宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

とりんこさんの公開ページ

とりんこさんのプロフィール

せんせい・20代・神奈川県

とりんこさんの声

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おいしい たのしい  投稿日:2010/04/09
おいしい おと
おいしい おと 作: 三宮 麻由子
絵: ふくしまあさえ

出版社: 福音館書店
ようやく相手に注目することができるようになった子どもさんに読みました。

初めて読む絵本だしどうかなーって思ったけど、

おいしそうな音と「あぁおいしい」の繰り返しが、ココロをつかんだようで、自然と笑顔になっていました。しかも、読み進めるうちに、「おいし」と繰り返してくれたり☆


年齢関係なく、表現を育てる絵本にばっちりだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすが!!  投稿日:2010/04/09
わにわにのおおけが
わにわにのおおけが 文: 小風 さち
絵: 山口 マオ

出版社: 福音館書店
今回もわにわにの動きが魅力的です。


包帯ぐるぐる部分はかなり盛り上がります。
しかも、ちょっと現代的な要素が入っていたり。

わにわに好きの子ども達はニコニコしながら見ていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こころを意識  投稿日:2009/11/29
おこる
おこる 作: 中川 ひろたか
絵: 長谷川 義史

出版社: 金の星社
すぐ気持ちが沸騰しちゃう子どもに読みました。

主人公と自分と結びつけるのは難しそうでしたが、
じーっと聴いてくれました。

ちっちゃい頃からの、気持ちの勉強にとっても役に立つと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しんみり じんわり  投稿日:2009/11/29
じいじのさくら山
じいじのさくら山 作・絵: 松成 真理子
出版社: 白泉社
孫目線のじいじとのやりとりが、自分と祖母のやりとりと重なって、心がじんわりと暖かくなります。

最後は悲しい出来事が起こりますが、それでも読んだ後はなんだかほっこりした気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 発見  投稿日:2009/10/25
くだもの なんだ
くだもの なんだ 作・絵: きうち かつ
出版社: 福音館書店
バナナなんか、大きさに惑わされて、大人でも「???」となります。
それなのに、純粋な子ども達はすんなり当てちゃったりして。

身近なものの意外な姿に子ども達は食いついちゃうみたいです。

この絵本を読んだ後、お母さん達が「家帰って食べてみようか」と子ども達に話しかけるのを見て、親子のコミュニケーションのきっかけがひとつ増やせたのかなあ、と嬉しくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にや にや  投稿日:2009/10/25
つみき
つみき 文: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
とっても簡単なのに、ものすごく楽しい!!
一度目は、がっしゃーん!!に目をまんまるく見開き。
二度目は、ゆらゆら くらいから期待期待☆
三度目からは慣れたもので、あ、てんとうむし くらいからにやにや。

あーあ、では大爆笑してくれます。

そして、
タテ開きの装丁も新鮮で、対面からの読み聞かせがしやすいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵が素敵すぎます  投稿日:2009/10/25
かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ 作: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお

出版社: 冨山房
表情豊かなかいじゅう達に子どもだけでなく、大人も惹きこまれます。

文章がない、かいじゅう達がただただ踊るページがたまりません。
子ども達も、今まで聞こえていた読み聞かせが途切れることに、「はっ!!」として、改めて絵本に注目します。

かいじゅうが好きな子どもさんは息をひそめて、入り込んでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ものまね大会  投稿日:2009/10/25
かお かお どんなかお
かお かお どんなかお 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
気持ちを表現したり、感じたりすることが、どちらかというと苦手な子どもさん達と接する機会が多いのですが。

この絵本は、一緒に顔マネしながら、気持ちの伝え方や、表現のしかたを知ることができます。

大人の顔をみながら、一生懸命マネっこする子ども達がとってもかわいいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う スピード感  投稿日:2009/10/25
しょうぼうじどうしゃじぷた
しょうぼうじどうしゃじぷた 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
強そうな、かっこいい消防自動車や救急車。
ちびっこのちょっと頼りない主人公のじぷた。

そんなじぷたが、山火事で頼りにされ、大きな仕事をやってのける。

そんなストーリーに男の子達の心はくすぐられるみたいです。
じぷたが山火事に向かうくだりでは、お話にスピード感もあり、どんどんひきこまれます。
男の子達は、目も口を開けたまま見入ってくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 個性的  投稿日:2009/10/25
きゅうりさんあぶないよ
きゅうりさんあぶないよ 作・絵: スズキ コージ
出版社: 福音館書店
絵に惹かれて、いわゆるジャケ買いをしました。
ずーっと眺めていられます。
文章も単純な繰り返しのみで、絵を見ながら色々想像を膨らませられます。

3歳の女の子に見せると…

「こわい〜」と言われました…

もうちょっと大きくなったら再度チャレンジしたいと思います。
きっと魅力を分かってくれるはず!!
参考になりました。 0人

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット