まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

あい&あーるさんの公開ページ

あい&あーるさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、男4歳

あい&あーるさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 鮮やかな色  投稿日:2007/07/09
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
初めて エリック・カールの絵本を見て
みたことのないような 鮮やかな色に
最初は抵抗を覚えました。

けれども 何度も読んでいるうちに
鮮やかな色が 小さい子
(初めて子供に見せたのは
1歳前でした)を ひきつけるんだなぁ
というのを実感。
子供が あちこち触るのです。

大きくなってきてからは
ひとつずつ 数えたり
穴に指を突っ込んだり
大きくなったあおむしに大喜びしたり
それぞれの 年齢なりに 楽しめる本だと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う そんなこと許されるの?!と思ってしまう  投稿日:2007/07/04
それいけ!あかいきかんしゃ
それいけ!あかいきかんしゃ 作: アンドリュー・マクリーン ジャネット・マクリーン
絵: アンドリュー・マクリーン ジャネット・マクリーン
訳: 千葉 茂樹

出版社: 徳間書店
色鉛筆の絵はとても優しい感じがします。

赤い機関車で働く三人が
途中機関車を飛び降りて ブルーベリーを摘みに行くという
お話ですが、
回りが笑ってそういうことを許してしまう
っていうのが ほんわかして
優しい感じにマッチしているように思います。

子供は 機関士がいない機関車が
何かにぶつからないかと かなり あせっていましたが。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒に曲がってしまいます  投稿日:2007/07/04
えんそくバス
えんそくバス 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
右に曲がりまーす
左に曲がりまーす
思わず 一緒に曲がってしまいます。

まだ 幼稚園に行っていないので
バスに乗って遠足に行くとか
園長先生の存在とか
今一理解できていない面もありますが
公園で子供が遊ぶところなどは
食い入るように見ています。

とっても 楽しい本ですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ブルートレインに乗りたくなった  投稿日:2007/07/04
ブルートレインほくとせい
ブルートレインほくとせい 作: 関根 榮一
絵: 横溝 英一

出版社: 小峰書店
リアルな絵のブルートレイン。
その中での様子に かなり興奮。
「布団があるんだぁ 
 レストランがあるんだぁ
 乗ってみたいなぁ」

ブルートレインを見るたびに
「ブルートレインでごはん食べて 寝たいなぁ」と
言うようになったのでした。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット