クリスマスのおばけ クリスマスのおばけ クリスマスのおばけの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

若葉もみじさんの公開ページ

若葉もみじさんのプロフィール

ママ・30代・富山県、男2歳

若葉もみじさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大きなくれよん  投稿日:2009/10/02
ぼくのくれよん
ぼくのくれよん 作・絵: 長 新太
出版社: 講談社
ぞうさん用の大きなクレヨンで描く絵が、海になったり、大火事になったりと、自由で大きくはばたいている発想が子供たちの柔軟な頭を育ててくれるようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい つまずきながらも  投稿日:2009/10/02
ぐるんぱのようちえん
ぐるんぱのようちえん 作: 西内 ミナミ
絵: 堀内 誠一

出版社: 福音館書店
なまけもののぐるんぱを森の仲間たちが励まし再生させる。そして、ぐるんぱも頑張って働くが頑張りすぎて空回り、、、でも、ついにぐるんぱでなければ出来ない仕事にめぐりあう。

みんなで助け合うこと、そして本人も頑張る。
誰でも得意 不得意はあるけれど、自分にしか出来ない事がきっとあるはず。
人生、つまずきながらも頑張ればきっと良いことが待っている。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハラハラどきどき  投稿日:2009/10/02
ぶーぶー ぶぶちゃん
ぶーぶー ぶぶちゃん 作・絵: わたり むつこ
出版社: 福音館書店
元気な車のぶぶちゃんが アヒルさんとお散歩に行きます。坂を登ったり、下ったり、池に落ちてアヒルさんに助けてもらったりと、ハラハラドキドキするお話です。
ぶぶちゃんの声に出す擬音をオーバーに表現すると子供は一緒に喜んで聞いてくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆたかな心  投稿日:2008/10/10
おおきくなったら
おおきくなったら 作: ふくだ としお
絵: ふくだ あきこ

出版社: 幻冬舎
大きなぞうさんが小さなアリさんに
やさしく葉っぱの傘を差し出してあげます。
アリさんは、外見などではなく、ぞうさんの様にやさしくなりたいと
心の成長を夢見ます。

ぞうさんのように、やさしい心を持つことはとても大切なことだと思います。
子供にも、ぞうさんのやさしさが伝われば良いなと思いながら読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あっぷっぷが大好き  投稿日:2008/10/10
あっぷっぷ
あっぷっぷ 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: ひかりのくに
「あっぷっぷ」のところで一緒にほっぺをふくらまし、
「わらった」のところでケラケラ笑い、
とっても楽しんでいます。
特に、ブタさんの大きな鼻が好きみたいで、
一人で絵本をめくって
ぷ〜っとしていることもよくあります。
お気に入りの1冊のようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友達のように  投稿日:2008/10/10
おうちのともだち
おうちのともだち 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
息子は、おはしさんのページになると
お箸をとって食べる真似をしたり、
はぶらしくんを見て、歯磨きする真似をしたりしています。

身近な物ばかりなので嬉しいのでしょうか、
「みんな ともだち また あした」
では、バイバイと手を振り、楽しそうです。

これからも、友達のように、おうちの物を大切に思ってくれると良いな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 感謝の気持ち  投稿日:2008/10/10
ありがとうのえほん
ありがとうのえほん 作・絵: フランソワーズ・セニョーボ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 偕成社
1ページ 1ページ、ありがとうの感謝の気持ちが書かれていて、
絵本を読み終えて、心が温かくなりました。
まだ、1歳の息子は、
おんどりやねこ、いぬ、ぞうの絵をみて
嬉しそうにしているだけですが、
心からありがとうを言える子に育ってもらいたいので、
これからも読み聞かせてあげたいです。
そして、子供にも生まれてきてくれてありがとうと言いたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ママにごっつんこ!!パパにごっつんこ!!  投稿日:2008/09/28
とまとが ごろごろ
とまとが ごろごろ 作: 得田 之久
絵: 吉野 晃希男

出版社: 福音館書店
絵本を読んだ後は、子供と頭をぶつけて ごっつんこ!!したり、ゴロゴロ転がったりと、とっても楽しいスキンシップの時間になります。
絵本から ふれあい遊びへとつながっていくので おすすめの1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いつも そらにいるおひさま  投稿日:2008/09/28
おひさまは いつも
おひさまは いつも 作・絵: 八木マリヨ
出版社: 福音館書店
文字は少ないのですが、とってもきれいな色彩で
おひさまのポカポカ暖かい様子。
ピカーっとまぶしい様子が伝わってきます。
子供は、ページをめくるごとに目に映りかわる色彩が面白いのか
自分で絵本を手に取り ページをめくって見ている事があります。

「わたしは いつも そらに いる」
この言葉と、きれいな色彩で、心が穏やかになります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心がやさしくなる絵本です。  投稿日:2008/09/27
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
ウサギさん、ロバさん、熊さん、キツネさん、リスさんが出てきます。
それぞれ声を変えて読んであげると、子供は 手足をバタバタさせて大喜びです。
この動物たちの様に他の人を思いやることができる、やさしい人になって欲しいな。
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット