オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

どんぐりあめさんの公開ページ

どんぐりあめさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男2歳 女0歳

どんぐりあめさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 図書館で  投稿日:2010/03/24
なのなの
なのなの 作: 内田 麟太郎
絵: 大島 妙子

出版社: 童心社
数冊借りようと絵本を選んでいたら、2歳の息子がこれを持って「はいっ」と渡してきました。
気に入った様なので借りて読んでみたら「なのなのー」と喜んで見ていました。

何を見ても「ぽん」と言う男の子がかいじゅうの「なのなの」だけは名前で呼ぶ。そしてなのなのとお別れした後はまた「ぽん」といいます。

子供って区別がついてるはずなのに同じ言葉を言ったりしますよね〜
でもなのなのだけはちゃんと「なのなの」って言うのは、
ひねくれてる訳じゃなく、そう言いたいんでしょうね。
なんでも「ぽん」と言いたいけど「なのなの」だけは「なのなの」とちゃんと呼びたいんでしょう。
これを読んで、そんな時は無理に○○でしょ?って自分の子に毎回言い正さなくてもいいのかなって思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムにのって  投稿日:2010/03/24
さよならさんかく またきてしかく
さよならさんかく またきてしかく 作: 松谷 みよ子
絵: 上野 紀子

出版社: 偕成社
NHKのにほんごであそぼで「さよならさんかくまたきてしかく〜」と歌っているのを知っていたので息子も大喜び。
言葉はちょっと違うのもあるけど、私も子供の頃に言葉遊びで口ずさんでたような記憶があります。
母は懐かしく、子供は新しく楽しめた一冊でした♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほのぼの  投稿日:2010/03/24
ねこのポグとことり
ねこのポグとことり 作・絵: ジェーン・シモンズ
訳: 吉井知代子

出版社: 文溪堂
2歳の息子が大好きな本です。
寝る時によくこの本を選んで読んでとせがんできます。

ねこのポグは小鳥さんの歌う歌が大好き、そこにねこのプティが遊びにきて小鳥さんは逃げてしまいます。
プティは小鳥をおどかして遊ぼうと言い出し、ポグは少し迷ったけど一緒に遊ぶことに。
翌朝、あの小鳥は歌を歌ってくれませんでした。
ポグは悲しくなって小鳥達がきてくれるようにただひたすら待ちます。
最後は謝ってまた素敵な歌を歌ってもらうという話。

色使いも綺麗だし、絵本のカット割りもあったり、大人も楽しめました。
読んでてもほのぼのとして心が癒されるし、
最後の終わり方が外国の方らしい発想な〜と思い思わず笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ファーストブック  投稿日:2009/12/05
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
長男の3ヶ月検診の際にブックスタートとして自治体よりこの「がたんごとんがたんごとん」をプレゼントとして頂きました。

内容も絵もシンプルでわかりやすく「がたんごと〜んがたんごと〜ん」「のせてくださーい」の単調な繰り返しが子供には良かったみたいです。

「しゅうてん」まで行くと必ずまた最初から読んでとせがみます。

長男は2歳になりましたが、今でも読んであげると喜んでくれる絵本の1つです。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット