おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
落語絵本 13 ひとめあがり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

落語絵本 13 ひとめあがり

  • 絵本
作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「落語絵本 13 ひとめあがり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784861011191

A4判 24頁

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「落語絵本制作のひみつ」新作の完成まで!

みどころ

『ひとめあがり』とは「ひと目上がり」。目が上がっていくいう
おめでたい噺なので新年に演じられるそうです。(川端誠さんのあとがきより。)
そういう事を聞くだけでも、落語の面白さと奥深さを感じてしまいますね。
という訳で、舞台はお正月。新年のあいさつに出かける八つぁんですが・・・。
ぽんぽん交わされる会話の面白いこと!声に出して読んでいると、
何だか江戸っ子になった気分になれたりするのも気持ちいい。
トンチンカンな事を言ったかと思うと、たまに納得するようなユニークな事も言う。
八つぁんのこの人柄も噺の魅力の一つです。

それでもやっぱり、絵本ならではの見所が盛り沢山!
何と言っても次々と登場する「掛け軸」はそれぞれ一見の価値あり、なのです。
江戸のお正月の雰囲気を味わえますし、あっと驚くゲストも登場します。
読んで笑って眺めて・・・存分に味わってくださいませ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

正月で、仕事は休み。八五郎は、髪を結い、新しい半纏(はんてん)で、年始まわりに出かけます。
ご隠居の家のにぎやかなお正月飾りが珍しく、話を聞くうちに、掛け軸をほめると、どうやら自分の株もあがるらしい…。張り切って町内を巡って、掛け軸を見せてもらいほめてるつもりが、トンチンカンなことに!?

★ひとこと秘話
八五郎が訪ねる先々で、いろんなお正月飾りが描かれています。
ご隠居、大家、和尚、棟梁(とうりょう)、師匠…。
それぞれの職業や家風にあわせて、正月飾りや道具を描くのが川端さんのあそびどころ。

ベストレビュー

ちょっと難しいけど、楽しめました!

川端さんの落語絵本が大好きな10歳の息子と読みました。

今まで何冊も読んできたけれど、この「ひとめあがり」は
ちょっと難しいかな、と心配でしたが、
最後のオチまできちんと理解できていた息子。

三といえば詩、四といえば語、五といえば録、といったふうに、
かけじくを褒めるごとに、自分が言った数字の一つ上の数字と
同音の言葉を言われ、とまどう八さんの姿が、
とっても面白いです。

詩、語、録、といった言葉を理解できないと楽しめないので、
小学校中・高学年向きかなと思います。

各ページに出てくる掛け軸の内容も結構面白くて、
息子はさすがにそこまでは余裕がなかったようですが、
私にはそんな細部までこっそりと楽しめた一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

川端 誠さんのその他の作品

野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂 / 川端誠落語絵本セット(全15巻)



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

落語絵本 13 ひとめあがり

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット