もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

けろ子さんの公開ページ

けろ子さんのプロフィール

その他の方・60代・兵庫県

けろ子さんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 人間も自然の中の一部  投稿日:2015/11/29
宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ
宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ 作: 宮沢 賢治
絵: さとう あや

出版社: 三起商行(ミキハウス)
楽団でうまくセロを弾けなくて、団長さんに叱られてばかりのゴーシュ。
ゴーシュの演奏は、動物たちの中でどんどん上達していきます。
そこには、ゴーシュと動物たちの魂の交流があります。
宮澤賢治の最後の作品。賢治は、「人間も動物の中の一存在。」「人間も自然の中の一部である。」そう伝えたかったのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 忘れていたことを思い出させてくれる大人の絵本  投稿日:2015/11/14
あかり
あかり 文: 林 木林
絵: 岡田 千晶

出版社: 光村教育図書
勉強や仕事がうまくいかなくて、落ち込んで、その時に見える「あかり」
誰かとけんかして、心のもやもやの持って行き場がなくて、その時に見える「あかり」
大切な人が亡くなり、悲しみのどん底で、その時に見える「あかり」
暗いから見える「あかり」
それは、再生の力。それは、希望。
全てのものをいとおしみ、毎日丁寧に生きていきたい。そんな気持ちになりました。忘れていたことを思い出させてくれる、大人の絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とびだす絵本?それともコンピューターゲーム?  投稿日:2015/11/14
まるまるまるのほん
まるまるまるのほん 作・絵: エルヴェ・テュレ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ポプラ社
平面なのに立体で、
止まっているのに動いていて、
いまにも「まるまるまる」が、とびだしてきそう!
絵本なのに、コンピューターの画面みたいです。
たくさんのビー玉で遊んでいるような、
コンピューターゲームをしているような、そんな気持ちになります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大忙しのおかあさんにおすすめ  投稿日:2015/10/25
おかあさん だいすきだよ
おかあさん だいすきだよ 作・絵: みやにし たつや
出版社: 金の星社
 大忙しのお母さんが、お子さんが寝る前に、ゆったり読んでほしい本です。
 朝、起こして、ご飯を食べさせて、うんこさせて、着替えさせて、保育園へ超特急!
 昼間は、一生懸命お仕事。
 お仕事終わったら、超特急で保育園に。ご飯食べさせ、お風呂に入れて、明日の用意をして、布団の中に到着。
 そして、幸せな絵本の時間の始まりです。
 1日、3日分働いてるお母さん。ついつい目をつりあげて、「はやくはやく」と言ってしまうけど、1日の最後は、とびっきりの笑顔で、「おかあさんは、あなたのことが、だいすきなんだよ」と言ってあげてください。 
 色合いがとってもやさしい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パンダの正体は!?  投稿日:2015/10/24
パンダ銭湯
パンダ銭湯 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 絵本館
 パンダ銭湯をそっとのぞいてみたよ。                   パンダの正体は、何とシロクマくん!                   黒いたれ目は、サングラス。 
 黒い耳は、ワックス。
 へぇー、知らなかった!
 最後の銭湯から帰っていく親子パンダを見てください。
 「パンダ父さん、ワックス塗り忘れてるよー。」
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット