だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
いちごだいふくちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちごだいふくちゃん

  • 絵本
作・絵: わたなべ あや
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「いちごだいふくちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784569780146

幼年から
B5判変型上製

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

冬のある日。いちごだいふくちゃんは、おばあちゃんの家に遊びに行きました。いちごちゃんは、おばあちゃんの作ってくれる、いちごだいふくが大好きなのです。ところが、今日はありません。いちごちゃんの悲しい顔を見たおばあちゃんは、和菓子やさんに出かけて行きました。「いちごは、おばあちゃんのいちごだいふくが食べたかったのに……」いちごちゃんが、残念そうにしていると、「ぼたっぼたっぼたぼた…」と、どこからか不思議な音が聞こえてきました。音のするほうへ近づいていくと、なんと! タンスからだいふくが落ちる音でした! うれしくなったいちごちゃんは、たくさんのだいふくをほおばり、どんどん膨らんでいき……いちごだいふくちゃんになっちゃった! すると、きなこだいふくちゃんやまめだいふくちゃんがあらわれて……!?

食べ物を主役としたナンセンス絵本で活躍中の著者が描く、笑いとかわいらしさがたくさんつまった、おいしい絵本。

ベストレビュー

大福だいすき

このお話は大福が大好きないちごという名前の女の子が、タンスの中からいきなりあふれてきた大福に飲み込まれて、自分はイチゴ大福になっちゃったというお話でした。他の味の大福も一緒になって大福でできた雪遊びを楽しそうにしているのがかわいかったです。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

わたなべ あやさんのその他の作品

えだまめきょうだい / も・や・し〜! / ないちゃったまねぎ / レッツゴーおべんとう! / ショコラくんのおこさまランチ / かたづけやさーい



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

いちごだいふくちゃん

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット