庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
こぐまと二ひきのまもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぐまと二ひきのまもの

作・絵: 西川 おさむ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「こぐまと二ひきのまもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784494008278

4・5歳〜
B5変型判・20.7×22.2cm・32頁

出版社からの紹介

やさしい気持ちのまもの、ベロンとゴッシは、強いまものになるために、修業の旅にでかけました。

ベストレビュー

とってもいいヤツでした。

二匹の無邪気な魔物が、本物の魔物になる為の修行の旅に出ることになりました。
でも、この二匹はとても心が優しいやつで、うっかり人を殺してしまっては泣き、クマを襲う人間たちに怒って、立ち向かったりするのです。
目の前で母ぐグマを人間に殺された子グマの母がわりになって、育てますが…。
とってもいいお話なのですが、私は個人的に、最後まで笑える絵本が好きです。
優しさとか、いいことと悪いことの区別を教訓めいて教える難しかったり、悲しかったりするお話より、ちいさな子供たちには、最後まで笑って、ああ面白かった。楽しかった。って、思える絵本の方をより勧めたいなぁ。
二匹の魔物がとってもいいヤツなだけに、きれいな終わり方だけど、こんなんじゃない終わり方にして欲しかったです。
という訳で、評価はこんな感じになりました。

(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西川 おさむさんのその他の作品

ねぐせうらない / ピーポポ・パトロール 百本きゅうりのかっぱのやくそく / かあさんのにゅういん / もりやまみやこ童話選 2 / アイウエ動物園 3 しろくまのアンヨくん / ピーポポ・パトロール はんぶんおばけのマメンキサウルス



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

こぐまと二ひきのまもの

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット