なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

ふみみんさんの公開ページ

ふみみんさんのプロフィール

その他の方・20代・愛媛県

自己紹介
大学生で、絵本の研究をしています。
この年になって絵本が改めて好きになりました。いい絵本はこの世の中にたくさんあります。絵と、ストーリーをいっしょに楽しめる絵本は、「芸術」です。
これからも、いい絵本をたくさん見つけていきたいです。
好きなもの
・【はらぺこあおむし】グッズ
・和風インテリア
・ミッキー・ミニー
・ミネラルウォーター

ふみみんさんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お母さんの愛  掲載日:2007/10/19
カンガルーの子どもにもかあさんいるの?
カンガルーの子どもにもかあさんいるの? 作・絵: エリック・カール
訳: さのようこ

出版社: 偕成社
まさに、お母さんからの愛を教える絵本です。
みーんな、どのお母さんも自分の子どものことを大切に思っている。大好きであるということを、お母さんの声で伝えることができます。
これとセットに読みたいのが『とうさんはタツノオトシゴ』ですかね。。

色々な動物の母と子を紹介して、最後は自分たちについて語る。この絵本を通して、お母さんから子どもに対して普段は言えないことも、最後に付け加えて話したら、より親子の間が近くなると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一日かかって気づいたテントウムシ  掲載日:2007/10/19
ごきげんななめのてんとうむし
ごきげんななめのてんとうむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
一日かけて、テントウムシが分け合ってご飯を食べることを学ぶストーリーです。


意地を張ってばっかりで、自分に自信がないから、喧嘩するにも相手に不足があるといっては逃げていきます。どんどん
大きな相手に喧嘩をふっかけてますが、最後は相手にもされず、もといた自分のところに戻ってきます。

無駄な一日だったのか、たくさんのことを学べた有意義な一日だったのか。きっと自分にあった場所を見つけられた、有意義な一日だったことでしょう。
それが一日の時間(今何時であるか)も一緒に書いてあるため、子どもにとって勉強にもなります。

「自分を大きく見せなくていいんだ、強がらなくても、結局は同じなんだから素直に生きなさい」と、シビアな世界を子どもにも優しく絵本で伝えられる一冊だと思います。

また、「優しいテントウムシ(機嫌のよいテントウムシ)」の優しさにも心打たれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 実話に基づいたお話  掲載日:2007/10/19
10このちいさなおもちゃのあひる
10このちいさなおもちゃのあひる 作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
どんな話か想像もつかず読んでみたところ・・・

おもちゃ工場から出荷されたおもちゃのあひるたちが、海を運ばれる途中に船から落ちて、海を漂うお話です。
1匹1匹、色々な場所に漂って、最後の一匹は、本物のあひるのところに漂いますが・・・!


思いもよらない結末に、結末に驚きましたが、
とても心温まるラストでした。

最後の安心感と希望に満ちた将来を描いてあります。

子どもの想像力を豊かにする絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 芸術的!  掲載日:2007/8/31
はらぺこあおむし トランプ
税込価格: \566
まさかトランプにはらぺこあおむしを活用できるなんて!
という驚きで即購入してしまいました。
カードの表も裏もエリックカールの芸術がちりばめられていて、とてもかわいらしいトランプです。
たくさんのドット柄から数字にひっくり返すときのドキドキ感は気持ちがいいです。

子どもはカラフルなもの、慣れたキャラクターとともに成長するものです。はらぺこあおむしの絵本を持っているならトランプもおそろいにしたら楽しく遊べると思います。

自信を持っておすすめしたい 娘の夢を叶えたい  掲載日:2007/8/26
Papa、 Please Get the Moon for Me(ハードカバー)
Papa、 Please Get the Moon for Me(ハードカバー) 作・絵: エリック・カール
出版社: Simon & Schuster Books
お父さんは娘のために、お月様をとりに行きます。
現実とはかけはなれた発想ですが、一度は誰もが 「お月様に行きたい」「お月様に手が届きそう」と感じたことがあるのではないでしょうか。
それを可能にしてくれた物語です。

絵本に施されているしかけも子どもが喜ぶ要素です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本語とは違った良さ★  掲載日:2007/8/25
はらぺこあおむし(洋書版)
はらぺこあおむし(洋書版) 作・絵: エリック・カール
出版社: Hamish Hamilton
英語で読むと、意味も多少違ってくるし、リズムも代わります。
元はこんなんなんだ・・・と、違いを楽しめます。
また、子どもに英語を教えたい場合のテキストとしても役立ちます。曜日、数など、比較的簡単な単語が使われているので、子どもも真似しやすく、ファーストブックに最適ではないかと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 探すのが楽しい!  掲載日:2007/8/25
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
わかりやすい疑問調でのストーリー展開。
親子で読むのにとても楽しいみながら読める一冊です。

色使いもカラフルで、「金魚」という親しみやすい魚もいい発想だと思います。

私も子どものころ読んでいて、見つけるのが楽しくて楽しくてしょうがなかった記憶があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 持ち歩きやすい  掲載日:2007/8/25
ミニ版 はらぺこあおむし
ミニ版 はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
かばんの中に入れて、見たいときにいつでも見れる、宝物がすぐ近くにある幸せを感じられる絵本です。

子どもがいる方は、外出時に便利!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おかあさんじゃなくて おとうさん  掲載日:2007/8/25
とうさんはタツノオトシゴ
とうさんはタツノオトシゴ 作・絵: エリック・カール
訳: 佐野 洋子

出版社: 偕成社
まず、絵が美しい。魅力的です。
途中の、透明のフィルムを使った独特な仕掛けも、作者エリック・カールならではの技術だと思います。

卵を抱えたお父さんが、他の種類の卵を育てているお父さんに出会って、挨拶していく内容です。
魚の種類は少し難しく、子どもも覚えることはできないと思いますが、「お母さんだけが子育てをがんばっているんではない、お父さんだって子どものためにがんばっているんだよ!!」ということを学べる絵本です。
ぜひ、読み聞かせるなら、お父さんから!とおすすめしたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ノリノリ!!  掲載日:2007/8/25
(CD)エリック・カール絵本うた
(CD)エリック・カール絵本うた 税込価格: \2,376
一回聞いたら絶対忘れられない歌です。
子どもも、サビの部分で踊りだすそうです。
とにかく覚えやすい、分かりやすい、楽しい、創造できる!!
楽しいところは明るい、お腹が痛くて苦しい部分は悲しい曲調・・・という、考え抜かれた音楽です。

子どもは絶対喜びます。

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

映画『ゆずりは』試写会レポート

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット