だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
かえってきたおとうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえってきたおとうさん

  • 児童書
作: E・H・ミナリック
絵: モーリス・センダック
訳: 松岡 享子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1972年
ISBN: 9784834003451

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

くまくんのお父さんはりょうしです。きょう海から帰ってくるのです。もしかしたら人魚姫をつれて? くまくんの友だちの動物たちの空想がどんどん広がっていきます。

ベストレビュー

しゃっくりの止め方知ってますか?

こぐまのくまくんシリーズの絵本です。4つのお話しが入っています。中でも「くまくんとしゃっくり」は子供たちのお気に入りでした。「ひっく!」しゃっくりが出たくまくんに「お水を飲みなさい」おかあさんが言います。しゃっくりは止まりません。やって来たふくろうくんに聞くと「水を飲むのもいいけど、一緒に息も止めないと」って言うので、やってみてもやっぱり止まりません。今度はねこが背中をどんと押すのですが・・・。しゃっくりは子供にとっても不思議なものなので読んでいると「ひっく!ひっく!」って真似をしていましたよ。幼稚園くらいのお子さん向けでしょうか。
(かあぴいさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


E・H・ミナリックさんのその他の作品

おじいちゃんとおばあちゃん / けんかしちゃだめ!かんじゃだめ! / こぐまのくまくん / くまくんのおともだち / だいじなとどけもの

モーリス・センダックさんのその他の作品

そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう? / ムーン・ジャンパー / ぼくはきみで きみはぼく / くま! くま! くまだらけ

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



ハッピーなおやすみのえほん!

かえってきたおとうさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット