もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
おはよう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはよう

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おはよう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1996年
ISBN: 9784783402381

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「おはよう」は、新しい一日とおたがいのこころを開くことば。はじめて「おはよう」が言えるようになった子ねこの喜びがいきいきと伝わってくる絵本です。

おはよう

ベストレビュー

「おはよう」となかなか言えない子に☆

娘が4歳のときに図書館で借りてきました。

この絵本の主人公は、まさに娘そのもので、「おはよう」と言われても返事しなかったり、なかなか挨拶できなかったり...と。

娘はどちらかというと人見知りもあり、慣れるのに時間のかかるタイプです。でも親としては挨拶はきちんとしてほしいと思っているので、最近では声に出して挨拶するように言っています。

まさにその練習中!この絵本に出会いました。
この絵本で惹かれたところは、「おはよう」と言われた主人公が返事ができなかったけど、「うれしかった」と思っているところ。最初は上手くいえなくて失敗するけれど、めげずに練習してたくさん言うところ、だと思います。

文章そのものは短いし、ストーリーは短いので、赤ちゃんから楽しめると思います。
1歳の下の娘も、主人公のねこのぼうやの真似をして、なんとなく「おはよう」に近い言葉をしゃべっています!!
(akinoさん 20代・ママ 女の子4歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん / イソップどうわ / ラプンツェル / 3びきのこねこ / ピノキオ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

おはよう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット