新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ガルドンのながぐつをはいたねこ

ガルドンのながぐつをはいたねこ

作・絵: ポール・ガルドン
訳: てらおか じゅん
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

「ガルドンのながぐつをはいたねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784593500758

この作品が含まれるテーマ

この人もおすすめしています

【辰野町立図書館 吉澤さん】
 この本が大のお気に入りだった長男は、主人公のネコ「プス」になりきっていました。入園前の面接では、名前をきかれて、「プス」と答えました。フルネームで呼ばれた時には、「にゃーご」と返事。そして大きくなったら何になりたいと聞かれると、即座に「ねこ」。思い出がいっぱいの本です。最後のページ、プスが、長靴を脱いで、クッションの上でくつろぐ顔の得意げなこと。長いお話ですが、最後まで飽きません。ガルドンの絵も、お話の雰囲気にぴったりです。  それにしても、長靴の色が赤だったなんて、このネコに名前があったなんて、しかも黒猫だったなんて・・・。知りませんでした。表紙のプスはいかにも賢そう。家のネコならいいけれど、敵に回すとこわいぞ。

ベストレビュー

絵が素敵な絵本です

「ながぐつをはいたねこ」はとても有名な童話だけど、
この絵本は少し長めのお話と、素敵な絵で、
物語の中にグングン引き込まれていく感じがします。
子供の時に知っていた「ながぐつをはいたねこ」よりも、
深く細かく物語の描写がされていて、
子供よりも大人向けなのかな、とも思いますが、
2歳5ヶ月の息子も気になったのか、
「ねこさん、よんで〜」と持ってきて、
読んでやると横で聞いています。
お話が長いので、すぐ飽きちゃうみたいですが、
息子がもう少し大きくなったら、
しっかり親子で読みたいと思っています。
(夜野 碧さん 30代・ママ 男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,100円
1,210円
1,430円
528円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
275円
550円
440円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ガルドンのながぐつをはいたねこ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら