リッキーズさんの公開ページ

リッキーズさんのプロフィール

パパ・40代・山梨県、女2歳

リッキーズさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 親子いっしょに楽しめます  投稿日:2008/12/06
おててがでたよ
おててがでたよ 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
おてて、あんよ、あたまなど体の名前を覚えるのに役立つ作品です。
「おててはどこかな」と読むと「ここだよ、ここだよ」と絵のかくれている手の部分を必ず指差します。もっともっと早いうちに読ませても楽しめる一冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ベェーッ  投稿日:2008/12/06
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
なぜか2歳の娘がおつきさまが大好きなので、この絵本もとてもお気に入りの一冊です。雲が動いている事を娘はこの絵本で学んだかも知れません。でもこの絵本のクライマックスはやはり裏表紙ですね。あっかんべえーって必ずしますよね。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 女の子にはうってつけ  投稿日:2008/12/06
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
2歳児には少し言葉が多めの本かも知れませんが、テーマがお料理なので女の子にはおすすめの一冊です。冷蔵庫から材料を出して、ボールに入れてかきまぜる過程などはとても楽しそうです。中盤の見開きページのホットケーキが焼けていく所が見どころですね。でもそれよりもいいのは食べ終わった後、ちゃんと後片付け(お皿を洗う)する所なんです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 大きな愛のある作品です  投稿日:2008/12/06
ちびゴリラのちびちび
ちびゴリラのちびちび 作: ルース・ボーンスタイン
訳: 岩田 みみ

出版社: ほるぷ出版
ジャングルでの物語。いろんな動物が登場してきます。特に何かが起こるというストーリーではないので、最初読んでいるうちは「これは何の話なんだろう」と思いましたが、エンディングを見て少し感動してしまいました。大きな愛の物語です。子供にも「あなたはみんなに愛されているんだよ」という事を伝えられる作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 果物がリアルです  投稿日:2008/12/06
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
フルーツ好きの娘にはたまらない一冊です。
しかも絵がとてもリアルに描かれているのでとてもおいしそうです。
「さあどうぞ」で娘は絵を手でつかみにいき「パクパク」とおいしそうに食べちゃいます。果物の名前も一発で覚えるのでもっと早く読ませて大丈夫な絵本ですね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちがうねっ  投稿日:2008/12/06
モーっていったのだあれ?
モーっていったのだあれ? 作: ハリエット・ツィーフェルト
絵: シムズ・ターバック
訳: はるみ こうへい

出版社: 童話館出版
ちょっとした、しかけ絵本になってます。
いろんな動物が登場してその鳴き声を覚えていける一冊です。
セリフを読むのを待ちきれずにしかけページをめくってしまうのが少々難ありなのですが、その都度「ちがうねっ」て親子で声をそろえて言うのがとても楽しいです。それぞれの動物の鳴き声をこの本で覚えてしまいましたが、ロバの「ヒーホー」というのは大人には違和感ありありでしたけどね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 実は壮大な作品  投稿日:2008/12/06
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
ビジュアル的にとてもきれいで目を引く作品。
フルーツの名前を覚えられ、数の数え方を覚えられ、いろんな食べ物の名前が覚えられます。その食べた食べ物一つ一つに丸い穴があいてるのが子供にはたまらないのでしょうね。指でツンツンしながら確認してます。でもこの絵本が伝えたいのはそんな事ではないんでしょうね。成長し、生きていく事を描いた実は壮大な作品なのだと思います。もちろんそこまで2歳の娘に伝わっているのかはわかりようもありませんがね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 豊かな喜怒哀楽のために  投稿日:2008/12/06
かお かお どんなかお
かお かお どんなかお 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
とてもわかりやすいコンセプトの絵本です。
この本の楽しみ方はみなさん共通になるのではないでしょうか。
表情が豊かになっていく一冊ですね。
でも「あまーいかお」「いいおかお」などはむずかしい〜。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のせてくださーい  投稿日:2008/11/11
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
父娘ともにお気に入りの一冊です。内容、登場するものが全てシンプルで、読む側にとっても楽しい本です。娘はページをめくる度に「のせてくださーい」と楽しそうに大きな声を出します。満員になってからネコとネズミがまだ乗れるのは意外でした。最後の食卓の場面でセリフがないのが少しさびしいかな。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット