もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ホープルさんの公開ページ

ホープルさんのプロフィール

その他の方・20代・群馬県

ホープルさんの声

54件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 郵便ファンタジー  掲載日:2018/3/13
ゆうびんです!
ゆうびんです! 作: 日本郵便オフィスサポート株式会社
絵: play set products
監修: 日本郵便株式会社

出版社: フレーベル館
日頃、よく郵便局に私は足を運ぶことがあるため、郵便ファンタジーなゆうびんです!を読んで誰かにまたお手紙を書いて、ポストに出したくなってきました。小さい頃はこの絵本に登場する、おとこのこのように、お手紙を書いた相手に無事届くよう、ポストにお願いしたことがあり、懐かしくなります。今後も、郵便局で働いている方たちと、あちこちに設置されてあるポストに感謝しながら、日常生活を過ごしていこうと思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 文字なしでも伝わる絵本  掲載日:2018/3/12
しあわせのはね Reprint edition
しあわせのはね Reprint edition 著: 田中 伸介
出版社: 文芸社
しあわせのはね Reprint editionが、初めて読んだ文字なし絵本になります。この絵本を目にして、しっかりと、登場人物たちのリアクションが伝わり、文字がなくてもセリフが自動的に頭の中から浮かんできました。絵本は文字がないと、なかなかしっくり来ないところがありますが、この絵本からは、登場人物たちが何をおっしゃているのかがよく伝わり、見ていてとてもおもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すぐに買いたくなるしかけ絵本  掲載日:2017/9/14
ポカポカフレンズのしかけえほん めくる
ポカポカフレンズのしかけえほん めくる 監修: わだ ことみ
イラスト: さつき ねむ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
絵本ナビさんの動画共有サイトを見て、「ポカポカフレンズのしかけえほん めくる」が欲しくなってきました。ポイントをためて、お財布のおこづかいもよくためてから買おうとチェックです。小さい子と関わる機会がありますが、小さい子はめくることがすごく好きみたいですね。けれども、大人もこのしかけ絵本はたまらないと思っています。次は何がくるだろうと、わくわくさせるしかけ絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンデレラの考えがよく伝わる絵本  掲載日:2017/9/14
シンデレラが語るシンデレラ
シンデレラが語るシンデレラ 絵: 柴田 ケイコ
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
シンデレラが語るシンデレラを読んで、シンデレラが灰まみれという意味を初めて知りました。昔、読んだシンデレラとちがい、シンデレラの考えがよく伝わった絵本でした。シンデレラのお話が終わったあと、継母たちがシンデレラに冷たかったことと、魔法使いがシンデレラに親切だったこと、言われてみればどうしてなのだろうと不思議に思いました。また初めの方からシンデレラを読んで、登場人物たちの気持ちを考えます。シンデレラが語るシンデレラ、おすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい マーメイドのにぎやかなおうち  掲載日:2017/8/31
マーメイドのさんごのおうち
マーメイドのさんごのおうち 絵: アグ・ヤトコフスカ
訳: みた かよこ

出版社: 大日本絵画
マーメイドのさんごのおうちを試し読みした瞬間、マーメイドたちのにぎやかな姿が見られ、自分もさんごのおうちに遊びに来たつもりになれました。さんごのお友達のマーメイドもたくさん遊びに来ていたため、読んでいて楽しくなりました。この夏、癒やしの仕掛け絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う エリックを見守るおじいちゃん  掲載日:2017/8/31
おじいちゃんがおばけになったわけ
おじいちゃんがおばけになったわけ 作: キム・フォップス・オーカソン
絵: エヴァ・エリクソン
訳: 菱木 晃子

出版社: あすなろ書房
この絵本を読んで、私は故人の祖母のことを思い出しました。たまに祖母が夢に出てくることがあります。故人が夢に出てくるのは、やっぱり故人の家族のことを心配しているから、おじいちゃんはエリックのことが心配で夢に現れてメッセージを一生懸命何か伝えようとしていたのではないかと思いました。ラストのところ、エリックが学校に行く気持ちになれたところを読んで、ほっとしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 切なさから生えた感動の羽  掲載日:2017/8/31
おかあさんはね
おかあさんはね 文: エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵: トム・リヒテンヘルド
訳: 高橋久美子

出版社: マイクロマガジン社
個人的に「おかあさんはね」を読んで、切なくなってしまいました。同時に、そこから感動の羽が生えてきました。空の上からお子さんを見守るおかあさんの気持ちがお子さんに必ず伝わると思います。これは、だんだん、泣けてくる絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい サルたちの支援者のゾウ  掲載日:2017/6/20
ひとつずつ
ひとつずつ 文: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 絵本塾出版
「ひとつずつ」の絵本を読み、サルたちにとって、バナナ一つずつだけでは物足りなさを感じ、とはいえバナナが人数分足りなくなると誰かが泣くことになる場面が深かったです。サルたちが満足感を得られない中、ゾウが最終的にサルたちを支援し、救って終わったところにすっきりしました。少し、リアリティが詰まった絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 発想力が養われる絵本  掲載日:2017/6/20
かしてあげたいな
かしてあげたいな 文: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 絵本塾出版
「かしてあげたいな」の絵本は、大人の自分が読んでもおもしろい作品です。動物たちにモノを貸したあと、どういうかたちで使っていくのか、ページをめくるごとにうきうきしてきます。発想力も養われるため、この絵本を読むだけで創作意欲がわいてきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 毎日読みたくなる新聞  掲載日:2017/6/20
こどものこよみしんぶん
こどものこよみしんぶん 絵: 内田 かずひろ
構成・文: グループ・コロンブス

出版社: 文化出版局
「こどものこよみしんぶん」、おもしろかったです。普段、読んでいる好みの新聞の内容がときどき、難しく書かれてある部分があるため、この絵本に描かれてある新聞の内容はカラーで読みやすかったです。これは毎日読みたくなります。普段、読んでいる好みの新聞も楽しいコラムのところを「こどものこよみしんぶん」に描かれてあることをもしも取り入れたら、どんなに素敵な新聞になることでしょうか。自分ちにある新聞の記事に「こどものこよみしんぶん」のようなコラムがたくさん採用されますように、と願っております。この絵本のシリーズの続きが読みたくなってきました。
参考になりました。 1人

54件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

旅人気分で楽しく街の情報を覚えられる地図絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット