新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

夏帆さんの公開ページ

夏帆さんのプロフィール

ママ・40代・熊本県

自己紹介
元司書の在宅ライターです。
ブログ/HP
ブログでは絵本の紹介、エッセイなど書いています。

夏帆さんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 勇気を出して  投稿日:2021/03/10
あした、がっこうへいくんだよ
あした、がっこうへいくんだよ 作: ミルドレッド・カントロウィッツ
絵: ナンシー・ウィンスロー・パーカー
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
男の子は明日、初めて学校へ行きます。
学校ってどんなところかな?
不安と希望で胸いっぱいの男の子は、なかなか眠れない夜を過ごしています。

小学校入学前の緊張と不安。でも楽しみで、ワクワクそわそわする感じがよく伝わってくる絵本です。
男の子はクマのウイリー(ぬいぐるみ)に話しかけることで、心の不安を和らげようとしています。この子にとっては大切で、必要な時間です。親としては、そっと温かく見守りたいものですね。

成長のための一歩を踏み出す勇気を与えてくれる絵本です。
小学校入学を迎えるお子さんにおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あこがれのお父さん!  投稿日:2020/12/06
いつかは ぼくも
いつかは ぼくも 作・絵: よしだ るみ
出版社: 国土社
ライオンやクジャクやカエルなど、さまざまな生き物のお父さんと子が登場します。

それぞれ、子どもにとってはあこがれの、尊敬するお父さんであることが絵と文章から伝わってきます。絵も、柔らかいタッチと色合いが素敵です。

信頼するお父さん、目指すべき存在、一緒にいると安心する、かけがえのない存在……。

読むと、お父さんと子供の関係について、いろいろ想いを巡らせるきっかけになるでしょう。

ぜひ、お父さんに読み聞かせしてほしい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お風呂が苦手な子に読んであげたい  投稿日:2020/11/29
ぼくんちのおふろ
ぼくんちのおふろ 著者: 山田 美津子
出版社: 理論社
小さいお子さんがお風呂を嫌がること、ありますよね。
特に、シャンプーで頭を洗うのがこわいというお子さんは多いはず。我が子もそうでした。目に泡が入って痛い思いをしたり、目をつぶることがこわかったり、嫌がる理由はたくさんあると思います。

そんなお風呂嫌いのお子さんに読んであげたいのがこちらの絵本。
主人公の男の子は、意外なきっかけでお風呂が大すきになります。

お風呂嫌いの子が、お風呂を好きになるヒントがこの絵本にはあります。この絵本を読んで、お子さんがお風呂を好きになる工夫をしてあげましょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しい絵本です  投稿日:2020/11/29
ふゆのはなさいた
ふゆのはなさいた 文: 安東 みきえ
絵: 吉田 尚令

出版社: アリス館
重苦しく冷え冷えとした冬景色の中、赤い金魚の色合いが鮮やかに映えます。

はじめての冬を迎えたこねずみは、知らないことがたくさん。金魚との会話のやり取りから、生き物の冬の越し方がそれぞれ異なることを学んでいきます。絵本を読みながら、子供たちもこねずみと一緒に学んでいくことができるでしょう。

こねずみと金魚の想いが、読者に熱く響きます。

最後が特に感動的で、美しいです。
優しさと友情に満ちた、素敵な絵本です。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の成長を信じて  投稿日:2020/07/15
るすばんかいぎ
るすばんかいぎ 著者: 浜田 桂子
出版社: 理論社
家族が出かけると開かれる謎の「るすばんかいぎ」。
議題は「ゆうきくんのすべて」です。
この家の元気な男の子「ゆうきくん」について、冷蔵庫や靴下、ベビーベッドや机などが集まって熱く語り合うというユニークな内容。それぞれの物にまつわるゆうきくんの困った行動や思い出、成長などが語られます。

子育てをしている方なら、この絵本を通して子供の成長をひとつひとつ懐かしく思い出すでしょう。家具たちが愛情を競い合うようにして自己主張するところでは、思わず笑ってしまいます。まるで「ゆうきくん」の近しい家族のようです。

「ゆうきくん」の生き生きとした表情から、この家が愛情に満ちた豊かな家庭であることが読み取れます。

困った行動もあるけれど、成長を信じて見守るのも子育てですね。子供だけでなく、子育て中のお父さんやお母さんにもおすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出は受け継がれて  投稿日:2020/07/09
とんでいった ふうせんは
とんでいった ふうせんは 作: ジェシー・オリベロス
絵: ダナ・ウルエコッテ
訳: 落合 恵子

出版社: 絵本塾出版
この絵本は、「認知症」のことを描いています。
自分の大切な人が、自分のことをすっかり忘れてしまうということは、どれだけ大きな悲しみでしょう。その「大切な人」は、父や母であり、祖父や祖母であり、あるいは夫や妻なのです。
お互いに共有していた大切な思い出。その人がその人である存在意義のようなものが失われていく悲しみはあまりにも大きい。
――しかし、救いはあります。ほら。その人の思い出は、子や孫へ、配偶者へと語り継がれていくのです。失われることなく、誰かの心の中で輝き続けるのです。

この本を読んで、救われた気持ちになる方は多いと思います。
次々に飛んでいく風船の絵は、子供たちにも「認知症」を分かりやすく教えてくれるでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食育に良い  投稿日:2020/01/22
ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付
ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付 著: オールト編集部
出版社: オールト
アニメを見ているような感覚で楽しめる新しい絵本です。曲が聴けるのもいいですね。

キズものだと廃棄処分される野菜たち。確かに、スーパーには綺麗なピカピカの野菜ばかり並んでいます。「傷ついた野菜や曲がった野菜はどこに行ったの?」と子供たちに考えさせるにはいい絵本だと思います。

畑で野菜を育てたり、収穫したことがある子供なら、傷ついたり虫食いがある野菜、大きく育ち過ぎた野菜、変わった形の野菜があることを知っています。

食育を語るきっかけとして、おすすめの絵本です。




参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい インパクトがすごい!!  投稿日:2019/10/25
もったいないばあさん
もったいないばあさん 作: 真珠 まりこ
出版社: 講談社
「もったいない」って英語にはない言葉なんですね。日本語に特有の言葉。大切に子ども達に伝えていかなければならない感覚だと思います。

この絵本を読むと、「もったいない」がどんな意味なのか的確に伝わります。ちょっとやり過ぎではないかと思うくらいにものを大切にする「もったいないばあさん」。キャラクターの印象が強烈で、一度読んだら忘れられません。

我が家では、この絵本を読んだ後、「もったいないばあさんが来るよ〜!」という言葉が定着しました。ちょっとユーモアを交えて注意喚起できるのでおすすめです。家族で生活を見直すきっかけになった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オスもメスも一生懸命!  投稿日:2019/10/21
恋するいきもの図鑑
恋するいきもの図鑑 監修: 今泉 忠明
出版社: カンゼン
大人も子供も、家族で楽しんで読める本です。うちでは、小学生の子供たちが先を争うように熱中して読んでいました。

動物の世界では、オスが求愛するのが一般的だと思っていましたが、思い込みでした。メスが求愛する生き物も、オスが中心になって子育てする生き物もたくさんいて、勉強になりました。

求愛の仕方も千差万別で、これほど多様なのかと驚くばかりです。命がけの求愛行動がある一方、だまし討ちのようなものもあり、読んでいて「え〜!?」と叫びたくなるものもたくさんありました。

家族で読んで、あれこれ感想や意見を言い合うのも楽しい本です。生き物の生態が笑って楽しく学べるところもおすすめです。

ひとつ言えることは、どんな生き物も、子孫を残すために一生懸命なんだということ。私も子育てを頑張ろうと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う じわじわ面白い  投稿日:2019/10/14
うちゅうじんは いない!?
うちゅうじんは いない!? 作・絵: ジョン・エイジー
訳: 久保 陽子

出版社: フレーベル館
宇宙人はいるのか、いないのか。本のタイトルを気にしながらページをめくると、「宇宙人はいる!」と自信満々の主人公が登場します。

でも、岩と土ばかりの星を歩き回っているうちに、次第にその自信にも陰りが……。

主人公は気づいていないけれど、絵本を開いて読んでいる読者は早々にあることに気づくしかけになっています。なのに、主人公が気づかないのが何とももどかしい……!

「後ろをふりむけ〜!」
(この絵本を読み聞かせしたときの、うちの子供たちの叫びです)

ラストで笑いが起きるのは必至です。じわじわ面白い、珍しいタイプの絵本です。
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット