ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひな祭りの知識も学べる!
ととくろさん 30代・ママ

ひなまつり定番で☆
たちもとみちこさん絵のこの行事シリーズ…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ライオンのおもさ はかれる?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンのおもさ はかれる?

  • 絵本
作・絵: ロバート・E・ウェルズ
訳: せな あいこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784566006515

小学校低学年〜
21X28.8cm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

すごい力もちじゃないと、ライオンはもちあげられないよね。なぜなら重力がはたらくからなんだ。でも“てこ”があればだいじょうぶ! 車輪や滑車もやくにたつよ。重力のはたらきについて、身じかなことからやさしく解説。ユーモラスに解き明かす科学絵本。

ベストレビュー

てこの原理

ライオンから始まる重さくらべの内容かと思っていたのですが、ライオンの重さをどうやって量るのか?という内容でした。
だから、てこの原理や重力や摩擦のおはなしがばんばん出てきます。

あのころ(学生時代)だったら分かっていた内容ですが、今ではすっかり
「してん、りきてん、さようてん?」
になってしまったので、この本で改めて学習したことを思い出す形になりました。
ちょっと難しい内容だったのですが、分かりやすく面白く説明されているので、読んで楽しかったです。

でもさすがにうちの子には難しすぎたので、これはまた小学生になってから読んだほうがよりいいかな?と思いました。
(AAさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・E・ウェルズさんのその他の作品

ホッキョクグマくん、だいじょうぶ?北極の氷はなぜとける / 数ってどこまでかぞえられる? / シロナガスクジラより 大きいものって いるの? / チーターよりはやくはしるのは だあれ? / チビトガリネズミより小さいもの なあんだ?

せな あいこさんのその他の作品

かわいがってくれるの、だあれ? / なんでもだっこ / 女王さまのぼうし / おねがいパンダさん / やっぱり ノミタくん! / あたし、うそついちゃった



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ライオンのおもさ はかれる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット