ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ちろりん

ママ・30代・静岡県、男4歳

  • Line

ちろりんさんの声

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 絵も内容もかわいい  投稿日:2002/04/19
ふしぎもりのようふくやさん
ふしぎもりのようふくやさん 作・絵: ささき ようこ
出版社: ポプラ社
この本は、私のお気に入りです。ふしぎもりのチクチクはようふくやさんで、お店にくる動物さんたちにいろんな洋服を作ってあげます。ねこさんには、ライオンさんのたてがみ・ぞうさんにははねのついたチョッキなど・・・。絵もとってもかわいくて、チクチクは全身にはりがあるので私は、ハリネズミだと思っていたのですが、なんとそれは仕事着・・!
本当は・・・・。ちなみに夜寝るときは、羊さんになってました。とっても、かわいいお話です。2歳の息子は、チクチクがなんなのかまだ分かってないようですが、いつ分かるようになるのかなと楽しみにしながら毎回読んでます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 興味をそそられる挿絵  投稿日:2002/04/19
ロージーのおさんぽ
ロージーのおさんぽ 作: パット・ハッチンス
訳: 渡辺 茂男

出版社: 偕成社
めんどりのロージーがおさんぽに行って帰るまでのお話しなです。一ページずつクローズアップされたような絵でお話も1行位なのでお母さんが絵を見ながら言葉を付け足していくことが出来ます。色使いは単調ですが、それがかえって子供には見易いようです。まだ、ストーリーは分かってないようですが、自分なりに絵を見ながらいろいろお話してくれます。外国ものなので、絵がちょっとリアルなのが私はあまり好きではないのですが・・・。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 思わずかいてしまいます  投稿日:2002/04/19
かゆいかゆい
かゆいかゆい 作: 木村 裕一
絵: 尾崎 真吾

出版社: 鈴木出版
いろんな動物が蚊にさされてかゆがって、どれも自分では手が届かずにかいてもらうという、簡単な内容です。
かゆい所が、赤くプチってなっているのが、ひとめ見て子供でもすぐわかるので、まだお話を読む前から、うちの子供は赤い所をかいてあげていました。楽しんで、見れるという面ではお勧めです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う おみしろい絵  投稿日:2002/04/19
さかなはさかな
さかなはさかな 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
池の中のかえるとさかなの話なので、子供には身近で親しみ易いようです。かえるは、おたまじゃくしからかえるになり、陸の世界を見てきてさかなに話してあげるおはなしで、さかなもかえるのように陸に一度は上がるのですがやっぱり・・・。意味が、分かるようになればちょっと考えさせられる内容となってます。外国のお話なので色使いや絵が独特でみてるだけでも子供は楽しめるようです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う テレビと一緒にも楽しめる  投稿日:2002/04/19
トムトム・ブーたんこぶぐんぐん
トムトム・ブーたんこぶぐんぐん 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
このお話は、おかあさんといっしょの中でも時々出てきます。テレビでも見ることもできるのでいいかなと思い私が購入したものです。お話の内容は、かわいくていいのですが、ちょっと絵がアニメ過ぎて家の息子は気にいらないようです。単純なおはなしで、分かり易いので読んであげるには楽しいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素朴でいいですよ  投稿日:2002/04/19
二ほんのかきのき
二ほんのかきのき 作・絵: 熊谷 元一
出版社: 福音館書店
昔懐かしい、田舎の日本の様子を描いた本です。ゆきのつもったかきのきから、収穫までを昔の日本の家族の様子を入れながら描いています。言葉的には、私にも分からない所があるのですが、それでも子供は喜んでたびたび読んでくれと持ってきます。かきのはっぱでおひなさまを作ったり、しぶがきを干して干し柿にしたものを囲炉裏の側で家族で袋に詰めているところなどほのぼのとしていてどこか心暖まるお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読んでみると意外と  投稿日:2002/04/18
おだんごぱん
おだんごぱん 作: (ロシア民話)
絵: 脇田 和
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
はじめは、絵を見てちょっといまいちかなと思っていたのですが、親しみ易い内容なので子供が興味をしめし、読んでと持ってくる回数の多い本です。おだんごぱんがコロコロと転がっていく所が楽しいようです。内容としては、ちょっとまだ難しいかなとは思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とってもリアルでかわいい  投稿日:2002/04/18
いちご
いちご 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
いちごが出来るまでのお話で、絵がとってもリアルでタイトルもシンプルに「いちご」なので、2歳の子供にも見易く分かり易いようです。まだ、うれていない緑のいちごをみて、毎回ぱいぱい(すっぱい)といって、楽しそうにしてます。
お話も、少ないので読み聞かせをはじめたばかりの頃には、あきずに最後まで楽しめると思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 繰り返しの言葉が楽しいよ  投稿日:2002/04/18
かぼちゃひこうせんぷっくらこ
かぼちゃひこうせんぷっくらこ 作: レンナート・ヘルシング
絵: スベン・オットー
訳: 奥田 継夫

出版社: アリス館
この本は、2歳の息子には内容的にはまだ難しいようなのですが、繰り返しの言葉がでてくるのと、ひこうせんという所が興味をひくみたいです。
ストーリーは場面がどんどん変わっていくので、内容が分かるようになればもっと楽しくみれるのではと思ってます。
かぼちゃが家や船や飛行船になるので、乗り物関係が好きな子供にはおすすめだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりこれかな  投稿日:2002/04/15
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
むしむしくんの好きなうちの息子ははらぺこあおむしくんのお話が大好きです。絵本を見ながらお話も読んであげていますが、絵を見ているだけでも興味をそそられるようで一人で絵を見ているときもあります。カラフルな絵には、大人も釘付けになってしまいます。エリックカールさんの絵本は、どれもうちの息子はだいすきです。大人も夢中になってしまうこと間違いなしです。
参考になりました。 0人

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット