しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
わたしのぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのぼうし

  • 絵本
作・絵: さのようこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1976年7月
ISBN: 9784591004999

幼児〜小学中級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

赤い花のついたわたしのお気にいりのぼうし。ところがある日、そのぼうしが汽車のまどからとんでいってしまったのです。
1977年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書<小学校低学年の部>
1977年度講談社出版文化賞絵本賞
全国学校図書館協議会第21回選定「よい絵本」

ベストレビュー

繊細なこどもの気持ち

電車に乗って窓から外を見ていたら、風が帽子を飛ばしてしまった。ずっと使っていた帽子。
翌日、おとうさんが新しい帽子を買ってきてくれた。でもあまりうれしくない。だってそれは「わたしのぼうし」ではないんですもの。

娘が大きくなってこんな場面に遭遇したら。
新しく買った帽子を喜んでくれない、なかなかかぶろうとしない。そんな小さな心の奥を汲み取ってあげられるだろうか。
この女の子の両親の反応はよくわからないけれど。私ならイライラしてしまうかもしれない。

小さな心の傷に気がついて、付き合ってあげられる。
そんなお母さんになりたい。

(佐保姫さん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さのようこさんのその他の作品

ポップアップ とうさんはタツノオトシゴ / ねぼけてなんかいませんよ / ぼんぞうののぞきだま / カンガルーの子どもにもかあさんいるの? / こんにちは あかぎつね! / ふじさんとおひさま



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

わたしのぼうし

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット