だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
おばけのトッケビ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのトッケビ

  • 絵本
絵: 鄭スクヒャン
再話: 金森 襄作
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「おばけのトッケビ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784834021165

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

不可解な出来事に出くわした時、韓国・朝鮮では「トッケビの仕業だ」といいます。自由自在に飛び回る闇の帝王トッケビは姿形とも得体の知れない化け物ですが、庶民の心の中に深く住みついています。

ベストレビュー

韓国のおばけ

表紙の絵がちょっと怖いですが、内容はおもしろいです。
トッケビに死人と間違えられ、なりきる若者はなかなかの知恵者です。
トッケビが生き返られてやるといって、若い娘のいのちをくれます。
若者はそれをちゃっかり利用して幸せになります。

日本にもよく似たような話があります。
その地域にあった話に変化していくのでしょう。
お話の生命力はすばらしいです。

近くの国のようすを知ることが出来る絵本を、子どもたちに読んでもらいたいです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金森 襄作さんのその他の作品

こかげにごろり / おどりトラ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

おばけのトッケビ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット