ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

かやかーかさんの公開ページ

かやかーかさんのプロフィール

ママ・30代・静岡県、男の子4歳 女の子2歳

かやかーかさんの声

36件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 息子の大好きなシリーズのナンバー1作品  投稿日:2020/12/24
おばけかぞくのいちにち
おばけかぞくのいちにち 作: 西平 あかね
出版社: 福音館書店
おばけのさくぴーとたろぽう姉弟のお話。
シリーズがたくさん出ていますが、その中でも息子の一番好きなお話です。

人間の姉弟とおばけの姉弟の昼夜逆転生活を楽しく比べながら教えてくれます。
昼、人間の子が通う保育園は夜になるとおばけの子が通う保育園になっていたり…おばけは朝ご飯が一番のごちそうだったり…どれも子どもにとっては興味津々な内容です。

このシリーズは話の面白さもですが、何度も読むと『あ!さきちゃんち(人間の子)の猫がおばけの時間には歩いてる!!』など、話とは直接関係ないけれど可愛らしいイラストの中に発見がたくさんの絵本で何度でも繰り返し楽しむことができます。
一歳の娘も猫探しに夢中で『ニャンニャンいた!!』と大興奮(笑)
親も楽しみながら読み聞かせが出来る作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 女の子の憧れが詰まった絵本  投稿日:2020/10/18
10かいだての おひめさまの おしろ
10かいだての おひめさまの おしろ 作・絵: のはな はるか
出版社: PHP研究所
ある夜、女の子の所へお城から招待状が届きます。
女の子はパーティーへ出るため一階ずつお姫様に変身していきます。

まずイラストの可愛らしさに心を掴まれます(笑)

そして各階毎に選ぶドレス、髪型、靴等が細かく いくつも描かれていて『私ならこのドレスにこの髪型かなぁ』なんてイメージしながら絵本の世界に浸ってしまいました!
まるで某写真スタジオでドレスを選んでいるかのようなワクワクです(笑)

私が子どもの時に この絵本と出会っていたら一日中 読んでいても飽きなかっただろうなぁと思えるほど女の子の心をくすぐる素敵な絵本でした(^-^)
何度でも繰り返し読める絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お弁当達も食べてもらいたいよね  投稿日:2020/10/18
はしれ! おべんとう
はしれ! おべんとう 作: 片平 直樹
絵: 市原 淳

出版社: 教育画劇
今日はしゅうちゃんの遠足の日です。
お母さんが作ったお弁当を持ってしゅうちゃんは出発!!
…したのに、おにぎり3兄弟やおかずさん達は置いてきぼりで大慌て!
急いで後を追いかけ空っぽのお弁当箱に入ろうとします。

途中で野良猫達に食べられそうになり大ピンチになりますがしゅうちゃんに食べて欲しい!と頑張ります。

お弁当を食べたいしゅうちゃんとしゅうちゃんに食べて欲しいお弁当の中身達は両思い(笑)
とても可愛らしいほっこりする絵本でした。

息子もこの可愛さが分かったのか「いい絵本だった」と言っていました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 飼い主と小鳥の心温まる話  投稿日:2020/10/14
イタイ イタイ トンデケ
イタイ イタイ トンデケ 作: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: マイクロマガジン社
泣き虫まあちゃんの誕生日プレゼントに小鳥のピッツがやってきました。
ピッツはまあちゃんが泣くと『イタイ イタイ トンデケ』と慰めてくれます。
その声を聞くとまあちゃんの涙もピタリ止まって泣き止みます。

まあちゃんがどんなに大きくなってもまあちゃんが悲しいときは『イタイ イタイ トンデケ』とピッツが慰めてくれました。

どんなに時が経っても遠く離れていても変わらない思いに心が温かくなる作品でした。
自分も実家で中々会えなくなったワンコに無性に会いたくなりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 子どもの気持ちは…  投稿日:2020/09/15
まま みてて
まま みてて 作: まどか ななみ
絵: 宮西 達也

出版社: ポプラ社
「ママぼく 一人で出来るんだよ!」と言うしんちゃんに「なにが一人で出来るの?」とママ。
「今からするから ママ見てて!」としんちゃんは、ズボンやパンツを脱いだり、ドアを開けたり…その全部に「ママ 見てて!」とママに見ていてもらおうとします。
そして無事トイレに行けますが「一人で出来るんだよ!だからね、明日も僕の事 ママ見てて!」とニコニコ顔。


3才の息子もようやくトイレトレーニングが終わりましたが「母さんトイレ行くから見ててー!」と今も言ってきます。
いつも「出たら教えてねー」と結果だけ見てしまいますが、この絵本を読んでうちの子も、おしっこ出た!だけでなくそれまでの頑張っている過程も本当は見ていて欲しいのかなぁ〜と反省しました。
息子もこの絵本が大好きで読み終わるとにっこり満足気です。 笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 立ち寝ぶたくんに大笑い  投稿日:2020/09/04
たちねぶたくん
たちねぶたくん 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: KADOKAWA
題名を見た時はなぜ『たちねぶたくん』なのかが分かりませんでしたが、絵本を読んで納得!

立っているぶた→立ちぶた
寝ているぶた→寝ぶた
それが合わさって立って寝るぶたは…『たちねぶたくん!!』

その後も出てくるいろいろなぶたくんに子供達は大笑い!ページをめくる度にわくわくしていました。

内容が簡単だったので一歳の娘も飽きずに最後まで楽しんで読むことが出来ました。

最後に出てくる『ごしょがわらさん』がよく分かりませんでしたが、青森のねぶた祭りに関係する地名だと分かり納得!子供達は気にもしていませんでしたが、大人はスッキリしました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バイキンいるよー!  投稿日:2020/08/24
つめかみおばけ
つめかみおばけ 作: よしむらあきこ
出版社: 教育画劇
爪をガジガジ噛む癖があるゆうちゃんの所へ、いたずら大好きなおばけがやってきました。

お母さんや街の人にのりうつり、ゆうちゃんみたいに爪をガジカジガジ…
ゆうちゃんはそれを見て怖くなってしまいます。

うちの子は爪かみではなく、指しゃぶりに困っています。

この絵本を読みはじめたときは「ガジガジダメねー」と他人事でしたが読み進めていくと、爪をガジガジしていたおばけのお腹が痛くなり、爪にバイ菌がたくさんいることを知りビックリ!!

いつも「指を口に入れると汚いよ」と親が伝えてもさほど響かないのに自分から「ガジガジじゃなくてちゅぱちゅぱでも爪のバイ菌が口に入ってるからお腹痛くなっちゃうね」と!!
指しゃぶりを辞めるいい機会になりました♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 次は何になるんだろう!  投稿日:2020/08/24
みてみて バナナ
みてみて バナナ 作・絵: ささき みお
出版社: 国土社
お空に浮かんだバナナがソフトクリームやチョコバナナなどイロイロな形に変わっていきます。

子ども達は「次は何になるのかなー?」「わー!美味しそう〜!」などページをめくる度にわくわくドキドキ!

一歳の我が子も大好きなバナナが変身していくのを楽しんでみることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい チョッキがー!!!  投稿日:2020/08/24
ねずみくんのチョッキ
ねずみくんのチョッキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
ながーく読み継がれているベストセラー絵本です。

お母さんが編んでくれたねずみくんにピッタリの赤いチョッキ。
とっても素敵なのであひるくんが着たくなります。
ちょっときついので無理やり着て「少しきついが似合うかな?」それを見ていたお友達も着たくなり「ちょっと貸して」と…
ねずみくんのチョッキを次々と動物が着ていき最後にはゾウくんがねずみくんのチョッキを着ていてねずみくんはビックリ!!
チョッキはとーっても伸びてしまいねずみくんは着れなくなってしまいますが、ゾウくんがブランコにしてくれます。
白地に色の少ないシンプルなイラストの中で赤色のチョッキが目立ち少しずつ大きくなっていくのが子どもに分かりやすく「あーー…」と子どもも心配に。
みんなきついのに無理やり着てる時の顔がユーモラス!
最後は結局着れなくなってしまいますが、ゾウくんがブランコにしてくれたところにどこか救いがあります笑
繰り返しも楽しい素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心暖まる話  投稿日:2020/07/09
とんでいった ふうせんは
とんでいった ふうせんは 作: ジェシー・オリベロス
絵: ダナ・ウルエコッテ
訳: 落合 恵子

出版社: 絵本塾出版
思い出が様々な色の風船になります。
弟より僕。僕よりママとパパ。それよりもっとたくさんの風船を持っているのはおじいちゃんです。

おじいちゃんは子どもの頃の事や結婚式、僕とお揃いの思い出。素敵な思い出の風船をたくさん持っていて僕は話を聞くのが楽しみです。
でも少しずつおじいちゃんが思い出の風船を手放してしまいます。

おじいちゃんがアルツハイマーになってしまった事を子どもにも分かりやすく、そして美しく伝えてくれる物語です。

おじいちゃんの失ってしまった風船が僕に引き継がれて行く事に涙がでそうになりました。
心暖まる絵本でした。
参考になりました。 0人

36件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット