おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!

まるはなあやさんの公開ページ

まるはなあやさんのプロフィール

その他の方・40代・埼玉県

まるはなあやさんの声

48件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 綺麗な色づかい  掲載日:2017/12/1
Cookies for you マローネとつくるクッキー
Cookies for you マローネとつくるクッキー 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
「モカとつくるホットチョコレート」同様、鳥たちとクッキーを作ります。色づかいがとても綺麗で、特にピンクは素敵でした。最初のページから、色も形も味も様々な美味しそうなクッキーがたくさん描かれています。手に取って食べたくなってしまうほどリアル感もありつつ、温かみもあります。粉砂糖でお化粧するページは、本当のお化粧みたいでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 漢字を習い始める前に読んでほしい  掲載日:2017/11/28
漢検の絵本 いちまるとふしぎな手
漢検の絵本 いちまるとふしぎな手 編集: 日本漢字能力検定協会
出版社: 日本漢字能力検定協会
漢字に親しみを持ち覚えられる絵本だと思いました。
「もとの形をイメージして書くと楽しい」とか、「手という漢字は、指の形からできている」とか、「おとうさんの手はグローブのよう」とか、手という漢字に親しみを持てるようなエピソードが散りばめられています。
昔の文字と今の漢字を並べて書けるページも、そこに自分の手の形をなぞって描いてみよう!という発想も、素敵だと思いました。
漢字を習い始める前のお子さんに、ぜひ読んでほしいと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う まるさんかくしかく  掲載日:2017/11/28
さんかくサンタ
さんかくサンタ 作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 絵本館
まる・さんかく・しかくだけで、お話が構成されています。絵も、まる・さんかく・しかくだけで、描かれています。とてもシンプルですが、どこかあたたかみのある絵本です。この絵本を読みながら、子供と一緒に、まる・さんかく・しかくで描ける絵を、考えてみるのも楽しそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おしゃれなおばあさん  掲載日:2017/11/28
トンダばあさん
トンダばあさん 作・絵: 北村 裕花
出版社: 小さい書房
白い襟の縁にレースのついた紫色のワンピースを着ているなんて、おしゃれなおばあさんだと思いました。お部屋にお花も飾ってあったし、お庭にもチューリップが綺麗に咲いていました。ひらひらと飛んで行き、行った先々でみんなの役に立ち、はつらつと輝いているおばあさんでした。こんなおばあさんになれたらなと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 大きな声で言ってみよう!  掲載日:2017/11/28
おふろでなんでやねん
おふろでなんでやねん 文: 鈴木 翼
絵: あおき ひろえ

出版社: 世界文化社
「なんでやねん!」と大きな声で言ってみたら、疲れた心も、釈然としないモヤモヤも、なんだかスッキリしそうです。
一人でも楽しく読めますが、子供と一緒ならお互いツッコミもできますし、大笑いしてしまうかもしれませんね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う みんな楽しいクリスマス!  掲載日:2017/11/28
おおきいツリー ちいさいツリー
おおきいツリー ちいさいツリー 作・絵: ロバート・バリー
訳: 光吉 夏弥

出版社: 大日本図書
大きなお屋敷に届いた1本の大きな大きなクリスマスツリーが届き、ひとからくま、きつね、うさぎ、ねずみといろいろな家族の元に届き、それぞれの家族を幸せにして行く、そんな素敵なお話でした。
それぞれの家庭のあたたかさが伝わって来る、素敵なイラストでした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う たくさんの種類の魚  掲載日:2017/11/28
とびだせ! ちんあなご! ゆうえんちはおおさわぎ
とびだせ! ちんあなご! ゆうえんちはおおさわぎ 作: ウタトエスタジオ
出版社: マイクロマガジン社
もひちん、にっしー、なごみという素敵な仲間に励まされながら、迷子になってしまったかさぼうが、パパとママを探す過程で強く逞しくなってゆくお話です。「おさかなしりとり」では、たくさんの魚が登場するので、親子で楽しく学べると思います。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う ほんわかした気持ちになる絵本  掲載日:2017/11/28
英日CD付 英語絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん GUESS HOW MUCH I LOVE YOU
英日CD付 英語絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん GUESS HOW MUCH I LOVE YOU 作: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: ラボ教育センター
あたたかみのあるほのぼのした絵と、チビウサギとデカウサギの可愛らしい会話で、心がポッとあたたまる絵本でした。
チビウサギが全身を使って愛情表現する姿も、それを包み込むようなデカウサギの姿も、とても可愛らしく、ほんわかした気持ちになりました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 不思議な感覚  掲載日:2017/11/28
ざしき童子のはなし
ざしき童子のはなし 作: 宮沢 賢治
絵: 岡田 千晶

出版社: 三起商行(ミキハウス)
「夢だかなんだかわからない。けれどもきっと本当だ。」確かに、そういう不思議な感覚になるお話でした。こんなことが、本当にあったのか、本当はなかったのか…。ちょっと寂しいような、少し哀しいような、そんなお話でした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 人にやさしく  掲載日:2017/11/28
貝の火
貝の火 作: 宮沢 賢治
絵: おくはら ゆめ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
ホモイは川で溺れかかったひばりの子を勇敢にも助けてあげるほど、強くてやさしい子だったのに、貝の火を手に入れてしまったことで狐に騙され、むぐらを虐めたり威張ったりして、最後には目が見えなくなってしまいました。奢ってはいけない、人にはやさしくということを、改めて心に刻める本だと思います。
参考になりました。 0人

48件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット