だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
だぶだぶ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だぶだぶ

作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「だぶだぶ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年03月
ISBN: 9784834015027

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・28jページ

出版社からの紹介

お下がりの服に大むくれのけんぼう。でもイヌやネコをだぶだぶのポッケや帽子に入れて森に行くと、オオカミが顔を出しました。

ベストレビュー

助かった!

だぶだぶのお洋服と、ポケットに入れてあげたねこさんと犬さん、それ

にだぶだぶの帽子とはとさんのお陰で命拾いしたけんぼうでした。

にいさんのお下がりだと、子供の頃だと嫌だなあって思っていたので

何だかとても親近感が持てました。

今だとお下がりを頂けるととても助かるので嬉しい私です。

おおかみさんが、ちょっとお気の毒のような気もしないではないですが

笑える話でよかったです。

おおかみさんの表情を見ていると楽しくなりました!

仲間と協力する姿もとても頼もしかったです。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / なきむしおばけ / ひとりぼっちのりんごのき / かみなりゴロスケ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

だぶだぶ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット