庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
よーくかんがえるカエルくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よーくかんがえるカエルくん

  • 絵本
作・絵: いわむら かずお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年06月
ISBN: 9784834019810

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から
ページ数:56 サイズ:30X23cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

カエルくんは、さらにかんがえていた! 哲学するカエルくんと、彼につられて考えてしまうネズミくんの愉快なやりとりを読むうちに、いつのまにかご家庭でも一緒に哲学してしまうでしょう。シリーズ4巻目になる本書は、「いのち」「あめ」などについて、よーくかんがえます。

ベストレビュー

いのちはつながっている

今回のカエルくんのメインテーマは「いのち」。
いつものごとく、唐突にカエルくんは友達のネズミくんに尋ねます。
「いのちって、どこにある?」
そこから、いのちのある証拠について考え、「からだのなかに、いのちがあるから、生きてるんだ!」と、『手のひらを太陽に』の歌詞そのまんまみたいな答えを得ます。
カエルくんとネズミくんは、周囲にいる友達(虫や動物)を更に観察します。
その時、チョウさんが葉っぱに卵を産みつけるのを見つけました。
「たまご!たまごもいきてるの?」という、カエルくんの問に、チョウさんは答えます。
「もちろん!
 わたしのたまごは わたしのいのちよ!」(う〜ん、名言です。)
それを聞いてまた、閃いたカエルくん。
「ぼくのいのちは
 ぼくの おとうさんと おかあさんの いのち!」
いのちって、目には見えないけれど、親から子へ、そしてまたその子へと繋がっていくんだ。そんな、作者の温かい思いが伝わってくる内容でした。
いわむらさんの、一見単純で、線のはっきりしたカエルくんやネズミくんが、難しい(倫理の)世界の転回を子供でも分かるようにまとめあげてくれています。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり / ポケットえほん 14ひきのせんたく



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

よーくかんがえるカエルくん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット