モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

大佛 次郎(おさらぎじろう)

大佛 次郎(おさらぎじろう)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

スイッチョねこ

スイッチョねこ

作:大佛 次郎  絵:安 泰  出版社:フレーベル館  本体価格:¥880+税  
発行日:1975年  ISBN:9784577003077

1件見つかりました

大佛 次郎(おさらぎじろう)さんの作品のみんなの声

  • 4〜5歳ぐらいの子に重ねて見える

    私が子供の頃から出ていた絵本みたいですが、私自身も初めて子供と一緒に楽しく読みました。 年少向けの絵本にしては字数は多く、絵本の書き出しも幼児にはちょっと難しいかも知れませんが、愛らしい猫のイラスト・・・続きを読む

  • 猫のいる風景

     いたずら子猫のしろきち。ある秋の日、きれいな声で鳴く虫を食べてしまいます。するとその虫が,しろきちのお腹の中で鳴き出してしまいます。  作者の大佛次郎は,「鞍馬天狗」の作者で,猫好きで有名だっ・・・続きを読む

  • スイッチョねこを忘れられない

    僕(42歳)が子供の頃読んだ本です。 子猫が白猫のお母さんに連れられてトラ猫のお医者さんに連れられて いったのが印象的でよく覚えています。 もう一度読んでみたいです。・・・続きを読む

  • やんちゃな子猫

    食べたらいけないと言われたら食べたくなってしまうのが やんちゃな子猫の性格なのでしょうね。 おなかのなかで「スイッチョ」と虫が鳴くなんてきっとびっくりしたことでしょう。 お母さん猫も心配した・・・続きを読む

  • たいへんだったね。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    秋、虫の声を聞きながら、おかあさんねこに言われた、三匹の子ねこたち。「虫をとるのはよいけれど、食べるのはおよしなさい。あたって、おなかを悪くする虫もいますからね。」 でも一匹のいたずらな白いねこは、・・・続きを読む


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット