もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
さすらい猫 ノアの伝説
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さすらい猫 ノアの伝説

  • 児童書
作: 重松 清
絵: 杉田 比呂美
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「さすらい猫 ノアの伝説」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784062162913

ページ数:231

10〜11歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

「にゃあん」
あなたのクラスはノアに選ばれました!
黒猫が、首に風呂敷包みを巻きつけて、教室にやってきた。「こんにちは」と、ビー玉みたいにまんまるな目で見つめてる……。

ノアはきっと、あなたたちのクラスが忘れてしまった大切なことを思いださせてくれるはずです――。

ベストレビュー

すっきり子どもドラマ

重松清さんの小説は追いかけるようにして読みあさっているのですが、子ども、少年、青年と精神面の捉え方、教育観が強い芯がある作品ばかりと思います。
時折、それが大人未満の彼らの問題点をさぐる形にあるのですが、とても痛快に和ませてくれる作品も数えきれないほどあります。
安心して読めるのですが、この作品は小学生新聞に掲載したものということで、立ち位置をぐっとひきさげて書かれています。
さすらい猫ノアが進行役ですが、健太、亮平、凛々のトリオが代用教員のユッコ先生の頼りなさを救いクラスをまとめていくドラマ。
テンポといい展開といい歯切れよく進行していくので、軽々に読めます。

自分たちにとって大事なものは何?
解決は自分たちの力ですること。
子どもたちへのメッセージがしっかりしているので、誰にでもうけいれられやすいのではないかと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


重松 清さんのその他の作品

ゼツメツ少年 / きみの町で / <よりみちパン!セ>みんなのなやみ 2 / 卒業ホームラン 自選短編集男子編 / <よりみちパン!セ> みんなのなやみ / おじいちゃんの大切な一日

杉田 比呂美さんのその他の作品

ゆうだちのまち / ぼくたちの相棒 / 続・12月の夏休み / 12にんのいちにち / 謎の国からのSOS / 宇宙犬ハッチー



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

さすらい猫 ノアの伝説

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 2
  • 大人 3



全ページためしよみ
年齢別絵本セット