大日本絵画
自分が長女のお祝いに親戚からサブダのアリスを頂いて
とても嬉しかったので、友人の出産祝いに贈りました。

上が5歳の年長の男の子、下の女の子です。

下の子が小さいうちは、下の子が寝てる間にママとの独り占め
時間を楽しんでもらえるように、そして下の子が大きくなったら
一緒に楽しめるように、どちらの性別でも楽しめるような
お話しのものを選びました。

とても喜んでいただけました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 版画の絵が新鮮!  投稿日:2015/02/28
おばけやしきにおひっこし
おばけやしきにおひっこし 作・絵: カズノ・コハラ
訳: 石津 ちひろ

出版社: 光村教育図書
おばけのお話しですが、全然怖くなくて、
版画の絵がとてもステキです。

白と黒とオレンジしか使われていないのに、
だからこそとてもインパクトありで、
文章も短く、読みやすく、分かりやすい。
それゆえ、想像力も膨らみます。
何度も読みました。

1歳くらい〜小学校低学年くらいまで
楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 信じます  投稿日:2015/02/28
こびとづかん
こびとづかん 作: なばたとしたか
出版社: ロクリン社
かくれももじりが大好きな3歳の娘に買いました。

トイレットペーパーが三角折りになっていると
ほんとにこびとがいると信じ、探していました。

そういった現象も最近はすっかり ようかいのせい ですけどね(笑)

でも次女も最近少しずつこびとワールドに入りつつあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私の中のベスト!!  投稿日:2015/02/28
おつかい
おつかい 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
私が子供の頃に読んだ本を偶然母が見つけて
娘にとくれました。

文章は最低限です。
あってもとても短くて、文字がなく絵だけで表現してある
ページもあります。

小さな女の子が無理矢理おつかに行かされるのですが、
何を買いに行ったかは裏表紙を見ると分かるという、
まさに「絵」本。絵で表現してあります。

子供にたくさんたくさん想像して読んでもらいたい大切な1冊です。

なぜおつかいに行かなければならなかったのかは
後から出版された「るすばん」を読むと分かります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかりやすい!  投稿日:2015/02/28
タンタンのハンカチ
タンタンのハンカチ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 偕成社
私自身も子供の頃に読み、印象に残っていた本です。

確か幼稚園で先生がこの本のように手品をしてくれたなぁ。

とても分かりやすい内容で、文章も少なく短め。
何度読んでも苦になりません。

下の子も大好きで、今では上の子が下の子に読んであげています。
参考になりました。 0人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット