虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

まるはなあやさんの公開ページ

まるはなあやさんのプロフィール

その他の方・40代・埼玉県

まるはなあやさんの声

71件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 大切なこと  投稿日:2019/02/10
まいにちがプレゼント
まいにちがプレゼント 作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
今日の雲は昨日とは違う雲、昨日の雲は昨日に行ってしまった。当たり前のことだけど、ついつい忘れてしまいがちな「今この時」ということを考えさせてくれる絵本でした。ハリネズミの可愛らしい姿と、青くみずみずしい葉の表紙に惹かれて、手に取りたくなる絵本です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 楽しい二人  投稿日:2019/02/10
ちいさなエリオット たまにはとおくへ
ちいさなエリオット たまにはとおくへ 著: マイク・クラトウ
翻訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
都会から田舎に旅に出たエリオットとネズミのお話。仲良しの二人が、岡の上でそよ風に吹かれて気持ちよさそうに寝転んだり、お腹がすいて美味しそうにリンゴを食べたり。上手に隠れたエリオットを見つけるためにネズミがとった行動がキュートでした。新しいお友達もたくさんできて、パーティーも楽しそうでした。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 美しい絵  投稿日:2019/02/10
おすわり どうぞ
おすわり どうぞ 作: しもかわら ゆみ
出版社: 講談社
ねずみ、りす、うさぎ、かえる、はりねずみ、きつてね、しか、いのしし、とり、どの動物も、そして、その動物たちにぴったりのいすも、みんなとても美しく描かれていました。「ぴったりのいすでまちあわせ」のページがとても素敵です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う やさしい気持ち  投稿日:2019/02/10
わたしを わすれないで
わたしを わすれないで 著: ナンシー・ヴァン・ラーン
イラスト: ステファニー・グラエギン
翻訳: 角野 栄子

出版社: マイクロマガジン社
いろいろなことを忘れて行ってしまい、ついには自分の名前さえも忘れてしまった大好きなおばあちゃんのために、おばあちゃんが大好きだったワスレナグサをたくさん摘んでベッドをお花畑にしてあげようとした心優しいジュリアの気持ちに心がほっとあたたかくなりました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 楽しみながら学べそう  投稿日:2018/12/12
宇宙のすがたを科学する
宇宙のすがたを科学する 著: ギヨーム・デュプラ
訳: 渡辺 滋人

出版社: 創元社
電子書籍でしかも試し読みだったのですが、仕掛け本のようだったので、子供でも楽しみながら宇宙のことを学べる絵本なのではないかな?と思いました。ページの中央から上下左右に開いて読むようなページもあったようなので、電子書籍より紙で読んだ方が楽しめそうでした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う パン工場見学ツアー  投稿日:2018/12/12
おばけのパンこうじょう
おばけのパンこうじょう 著者・絵: オームラ トモコ
出版社: 理論社
おばけのパン工場という設定ではありますが、おばけの「ばけやまさん」の目を通して、普通に生きている人間のパン工場を見学しているようでした。製造途中でラインが停電して、本当のお化けが現れ「ばけやまさん」が倒れてしまうところは、面白かったです。工場の機械やバスにも表情があって、可愛かったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 遊園地の思い出  投稿日:2018/12/11
ちいさなエリオット あそびにいこう
ちいさなエリオット あそびにいこう 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
遊園地の中で、少し怖がりのエリオットでも楽しめるものを見つけようとしてくれる ジェットコースターが大好きなねずみくん。
エリオットでも怖くない乗り物に乗って、二人で見た景色がとても美しく印象的でした。
二人にとって、ずっと忘れない景色になったと思いました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う きもかわいい  投稿日:2018/12/07
おともだち たべちゃった
おともだち たべちゃった 作: ハイディ・マッキノン
訳: 中西 史子

出版社: 潮出版社
きもかわいいモンスターのイラストと「おともだちたべちゃった」というショッキングなタイトルに読んでみると…。えっ?本当にお友達を食べてしまったの?と思わせておいて、最後にどんでん返し?と思いきや、別の意味でのどんでん返しが…。英語も併記してあり、英語の勉強にもなると思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う あたたかい気持ち  投稿日:2018/12/04
ぼくのばしょなのに
ぼくのばしょなのに 作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
パパとママとククーとたまごのやさしいふわふわしたイラストで、まずほのぼのとしたあたたかい気持ちになりました。パパとママの素敵なクイズと、それに素直に答えるククーのやりとりも、とても微笑ましかったです。ククーはきっと、やさしいお兄ちゃんになるだろうなと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 素敵な大人に  投稿日:2018/12/04
マドモアゼル・シック すてきな女の子になるレッスン
マドモアゼル・シック すてきな女の子になるレッスン 著: ジェニファー・L・スコット
イラスト: たんじあきこ
訳: 神崎朗子

出版社: 大和書房
素敵な大人になるための5日間のレッスンが、北欧風のイラストで色鮮やかに描かれています。素敵な大人になるために身につけるべきこを、お母さんが優しく教えてくれるので、楽しみながら学ぶことができます。大人が読んでも、確かにそういうこと大事だなと思う教えが、いくつもありました。
参考になりました。 0人

71件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット