宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぶらっくオパールさんの公開ページ

ぶらっくオパールさんのプロフィール

ママ・30代・千葉県、女の子6歳 男の子3歳

ぶらっくオパールさんの声

87件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい カラフル♪  投稿日:2015/09/28
たんじょうび おめでとう
たんじょうび おめでとう 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
3歳の誕生日のプレゼントに買いました。
こぐまちゃんもちょうど3歳のおたんじょうびなので、ピッタリの内容でした。
でもうちの娘はまだ顔は洗えないし着替えも一人では満足に出来ませんが…。
色の数は少ないのにカラフル。こぐまちゃんカラーでまとめてあって可愛いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 産院で  投稿日:2015/09/28
おかあさんがおかあさんになった日
おかあさんがおかあさんになった日 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
下の子の出産で産院に入院していた時、産院の本棚に置いてあったので
お見舞いに来てくれた上の子に読みました。
予定日過ぎてもなかなか産まれなくて気を揉むお母さん、産院の施設紹介、陣痛が来て出産するまでが描かれていて、上の子も今私が何故家にいないのか重ねて理解出来たようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 産院で  投稿日:2015/09/28
おとうさんがおとうさんになった日
おとうさんがおとうさんになった日 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
下の子の出産で産院に入院していた時、産院の本棚に置いてあったので
お見舞いに来てくれた上の子に読みました。
「おかあさんがおかあさんになった日」は産院出産が描かれていましたが、こちらは自宅出産。出産後の朝日を見て感慨深げなお父さんや、ラストページでは授乳をしているお母さんの横で、上の子達の子守りをしながら慣れない掃除をしているお父さんが微笑ましいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素敵な世界  投稿日:2015/09/26
どこ? とびらのむこうのさがしもの
どこ? とびらのむこうのさがしもの 作: 山形 明美
撮影: 大畑 俊男

出版社: 講談社
探し物絵本シリーズではこの「どこ?」シリーズが娘はお気に入りです。
今回は扉の向こうに広がる色々な世界。工場や森、海の部屋、時間の部屋が可愛くて素敵なミニチュアで作られていて、大人でも見応えがあります。
親子ともども、素敵な絵本の世界に入って探し物に没頭しちゃいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う サプライズ  投稿日:2015/09/26
ノンタンのたんじょうび
ノンタンのたんじょうび 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
サプライズって難しい。大人はそう思ってしまう絵本かもしれません。
皆から閉め出されるノンタンの切ない表情や捨てゼリフ、ちょっと心が痛みます。
3歳の娘はそんなことは気にせず大好きなノンタンの絵本を楽しんでます。
ラストページの誕生日ケーキには4本のロウソクが立っているので、ノンタンは4歳になったようですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 迷子助け  投稿日:2015/09/26
ノンタンおよぐのだいすき
ノンタンおよぐのだいすき 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
今夏は天気が悪く、殆ど園のプールに入れなかった娘に夏を感じて欲しくて買いました。
泳ぎがテーマというよりは、海の中での迷子助けがテーマの絵本でした。
海の中はヤドカリやイソギンチャク、ヒトデ、クラゲなんかもさり気なく描かれていて、素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しめる絵本  投稿日:2015/09/26
ノンタンボールまてまてまて
ノンタンボールまてまてまて 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ただただ転がっていく赤いボールを純粋に追い掛けるだけのストーリーなので、他のノンタンシリーズとは違って3歳未満の子にも楽しめる絵本だと思います。ボールが落ちた穴の中のネズミさん達の生活風景も楽しく、散らばったボールもカラフルで目を引きます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかくこちょこちょ  投稿日:2015/09/26
ノンタンこちょこちょこちょ
ノンタンこちょこちょこちょ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ねこじゃらしでとにかくこちょこちょ。皆をこちょこちょ、皆でこちょこちょ。
3歳の娘はこの絵本に触発されてか、散歩に行ってねこじゃらしを見つけると、必ず摘んで自分や私をくすぐってくるようになりました。実際はくすぐったいというよりは、チクチクしてちょっと痛いかも。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 目が点  投稿日:2015/09/26
ノンタンでかでかありがとう
ノンタンでかでかありがとう 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
タータンに絵をぐちゃぐちゃにされて、ヤケクソになったノンタンを見る皆の目が点になるところが面白いです(笑)ノンタン以外の皆の優しさが伝わってくる絵本。ノンタンの悪い意味での子供っぽさがちょっと際立ってしまうので星3つです。でも子供ってこんなものですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなおねしょ  投稿日:2015/09/26
ノンタンおねしょでしょん
ノンタンおねしょでしょん 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
トイレトレーニング中の3歳の娘に。
皆それぞれ個性的な形のおねしょをしちゃいます。でも皆で楽しくお布団干し。意地悪な雲さんも飛んでってめでたしめでたし…。おねしょがちょっと楽しくなる(いや…親にとっては楽しくはないかも?)絵本でした。
参考になりました。 0人

87件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット