すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ガルドンのながぐつをはいたねこ」 みんなの声

ガルドンのながぐつをはいたねこ 作・絵:ポール・ガルドン
訳:てらおか じゅん
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1978年
ISBN:9784593500758
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,391
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このねこもいいです!

    我が家が購入した「ながぐつをはいたねこ」はハンスフィッシャーの絵本ですが,こちらポールガルドンの「ながぐつをはいたねこ」もまた味わいあっていいですね!
    ちょっと生意気そうな賢いねこの表情がにくいです(笑)。
    「ながぐつをはいたねこ」は有名なお話でたくさんの方々が描かれていますが,イラストによって雰囲気や味わいが違うので,読み比べてみるととても面白いですね。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情豊かなねこ

    よく知られているおはなしですが、挿絵によってずいぶん印象が変わると思います。私はポール・ガルドンの軽快な挿絵で楽しめるこの絵本が大好きです。
    特にねこの表情がいいです。得意げな顔や、驚いた顔など、豊かな表情を見ているだけで心躍ります。
    子どもたちもこの絵本が大好き。すこし長めのお話ですが、生き生きとした挿絵につられてか、飽きずに最後まで集中してきいてくれます。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長ぐつがこのネコらしい

    フィッシャー書いた「ながぐつ〜」のねこより狡猾な感じと

    いうか気位が高そうな感じです。

    長ぐつも赤で洒落た感じでこのネコらしいかな。

    色々な人の訳や絵で読み比べてみるとそれぞれの特徴や

    捉え方が同じ話でも違うので勉強にもなりますね。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコのたちまわり

     おなじみの、ながぐつをはいたねこ、ストーリーはわかっていても楽しいです。たくさんの絵本がでていますが、それぞれちがっています。
     この絵本のネコは、上から目線の感じがおもしろいなと思いました。
    どんなところでも、うまくたちまわるネコに、苦笑いしながらも感心してしまいます。最後は、ハッピーエンドなのがいいですね。
     お城で暮らすことになったネコは、その後どうなったのか気になります。

     ネコも登場人物もみんな、いきいき描かれていておもしろかったです。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ!

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子6歳

    「ながぐつをはいたねこ」の絵本は、それはそれは数多くありますが、自信を持って勧めたい一冊です。絵本としては、長めのストーリーですが、飽きずに引き込まれる読み応えのある物語です。そして、絵もそのストーリーにしっかりマッチしていて素敵です。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと生意気なネコ

    『長ぐつをはいたねこ』は様々な絵本があって、ついつい読み比べてしまいました。
    作者の描き方で随分と違った雰囲気になるので、楽しみもいろいろ。

    ガルドンのネコは、ちょっと食わせ物。
    ご主人に従順なわけではなく、自分の思いのままに話を展開しているようです。
    この本については、王様が人の良いおじさんに描かれているからか、ネコのちょっと上から目線のような、ずるがしこいような様が表に出ているようです。
    やり手のネコの「プス」。
    「puss」はネコのことですから、決して名前ではないのですが、あえて名前としてプスを使ったのは、それだけネコの存在感を強くしたかったからでしょうか。

    掲載日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなネコは怖い

    長いお話ですが、そのぶんだけ面白さがあるように感じます。
    表紙のネコの姿が、インパクト大でしょう。
    「にっ」と口もとは笑っているのに、目は笑っていない・・・腕も足も組んで、一癖も二癖もありそうに見えました。
    その印象は間違っていなかったと思わせる、お話でした。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃イメージしていた通りのねこが!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    子どもの頃から「ながぐつをはいたねこ」のお話が大好きです。
    でも、今まで読んできた絵本や童話の「ながぐつをはいたねこ」の中で、この絵本が一番好みでした!!
    なんで、子どもたちが小さいうちにこの絵本に出会わなかったかな〜。、それがとても悔しいです。
    いえ、もちろん小中学生の今でも、いい本はいい本として見てくれますが、なんていうか、「感動」の度合いがもっと小さいうちに読んであげたかったな〜。と思いました。

    ガルドンのねこの絵って、どれもホントにお茶目で素敵ですね!
    特にこの絵本のプスは、私が子どもの頃から想像していた「ながぐつをはいていたねこ」の描写や動きを見事に表現してくれていて、
    「そうそう!こんな感じにこうしてたのよ〜」と、ワクワクせずにはいられませんでした。

    これは、機会を作って、たくさんの子どもたちに読みがたっていきたい大好きな絵本の1冊になりました。
    読み語りなら、幼稚園くらいから小学校高学年までお薦めします。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵な絵本です

    「ながぐつをはいたねこ」はとても有名な童話だけど、
    この絵本は少し長めのお話と、素敵な絵で、
    物語の中にグングン引き込まれていく感じがします。
    子供の時に知っていた「ながぐつをはいたねこ」よりも、
    深く細かく物語の描写がされていて、
    子供よりも大人向けなのかな、とも思いますが、
    2歳5ヶ月の息子も気になったのか、
    「ねこさん、よんで〜」と持ってきて、
    読んでやると横で聞いています。
    お話が長いので、すぐ飽きちゃうみたいですが、
    息子がもう少し大きくなったら、
    しっかり親子で読みたいと思っています。

    掲載日:2006/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット