話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
フロプシーのこどもたち

フロプシーのこどもたち

  • 絵本
作・絵: ビアトリクス・ポター
訳: いしい ももこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥770

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※こちらは、2019年11月に装丁がリニューアルされた新版となります

作品情報

発行日: 2019年11月01日
ISBN: 9784834084825

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

ベンジャミンは、大人になって、いとこのフロプシーと結婚し、たくさんの子どもに恵まれました。あるとき、ベンジャミンと子どもたちが、マグレガーさんのゴミ捨て場に行くと、れたすがたくさん捨ててありました。れたすをどっさり食べた子どもたちは、その場でぐっすり眠ってしまいますが、そこへやってきたのがマグレガーさん。子どもたちを袋の中へ入れてしまいます。その窮地を救ったのは、通りがかりの野ねずみでした。

ベストレビュー

小うさぎたち、負けるな!

ピーターラビットのお話シリーズの第3話。
このシリーズって、ピーターが主役を務めるのは第一話のみ。2話はいとこのベンジャミンだし、この3話はピーターの甥や姪たち。1話完結ですが、シリーズで読むとピーターの住む村の様子がわかってとてもおもしろいです。
この3話は、宿敵マグレガーさんに小うさぎたちが捕まってしまい、トマシナ・チュウチュウ(ねずみ)が助け出してくれるというもの。
1話から順に読んでくると、このマグレガーさんとうさぎたちの確執がよくわかります。うさぎたちにとって、マグレガーさんは憎き敵ですが、マグレガーさんの被害も相当なもの。現実には笑い事では済まないでしょうが、絵本ではとてもおもしろく読めました。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
935円
2,970円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
385円
528円
770円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

フロプシーのこどもたち

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら