しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ひょうたんハウス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひょうたんハウス

作・絵: 土橋 とし子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「ひょうたんハウス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月

対象年齢 2才から4才向き

出版社からの紹介

ひょうたん型の家に住んでいるひょうたの所に、アオッチが遊びに行きます。家の中にながーいブランコがあって、アオッチがダイナミックにのって楽しんでいる間、ひょうたがひょうたん焼きのおやつを作ってくれます。作者が手作りした人形や小物などをデジカメで撮り、カラーコピーを貼りこんで作った絵本。個性的な人形が作りだす不思議な世界が楽しめます。

ベストレビュー

侮りが足し、「こどものとも」!

またまた、こどものとも(月刊誌)からのお勧め絵本です。
月刊誌なので、まだ正式な「本」にはなっていないものの、素敵な作品がとってもたくさんあるんですよ。
この「ひょうたんハウス」も、その一つ。
我が家では、上の9歳児も、下の4歳児もすごく気に入ってくれました。
この絵本は『ぬいぐるみ絵本』です。作者自身が作ったぬいぐるみと、イラストを上手にドッキングさせて物語が広がっています。
表紙を開くと、いきなり招待状。
「アオッチへ
 あそびにおいでやす!
 ひょうたんハウスでまってるでー
           ひょうた」と、あります。
会話が関西弁なのも面白いです。
そして、魅力的なお菓子、回転焼きのような「ひょうたんやき」が登場します。
中の具はお好み次第らしいので、当たり外れがあるようです。
ホンマ、めっちゃおもろいで、見たってヤ〜。

(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

出版社おすすめ


土橋 とし子さんのその他の作品

おちゃのじかん / 箸の絵本 / キャベツ めキャベツ / にぎにぎ / ムッシーげきじょう / ダイコンの絵本



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

ひょうたんハウス

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.37

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット