Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版の試し読みができます!
作・絵: 島田 ゆか 訳: クリストファー・ベルトン  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
英語でバムとケロの世界を楽しもう!

木春菊さんの公開ページ

木春菊さんのプロフィール

その他の方・20代・岩手県

木春菊さんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 怖いけど難しい  投稿日:2015/12/05
こっそり どこかに
こっそり どこかに 作・絵: 軽部武宏
出版社: 長崎出版
図書館で借りて、自分で読んでみました。

そこここに比喩っぽいこわい絵がたくさんで読み返しても飽きないですが、怖い話に慣れた人じゃないと読み解くのは難しいかな?絵自体が怖いので雰囲気で読んでも十分だとは思いますが。
実際、怖い話をあんまり読まない人に「怖いですよ」と言って見せてみましたが、感想は「なんか、よくわかんない」というものだったので(笑)

バケツ男がずーっとあとをつけてるんですよねぇ。どこから拾ったのか傘なんか持って。
最後の一文とか、そこにかけてあるカッパに顔があるとことか、最後のページから察するに「男の子はすでに、あるいはその両親ももう・・・」って感じかと思いますが。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 巨大あんまんに命を懸けた男たちの物語  投稿日:2015/11/25
でんせつの きょだいあんまんを はこべ
でんせつの きょだいあんまんを はこべ 作: サトシン
絵: よしながこうたく

出版社: 講談社
サトシンさんの講演会を聞きに行って、ご本人に読んでいただきました。
プ○ジェクトXみたいな話ということで、暑苦しい絵に最初はちょっと引いちゃってたんですが(失礼)、例のBGMによって会場は爆笑の渦に。
刷り込みで勝手に脳内再生される『プ○ジェクトエ〜ックス、クス、クス……』。人物紹介、行き詰ってから設計図を出してくるまでの間の取り方などなど。あの番組に照らし合わせて楽しませていただきました。
お話会で読むときは、ぜひとも参考にさせていただく感じで。
ただ一つ残念なのは、番組が終わって久しいのでそのネタがわかるのが大人に限られるということなんですよねぇ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハロウィーンに  投稿日:2015/11/25
ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ
ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ  作: エバ・メフト
絵: アンドレ・レトリア
訳: 宇野 和美

出版社: 小学館
昼休みの読み聞かせに選んでみましたが、だいたい1・2年生さんが聞きに来てくれました。
繰り返しでわかりやすいからか、くすくす笑ってくれたり「え〜」と声を上げてくれたり、けっこう反応のいい本でした。
すでに知ってる子も何人かいたようで、オオカミだ!とかライオンだ!とかネタバレ?になりそうな発言はあったものの、絵が独特なので何の動物かわかって逆によかったかも。

大きい図書委員さんが遠くのほうで「走れメロスじゃん」と呟いていましたが、まあまあかぼちゃだし大目に見てよ(笑)
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ライトノベルです  投稿日:2015/11/25
少年陰陽師 異邦の影を探しだせ
少年陰陽師 異邦の影を探しだせ 作: 結城 光流
出版社: KADOKAWA
ライトノベルの児童書版ということで、振り仮名などやさしい感じにはなってます。
が、話し言葉とかはライトノベルです。
文字数ページ数を考えると本を読みなれている子にしかおすすめできないですが、ライトノベルの文体についてこれる子は限られていると思います。なんでも読めちゃう子なら平安時代の本としてお勧めできますね。
会う合わないがはっきり分かれそうです。残念ながら。

個人的にはすごく好きなシリーズなので、たくさんの人にハマってほしいとは思うのですが……。古典の教科書に安倍晴明が出てくるとわくわくした思い出。
事前知識として安倍晴明を知っていたほうがいいかなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 音から入りました  投稿日:2015/01/29
うえきばちです
うえきばちです 作: 川端 誠
出版社: BL出版
川端さん好きの友人にそらんじられて「なんぞ?」と思って絵本を読んでみたら、すっかりツボに入りました。
さっそく小学校の読み聞かせへ持っていき、つなぎの一冊として読んでみました。
表紙から、かわいいお話だと思ったのか女の子たちが前のほうへ寄ってきましたが、途中から逃げ腰。代わりに男の子たちが身を乗り出してました。

体の言葉が入った慣用句を習っていた高学年の子たちも楽しんでくれたようで、何人か覚えた子がそらんじていました。

「あしからず」ってどういう意味なのか何度か聞かれて、しどろもどろに・・・・・・。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 妖怪オールスターズ  投稿日:2015/01/29
妖怪一家九十九さん(1) 妖怪一家 九十九さん
妖怪一家九十九さん(1) 妖怪一家 九十九さん 作: 富安 陽子
絵: 山村 浩二

出版社: 理論社
小学生のころ読み漁っていた富安さん、図書館で久しぶりに手に取ってみました。妖怪好きにはたまりませんね。
有名な妖怪ばかりなので、大人が読むと展開がわかってしまうのは、むしろ安心感につながります。

女の子は絵で引いちゃって、男の子は「○○ウォッチじゃないし〜」って感じでしょうか。あんまり読まれていないような・・・・・・。
まあでも、富安さんの面白さは自信を持っておすすめできるので、図書館であった友人の子どもにゴリ押ししてみました。しぶしぶ借りていったはずが、次の日には続編を借りていったと聞いてにやにやしています。
参考になりました。 1人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット