あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
もしもぼくがいぬのがっこうにいったら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしもぼくがいぬのがっこうにいったら

  • 絵本
作・絵: きたやまようこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もしもぼくがいぬのがっこうにいったら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784097270867

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「何か役に立ちたいな」と思ったのんびり犬くん。警察犬の学校をのぞいてみたら、あんなこともこんなこともやっています。できるかな?

ベストレビュー

考える犬のおはなし。

ぼくは いつも のんびり さんぽを して います。
だから、ぼくの こと「のんびりいぬくん」って よんでね。

すでに、表紙から物語が始まっています。
ぼくが、のんびり散歩をしていると、「とてもいそいでいるいぬさん」がやってきて、「ぼくといっしょにこないかい。」と、警察犬の学校に誘われます。
ぼくは、いろいろ想像します。
やっぱり、むいていないと思います。
今度は「きちんとまえをむいてあるくいぬさん」がきて、盲導犬の学校に誘われます。しかし、やっぱり、むいていないと思うのです。
そして、りょうへいくんに、そのことを話すと、やっぱりむいていないことがわかり、りょうへいくんのおうちの犬でよかったと思うのでした。

ぼくこと「むさし」は、とても考える犬です。
そして、その内容は、ちょっとした勉強にもなります。
また、くすって笑わせるところもあります。
犬って、とても身近で人の役にたっている動物なのです。
「ぼくでもやくにたつかしら。」と、むさしは考えますが、りょうへいくんがその答えをしっています。
「むさし」は、むさしのままでいいんだよね。
(多夢さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたやまようこさんのその他の作品

ねんねのおとがきこえるよ / ここがすき / おつきさまはいちねんせい / 1日1話絵本 うわさのようちえん / うみべのいえの犬 ホーマー / いぬうえくんとくまざわさん(6) くまざわくんがもらったちず



大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

もしもぼくがいぬのがっこうにいったら

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット