ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

だぶだぶ」 みんなの声

だぶだぶ 作・絵:なかの ひろたか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1998年03月
ISBN:9784834015027
評価スコア 4
評価ランキング 18,246
みんなの声 総数 11
「だぶだぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 助かった!

    だぶだぶのお洋服と、ポケットに入れてあげたねこさんと犬さん、それ

    にだぶだぶの帽子とはとさんのお陰で命拾いしたけんぼうでした。

    にいさんのお下がりだと、子供の頃だと嫌だなあって思っていたので

    何だかとても親近感が持てました。

    今だとお下がりを頂けるととても助かるので嬉しい私です。

    おおかみさんが、ちょっとお気の毒のような気もしないではないですが

    笑える話でよかったです。

    おおかみさんの表情を見ていると楽しくなりました!

    仲間と協力する姿もとても頼もしかったです。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑っちゃ悪いと思いますが

     おさがりは、ジャストフィットなら、あまり抵抗がありませんが、だぶだぶだとね〜、嫌な言葉を一つや二つかけられた経験もあるでしょうね。
     このお話のけんぼうも相当だぶだぶのおさがりを来てのお散歩です。
     笑っちゃ悪いと思いますが、ホント大きすぎ。

     でも、だぶだぶにも良いことがたくさんあるんですね。
     お友だちは増えるし、とてもスリリングな体験はできたし、よかったよかった。

     ここでも、おおかみは痛い目にだけ遭っていますね。
     おおかみさん、大声出して笑ってすみませんでした。
     お大事に。

     表紙を見たとき「ユーレイ」といってちょっと怖がっていた3歳の息子。
     読み終わって、表情豊かなおおかみくんを見直し、笑っていました。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさがり

    おさがりのだぶだぶの服をテーマにしたお話です。

    幼児クラスで読み聞かせをした時、始めはあまり反応がありませんでした。
    しかし、オオカミが失敗する所では、子ども達は笑い、楽しんでみてくれたのが印象的でした。

    おさがりの服は珍しくはないと思いますが、“けんぼう”等と今では使わないような言葉が出てくるので、子ども達には伝わりにくかったのかもしれません。

    ちょっと昔に戻って、楽しんでみる価値がある絵本だと思います。
    一度は子ども達に、読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • だぶだぶを楽しんでますね

    おさがりの洋服なんか着たくないけれど
    お母さんに言われてしぶしぶ着て出かける男の子。
    道々で色んな動物たちに出会って
    徐々に楽しむようになっていくところが面白いな〜と思ってみていたら
    あららら!とんだハプニング。
    でもやっぱりだぶだぶの洋服に助けられるんですよね。
    ハラハラどきどきな場面をはらんだ楽しい絵本だと思います。
    ドタバタなラストも子どもの好きなテイストではないかと思います♪
    ただ一人っ子の娘には“おさがり”っていう意味が分からなかったようです。
    説明しても「???」って感じでした^^;

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お下がりの洋服が・・・。

    兄弟がいるうちならどこでも見かけるシーンから始まります。
    サイズの合わない服を着る載って、確かに嫌ですよね。
    この絵本でも、まだぶかぶかのお兄ちゃんのお下がりを着る様にお母さんに言われてふてくされる弟訓が主人公。
    ラストは「ブレーメンの音楽隊」を思い出すような面白い展開に。
    お下がりを着るのも嫌なことばかりじゃないよ、と思わせてくれる一冊でした。

    掲載日:2008/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • だぶだぶ・・よかったね

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    『だぶだぶ』『けんぼう』おやっ・・言葉が古いかな??と読んでみました。

    『けんぼう』という名前にこどもたちは面白さをかんじたようです。
    けんぼう・・なんてなかなか言わないですよね〜

    けんぼうが遊びうに行こうとすると『寒いでしょ!』とお兄ちゃんのおさがりのだぶだぶの上着と帽子を着せられてしまいました。

    だぶだぶ・・・嫌だなぁ〜と歩いて行くとが思わぬ楽しいことに・・

    お下がりの多い下の子にはよーくわかってこんな風になればいいなぁって楽しいお話だと思います。

    見たら1970年の発行!
    面白いお話はいつまでもやっぱり・・面白いんだと思いました。

    掲載日:2007/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でも一長一短

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    お兄ちゃんのお古のダブダブの服や帽子が気に入らない、けんぼう。
    “けんぼう”っていうのは愛称で、きっとケンタくんとかケンイチくんとか
    そういった類の名前なんでしょうね。

    いやいや着て出かけたダブダブの服に助けられたというお話。
    ダブダブだからこそ、犬や猫や鳩を入れてやることが出来たんですものね。
    ものには一長一短があるという教訓かな。

    掲載日:2006/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんぼうってなに?

    • おやじ虫子さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子9歳、男の子7歳、男の子5歳

    この「けんぼう」。
    男の子なんですが、最近「○○坊」という言い方をしなくなりましたね。
    下の子は男の子のことだと気付かずに「けんぼうってなに?」と不思議そうにしてました。

    森へ探検に行きます。
    そして、オオカミに食べられそうになりますが、
    森へ来る前に、「だぶだぶ」のポケットと帽子に入れてあげた
    ネコとイヌ、ハト、そしてだぶだぶの上着のおかげで〜助かったのでした。

    オオカミが失敗するところは、やっぱり子どもは大好きなんですね。
    うれしそうに声をあげて笑います。

    そして、読み終わると「家に帰って飼うんじゃない?」と。
    なんか久しぶりに、物語のその後〜の話をしてくれました。

    掲載日:2006/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかのひろたかさんって息が長い

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    私が子供のころに読んでいた(読んでもらっていた?)ボロボロの本を、今度は自分の子供たちのためにひっぱり出してきて「あれ、この絵って『ぞうくんのさんぽ』に似てる」と思ったら、やっぱりなかのひろたかさんでした。ずいぶん昔から活躍しておられたのですね。この本も非常に親しみやすく、うちの子たちは3歳のころから気に入っていました。「さむいからきていきなさい」と母に言われていやいや着ていったお下がりと、動物たちのおかげでピンチを乗り切るという、子供の大好きな展開です。おかげで我が家の子供たちは公園の林でさえ「おおかみ、出てくる?」と言ってます^^;

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみだ!やっつけろ

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     チョットしたスリルがあって面白かったですよ。男の子を守る猫と犬と鳩。オオカミの追って来る感じもドキドキして良かったです。息子に、もう1回読んで!と言われたので、息子にも面白かったようです。

    掲載日:2004/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット