ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん

作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: ひしき あきらこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年9月30日
ISBN: 9784834017533

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
関連
ペッテルとロッタのぼうけん
ペッテルとロッタのクリスマス
ちゃいろおばさんのたんじょうび
あおおじさんのあたらしいボート

出版社からの紹介

 むかしむかし、ある小さな町に3人のおばさんが住んでいました。みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさんです。そして、向かいの家には、あおおじさんが住んでいました。  さて、ある日曜日、おばさんたちは散歩の途中で犬のプリックがいないことに気がつきます。あわててあちこち捜しますが、プリックはどこにも見あたりません…。  プリックは辻芸人にさらわれそうになっていたのです。そこをみなしごの兄妹ペッテルとロッタに助けてもらい、みんな大喜び。そして、ふたりはおばさんたちの家で暮らすことになりました。  『ペレのあたらしいふく』『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』などで知られるスウェーデンの絵本作家エルサ・ベスコフ(1874-1953)の代表作「3人のおばさん」シリーズ全5冊がついに日本語版で出版されます。本書はシリーズの最初の巻です。

ベストレビュー

なんとも魅力的なおばさん達(あおおじさんもね)

一緒に暮らす3人のおばさん達は、着ている服の色で呼ばれていますが、
その個性も、みどりおばさんは庭仕事、ちゃいろおばさんはお菓子作り、むらさきおばさんは刺繍が得意、と色のイメージ通り。
外国のお話では、名前の印象がつきにくいことがありますが、
このお話では呼び名ですぐイメージがわき、お話にも入っていきやすかったです。

おばさん達の関係の説明がないのですが、
私は昔からの友人が一緒に暮らしているのかなぁ、と感じました。
お向かいに住むあおおじさんも含めて、
それぞれの領分を尊重し、でも暖かなつながりを感じる関係性が素敵。
大人が「主人公の子どものお父さん・お母さん」ではなく、
個人として、こんな風に魅力的に描かれている子ども向けの物語ってなかなかないのではないかしら。

迷子の飼い犬をめぐる騒動は、おばさん達をみなしごの兄妹と惹き合わせてくれて・・・。
派手さはないけれど、ハラハラして、ホッとさせてくれるお話に引き込まれました。
息子達もいい顔して聞いていて、その後リクエストされ「3人のおばさん」シリーズを読破しました。

なかなかの文章量ですが、ひしきあきらこさんの訳は気持ちよく読め、長さが全く苦になりません。
私自身、黙読していたときよりずっと面白く感じました。
シリーズ1冊目は、やはりこの絵本からがおすすめです!
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルサ・ベスコフさんのその他の作品

カイとカイサのぼうけん / 雪のおしろへいったウッレ / クローカ博士の発明 ベスコフ童話集 / きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた― / おひさまがおかのこどもたち / あおおじさんのあたらしいボート

ひしき あきらこさんのその他の作品

おにいちゃんが いるからね / フローラのにわ / うみのおいしゃさんモグローせんせい / ぼくは、おうさま! / プップー! / ウーッ!



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット