ハロウィンのかくれんぼ ハロウィンのかくれんぼ
作: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ハロウィンのかくれんぼ

ベル・ブックさんの公開ページ

ベル・ブックさんのプロフィール

その他の方・50代・大阪府

ベル・ブックさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 本が大好きなライオンさんのお話です  投稿日:2016/11/30
としょかんライオン
としょかんライオン 作: ミシェル・ヌードセン
絵: ケビン・ホークス
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
本が大好きなライオンさんって、おかしいですか?
毎日図書館に通ってくるライオンさんって、ヘンですか?
全然おかしくありません。
このライオンさんは、ちゃんときまりを守ります。
はしりません。
しずかにします。
そしてなにより、人の役にたちます。
さあ、みなさんはどうですか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 稲刈りを済ませた五年生に  投稿日:2016/11/30
1つぶのおこめ
1つぶのおこめ 作・絵: デミ
訳: さくま ゆみこ

出版社: 光村教育図書
小学校図書館で読み聞かせをしています。
5年生は、お米を育てているので、その収穫が終わったあとに読みます。
ひとつぶ、ふたつぶのころは笑っていたけれど、20日を過ぎた頃から、みんな顔色が変わります。
そして、最後の日、見開きページでは収まりきらず、さらにそれを広げた4ページ分のお米に、みんなのけぞります。
悪い王様を成敗、ではなく、改心させるところがいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしい感じがする絵本  投稿日:2016/10/30
なきむしこぞう
なきむしこぞう 作: 今村 葦子
絵: 酒井 駒子

出版社: 理論社
絵のタッチが、私がこどものころに読んだ絵本のようで、とても懐かしい感じがします。
いたずらんぼであばれんぼできかんぼの男の子に、乱暴に扱われるのがいやになったぬいぐるみたちは、家出をします。
でも、後からでてきたねずみから、男の子が泣いていることをしらされ、ぬいぐるみたちの心はゆらぎます。男の子と一緒に過ごした日々。一緒にいる幸せ。
「みんなかえってきてー!」男の子の叫びを聞いたぬいぐるみたちの心は決まりました。
うちの息子たちも、大事にしていたものがあったなあ。見つからなければ泣きながら探していたなあ。今ではもう忘れてしまったけれど。
心にポッと灯りがともった絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 24のものがたり  投稿日:2016/10/30
うさぎマンション
うさぎマンション 作: のはな はるか
出版社: くもん出版
5かいだてのうさぎマンション。24家族が入居しています。
その部屋のひとつひとつにものがたりがあるようで、何度も何度もページを行ったり来たり。お茶していたり、お昼寝していたり、お仕事していたり、それぞれの部屋でそれぞれのことをしているのですが、そのうち、お隣と、上下の部屋で、引越しのご挨拶でかかわりあって、最後はみんなでそろってパーティー!
いいなあ、こんななかよしマンション。住んでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 海外旅行も身近な時代  投稿日:2016/10/30
つばめこうくう
つばめこうくう 作: もとやす けいじ
出版社: 佼成出版社
夏休みに、海外旅行にいく小学生、増えてます。
ありそうでなかった、「国際線の絵本」です。
「パスポート」「しゅっこくスタンプ」「機内食」。
飛行機の中で迎える朝。
海外旅行いったことある子は、思い出してニヤニヤ。
行ったことない子も、空想の翼を広げて楽しめます。
つばめさん、長距離飛行、お疲れ様。ガソリンの代わりに「おつかれドリンク」を補給してます。
とっても可愛い絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねむそうやんか!  投稿日:2016/10/30
ぼくはちっともねむくない
ぼくはちっともねむくない 作: クリス・ホートン
訳: 木坂 涼

出版社: BL出版
表紙の絵に、思わずツッコミをいれましたよ。
美しい宵の口のような色使いにうっとりして、そのまま眠ってしまいそうです。
ねずみさんはちいさなあくび。うさぎさんはちゅうくらいのあくび。
そして、くまさんはおおきなあくび。
みんなとろーんとした目をしています。
これは、間違いなく、寝る絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい チーム・ビルディング  投稿日:2016/10/22
くまくまパン
くまくまパン 作: 西村 敏雄
出版社: あかね書房
小学校図書館で読み聞かせをしています。
パンピンプンペンポン!と楽しく始まるこの絵本。
なかよしくまさんが焼く美味しそうなパンに、こどもたちも目が釘付け!
なのに、なのに、自分が一番だと譲らずに、けんかして、お店もしめちゃう。外は木枯らし。こころの中も木枯らし。
そこに登場した、わがまま王様。甘すぎるパンもダメー!辛すぎるパンもダメー!そこで、くまさんたちは、協力してパンを作った!

楽しいお話の根底に流れる、帝王学。「共同作業が、チームをまとめる」ということを、この王様は知っていたんじゃないかな。わがままなフリをして、実はこのふたりをなかなおりさせたかったんじゃないのかな?
この王様、なかなかデキルな・・・とひとりでニヤリとしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界には、まだまだ知らないことがいっぱい  投稿日:2016/10/22
翻訳できない世界のことば
翻訳できない世界のことば 著: エラ・フランシス・サンダース
訳: 前田 まゆみ

出版社: 創元社
聞いたこともない国。
初めて知る言語の種類。
ふしぎな形をした文字。

ページをめくるごとに、想像がどんどん広がっていく。

同じ星に生まれ、同じ太陽をみているのに、こんなにも違うことば。
この国の人は、どんな思いでこのことばを生み出したのだろう。
この島のひとは、どんな生活の知恵があるのだろう。
この恋人たちは、ことばは違っても、「好き」という感情は同じ。

こどもたちが卒業するとき、この本を贈りたい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おかたづけはこどもの時から!  投稿日:2016/10/22
ななちゃんのおかたづけ
ななちゃんのおかたづけ 作: つがね ちかこ
おかたづけアドバイス: 鈴木 尚子

出版社: 赤ちゃんとママ社
大人向けの片付け本は、たくさん出てます。そこでいつも言われているのが、「こどもの頃、おかあさんが片付けてくれたから、片付け方がわからない」という人が多いということです。
そう言いながら、今までこどもむけのおかたづけの本はありませんでした。
この絵本は、「おかたづけしようね」から一歩踏み込んで、「仲間分けをする」「住所を決める」というところまで、わかりやすく書かれています。
私は小学校図書館で働いていますが、これは本の片付け方にもあてはめられます。仲間分け(分類)し、サインをみてその場所に返す。
図書館のオリエンテーションで読んでみたいと思いました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 山に登りたくなる絵本です。  投稿日:2016/10/22
ポレポレやまのぼり
ポレポレやまのぼり 文・絵: たしろ ちさと
出版社: 大日本図書
まず、表紙がとっても素敵。おっきな山は、裏表紙にまで続いています。くにで一番高い山ですもの。ぞうさんがちっちゃく見えます。
山登りの基本は「ポレポレ」。スワヒリ語で「ゆっくり」という意味です。
緑の草原、切り立った岩肌、眼下に広がる雲海、星が降ってきそうな夜空。いろいろな顔を見せる山の魅力がたっぷりです。
でもね、ぞうさん。日本で一番高い山では、小石でも持って帰っちゃだめなんだよ。
山登りのもうひとつの基本は、「とっていいのは写真だけ。残していいのは足跡だけ。」
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット