おもちおばけ おもちおばけ
作: ささき ようこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おばあちゃんが送ってくれた大好きなおもち。

まるはなあやさんの公開ページ

まるはなあやさんのプロフィール

その他の方・40代・埼玉県

まるはなあやさんの声

37件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 新しいお友達  掲載日:2018/1/12
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
まず絵がカラフルで可愛いです。
ポルカさんと一緒にいる猫ちゃんも表情豊かに描かれています。
お手伝い隊さんたちは、髪の毛や肌や目の色も違い、多様性も感じさせてくれます。
新しいお友達が去った後の森の様子は、春を感じさせるとても素敵な景色でした。
子どもと読んだらきっと、おいしいドーナツを作って、お友達も一緒に、春の森にお花見に行きたくなるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 実際にやってみることができる  掲載日:2018/1/12
くつひもトレーニングブック
くつひもトレーニングブック 著: Lake Press
出版社: 東京書籍
いつ頃から、靴紐を履くようになったのか?
最初は、誰からどうやって教わったのか?
もうすっかり忘れてしまいましたが、この絵本のように、絵本を見ながら実際に靴に紐を通して結んでみることができたら、綺麗な結び方を簡単に覚えられそうな気がします。
そろそろ、紐靴デビューをしようとしている子どもにも、未だにうまく結べない大人にも(?)、ピッタリの絵本ではないでしょうか。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う キレイな空  掲載日:2017/12/25
雲の森のマーカス
雲の森のマーカス 絵: なつのはむと
文: 松井 亜弥

出版社: 創藝社
青くてキレイな空が印象的でした。小さな坊やT Tが初めてのお使いに行くドキドキ感も伝わってきました。マーカスとスカイラッパーでの飛行は、とても楽しそうでした。 T Tもマーカスのお手伝いができて、嬉しかっただろうなと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う きちんと理解させること  掲載日:2017/12/24
はなくそ
はなくそ 著: アンジェール・ドロノワ
絵: カロリーヌ・アメル
監修: 守本倫子
訳: たかのゆう

出版社: 竹書房
まず「はなくそ」というタイトルにはふさわしくない可愛らしい絵が印象的でした。いろいろ知らないことがありました。例えば、粘膜が鼻水を毎日1〜2リットルも作っているなんて、知りませんでした。「はなくそのカップケーキ」は可愛かったけど、「はなくそでつくったりょうり」を食べたいとは思いませんでした(笑)。なぜ「はなくそ」を穿ってはいけないのか、なぜ「はなくそ」を食べてはいけないのか、この本を読んできちんと理解すれば、きっともうしなくなるだろうと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 声に出して読んでみる  掲載日:2017/12/24
はやくちことばで おでんもおんせん
はやくちことばで おでんもおんせん 文: 川北 亮司
絵: 飯野 和好

出版社: くもん出版
全部が早口言葉になっています。最初は声には出さずに読んでいましたが、折角早口言葉なので、実際に声に出して読んでみることにしました。すると、簡単そうに見えていたページもなかなか難しく、スラスラ読めるページもあれば、何度もつっかえてしまうページもあり、楽しく読むことができました。子供と一緒に読んでみてもいいですし、おじいさんおばあさんと読んでみてもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 見れば見るほど  掲載日:2017/12/15
にたものランドのクリスマス
にたものランドのクリスマス 作・絵: ジョーン・スタイナー
訳: まえざわ あきえ

出版社: 徳間書店
どのページも見れば見るほど、たくさんの「にたもの」でできていて、楽しかったです。これは何でできているか?など、子供といろいろ「にたもの」を探しながら楽しめると思います。バラの花の衣装をまとったバレリーナや、バドミントンの羽のスカートを履いた女性など、これを参考に子供と身の回りにある「にたもの」でいろいろ作ってみるのも楽しいと思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う オレはオレ、あなたはあなた  掲載日:2017/12/4
オレ、カエルやめるや
オレ、カエルやめるや 文: デヴ・ペティ
絵: マイク・ボルト
訳: 小林 賢太郎

出版社: マイクロマガジン社
誰も自然には逆らえない。オレはオレ。あなたはあなた。
当たり前のことだけど、深い言葉だなと感じました。
動物の絵もさることながら、その吹き出しの形や、その吹き出しの中に書かれている文字まで、その動物が話している様子が伝わってくるような独特な形で楽しかったです。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 遊びながら読める  掲載日:2017/12/1
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス 作: にわ
出版社: マイクロマガジン社
絵本に息を吹きかけてみたり、絵本を横にしてみたり、縦に振ってみたり…、親子で遊びながら読める絵本だと思います。
「おりてー!」とか「ぬいでー!」とか「どいて〜!」と言われて邪魔にされている猫達でしたが、最後はももちゃんと家族と一緒にクリスマスパーティーをして、ももちゃんと一緒のベッドで眠り幸せそうに見えました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 一緒に作ってみたい  掲載日:2017/12/1
Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート
Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
うさぎのモカが鳥たちと協力して美味しいホットチョコレートを作っているようでした。とりカップは、大きさも模様も形もは様々でユニークでした。よく見てみると、カップやチョコレートやお鍋や飾り付けのクッキーやクリームにも、鳥の足がついていました。シナモン、ミント、オレンジ…、香りづけも何にしようか迷ってしまいます。モカとくせいホットチョコレートは、とても美味しそうでした。最後にレシピも付いているので、子供と一緒に作ったら、とても楽しく美味しそうだと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 綺麗な色づかい  掲載日:2017/12/1
Cookies for you マローネとつくるクッキー
Cookies for you マローネとつくるクッキー 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
「モカとつくるホットチョコレート」同様、鳥たちとクッキーを作ります。色づかいがとても綺麗で、特にピンクは素敵でした。最初のページから、色も形も味も様々な美味しそうなクッキーがたくさん描かれています。手に取って食べたくなってしまうほどリアル感もありつつ、温かみもあります。粉砂糖でお化粧するページは、本当のお化粧みたいでした。
参考になりました。 0人

37件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット