もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
海がやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海がやってきた

  • 絵本
作: アルビン・トレッセルト
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: やましたはるお
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「海がやってきた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784776402404

26×22cm 26頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

朝はやく、やわらかな灰色の霧がまだ空にかかるころ、船長気どりの少年がひとり、海のほうへとあるいていきます。うちよせる波、灯台船からきこえる霧笛、浜辺をとびはねるハマトビムシ。少年はいちばんのりの海を探検します!初夏の海を、少年の目をとおしてさわやかに描いた作品。詩のような美しい文章といきいきとした絵が魅力です。ゴールデンコンビがおくる、夏にぴったりの絵本!

ベストレビュー

助詞はむずかしい

 文章を書く時、助詞には気をつけなさいと教えられる。
 この絵本のタイトルでいえば、「海が」の「が」は使い方としてはおかしいのではないか。
 正しく書けば、「海に」ではないか。
 しかし、この絵本の主人公の男の子、ティモシイ・ロビンズ君、の気分でいえば、やはり「海がやってきた」なんだろう。
 そして、それは多くの男の子が夢見る未踏の地へのあこがれのようなものだったのではないだろうか。
 何しろ、最後に「波うちぎわの、かたくしめった白い砂に」自分の名前を書くなんて、ちょっとした冒険家のようだもの。

 その日の朝早く、男の子はまだ空に灰色の霧がかかっている頃、海に向かって歩きだすところから始まる。
 彼のあたまには「船長きどりのふるい帽子」までのっかっている。
 朝早いので、砂浜には誰もいない。
 男の子が一番のり。
 だから、そこでみる生き物たちも彼が最初に見つけたものたちばかり。
 海辺で拾った貝殻を耳にあてると、海の歌が聞こえたりする。
 しだいに海の潮がふくれてきて、海辺にはたくさんの人が集まってくる。
 そんな人たちのそばで、男の子は砂の城をつくったりする。
 この子は騎士だ。
 けれども、海はもっともっとあふれて、大きな波をうちよせる。

 ロジャー・デュポアザンの単調な線の、けれど生き生きとしたラインの、それは青の単色でも色鮮やかな多色でも素敵な絵が、男の子の、まるで冒険家のような気持ちを上手に表現している。
 だから、この絵本はやっぱり「海がやってきた」で正しいのだ。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

アルビン・トレッセルトさんのその他の作品

きりのなかのかくれんぼ / てぶくろ / きんいろのとき / 大きな木のおくりもの / しろいゆき あかるいゆき

ロジャー・デュボアザンさんのその他の作品

ハッピーハンター / サンタクロースのはるやすみ / ベロニカとバースデープレゼント / ひとりぼっちのベロニカ / かばのベロニカ / クリスマスの森

やました はるおさんのその他の作品

ジャック船長とちびっこかいぞく / わたしのすてきなクリスマスツリー / しましまとぽちぽち / 小さい りょうしさん / カロリーヌはめいコーチ / かっとびジャック ツリーはこびのまき



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

海がやってきた

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット