庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
しらゆきひめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しらゆきひめ

  • 絵本
作: 立原 えりか
絵: いわさき ちひろ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「しらゆきひめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784062667838

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いわさきちひろが描く世界の名作
愛されつづけるロングセラー

有名なグリム童話を、ちひろの美しい絵で。
雪の日、かわいいかわいい女の子が生まれました。でも、亡くなったお妃のかわりにやってきた新しい母親は、毒蛇のようにおそろしい心をもった人だったのです……。

ベストレビュー

挿絵が最高です

「白雪姫」というと某アメリカアニメを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。極彩色のミュージカルのイメージです。

原作はあまりにも有名なドイツ グリム兄弟の童話です。

 海外留学経験のある人たちによく聞くお話ですがドイツ人は自国の文化を「とても暗い」と認識しているそうです。

この童話も、大変美しいですが冒頭から「死」のイメージが漂っています。
白雪姫はその誕生の前に、母親が流した血によって「美しさ」を願われるのです。

雪の白、黒檀の黒、血の赤。

この色のコントラストはとても印象的できれいです。

実はわたし、鏡のシーンよりも7人のこびとたちよりもこの冒頭が好きです。母親の愛情がはっきりと伝わってきます。

全体的に原作にとても忠実だと思います。

そして、いわさきちひろさんの挿絵は「ドイツ童話」の持つ「影」の部分まで表現されていると思います。

少し不安定で繊細な線描、淡い色遣い、はかなげなお姫様。

アメリカナイズされていない、美しい「しらゆきひめ」が楽しめます。

おすすめです。
(ひよこまめさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


立原 えりかさんのその他の作品

はだかのおうさま / 10歳までに読みたい世界名作(17) 少女ポリアンナ / 10歳までに読みたい世界名作(3) オズのまほうつかい / 新装版 ばらいろのもり / こたえはひとつだけ / 新装版 しろいおくりもの

いわさき ちひろさんのその他の作品

絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット / ゆびきり / トットちゃんとカマタ先生のずっとやくそく / 千の風になって ちひろの空 / 井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法 / あおいとり



すべてのおとなとこどもに贈ります

しらゆきひめ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット