宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

☆ジャッキー☆さんの公開ページ

☆ジャッキー☆さんのプロフィール

ママ・20代・石川県、男0歳

☆ジャッキー☆さんの声

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 息子のお気に入り  投稿日:2010/08/02
まて まて まて
まて まて まて 案: こばやし えみこ
絵: ましま せつこ

出版社: こぐま社
おかあさんが、男の子や動物たちを「つかまえた」をいって
ぎゅっと抱っこする場面。

息子は大好きで、その場面にくるとぎゅっとだきついてきます★
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 歌大好き  投稿日:2009/03/10
うたえほん
うたえほん 絵: つちだ よしはる
出版社: グランまま社
なかなか寝付かないとき、音楽をかけてやると不思議と、す〜っと寝ていく息子。
音楽が好きなのかな〜と思い、いろいろと歌を歌ってあげました。
でも、童謡って歌詞があいまい・・・。
そこで「うたえほん」。

私にとっても懐かしい曲がたくさん♪
「これしってる?」と旦那にも歌って見せたり(笑)
これから毎日たくさんの歌をうたってあげたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う じ〜んときます。  投稿日:2009/02/03
おじいちゃんがおばけになったわけ
おじいちゃんがおばけになったわけ 作: キム・フォップス・オーカソン
絵: エヴァ・エリクソン
訳: 菱木 晃子

出版社: あすなろ書房
知り合いに勧められて図書館で借りてきました。

おじいちゃんの忘れもの・・・。
一緒になって探すんだけど、見つからない。
でも、それが見つかった時の、なんとも言えない気持ち・・・。
子どもにも読んであげたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしいことば  投稿日:2009/02/03
だいじょうぶだいじょうぶ
だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
何気なく使う言葉「だいじょうぶ」
だけど、この本を読んで、なんて素敵な言葉なんだろう、
なんてやさしい言葉なんだろう・・・と感じました。

おじいちゃんの「だいじょうぶ、だいじょうぶ」
男の子の「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

心の奥があつ〜くなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わくわく  投稿日:2009/02/03
きょうはなんのひ?
きょうはなんのひ? 作: 瀬田 貞二
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
小さい頃、何度も何度も読み返した本です。
どんどん、でてくるメモ書き。
一体何がかいてあるんだろう!?
お母さん気づくかな〜!

なんてワクワクした気持ちで読んでいました。
何度読んでも楽しめる、女の子のやさしい気持ち、遊び心ある素敵な気持ちが心をホンワカさせてくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 強烈な絵  投稿日:2009/02/03
給食番長
給食番長 作: よしながこうたく
出版社: 好学社
絵が強烈!
子どもは最初「なにこれ〜!!」と大声をあげるけど・・・

内容はばっちりな食育。
毎日食べている給食について、しっかり学べます。
食べ物の大切さ、何より、作ってくれる人の気持ち。

絵も遊び心があり、「何でこんなとこに、このキャラクター?」って思う箇所がたくさん。それを探すのも面白いです。

絵本は、お話&絵で楽しませてくれるからいいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ジャッキーさがせ?  投稿日:2009/01/31
くまのがっこう
くまのがっこう 作: あいはら ひろゆき
絵: あだち なみ

出版社: ブロンズ新社
仕事先で子どもたちに読み聞かせました。
たくさんのシリーズがあるけれど、ジャッキーと出会ったのはこの本が最初。
お母さんがわりをしたジャッキーが「ワ〜ン」と泣く場面。
本当にかわいらしいです。
各ページにジャッキーがのっているわけなんだけど、必ずみんなと違うことをしています。読み聞かせの後、子どもたちはジャッキーの様子にくぎづけ。何度も何度も読み返していました。

本以外にもかわいいグッズがあったり、本と一緒に楽しめます♪

これをきっかけに他のシリーズも読みたくなるの間違いなし☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ☆命・家族の素晴らしさ☆  投稿日:2009/01/31
おへそのあな
おへそのあな 作: 長谷川 義史
出版社: BL出版
命の誕生。小さい袋のような時からしっかり生きている我が子。
お腹の中から、家族のことをしっかり見ている我が子。
妊娠中に、読みました。

赤ちゃんの誕生を楽しみにしている家族、赤ちゃんはそれをおへそのおなからじーっとのぞいています。すでに家族の一員なんですよね。

二人目を出産する時がきたら、ぜひ長男に読み聞かせたいです。
そんな想いをもたせてくれた一冊です。
参考になりました。 0人

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット