となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
紙芝居 チョコレートカステラだいじけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 チョコレートカステラだいじけん

作: かこ さとし
絵: 北田卓史
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「紙芝居 チョコレートカステラだいじけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1975年03月
ISBN: 9784494078417

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

広場に大きなチョコレートクリームのついたカステラが落ちていました。
はじめにみつけたのはありんこのチイちゃんたちでした。

ベストレビュー

ついつい引きずり込まれてしまう・・・

息子が保育園で読んで面白かったと、図書館でリクエスト。
いつもは紙芝居に心の中で難色を示す私ですが、
かこさとしさん作とあって、
大賛成で借りて来ました。

神社に落ちているチョコレートカステラをめぐって
アリンコさん達の話が進んでいきます。
消防や警察、救急車等総動員で、
チョコカステラを処理しようとするアリンコさん達。
いろいろ頑張ったけど最後は犬に一瞬で食べられ、
大泣きをするのでした。

「みんな頑張ってたのは結局チョコが食べたかっただけかい!?」と
つっこみたくなる最後のあっけないオチ、
かこさとしさんらしくてとってもいいなあと思いました。

さらに、
そんなはずないと分かっていても、
もしかしたらアリさんたちの世界では本当にこういうことが・・・!?
と、思ってしまいそうになるところ。
大人でさえ物語に引きずり込まれてしまうのは、
かこさとしさんの作品の魅力です。
紙芝居を読んでいる間、チョロっと5歳の息子の反応を
観察していましたが、
本当に眼をキラキラさせて紙芝居に見入っていました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かこ さとしさんのその他の作品

こまったこぐま こまったこりす / あさですよ よるですよ / あかですよ あおですよ / コウノトリのコウちゃん / こどものとうひょうおとなのせんきょ / 世界の化学者12か月

北田卓史さんのその他の作品

ゆめの中でピストル / つなひきライオン / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 白いぼうし / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 春のお客さん / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 星のタクシー / 日本むかし話(10) だいくとおにろく



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

紙芝居 チョコレートカステラだいじけん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット