新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
しらゆきひめ

しらゆきひめ

  • 絵本
作: 立原 えりか
絵: いわさき ちひろ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784062667838

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いわさきちひろが描く世界の名作
愛されつづけるロングセラー

有名なグリム童話を、ちひろの美しい絵で。
雪の日、かわいいかわいい女の子が生まれました。でも、亡くなったお妃のかわりにやってきた新しい母親は、毒蛇のようにおそろしい心をもった人だったのです……。

ベストレビュー

挿絵が最高です

「白雪姫」というと某アメリカアニメを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。極彩色のミュージカルのイメージです。

原作はあまりにも有名なドイツ グリム兄弟の童話です。

 海外留学経験のある人たちによく聞くお話ですがドイツ人は自国の文化を「とても暗い」と認識しているそうです。

この童話も、大変美しいですが冒頭から「死」のイメージが漂っています。
白雪姫はその誕生の前に、母親が流した血によって「美しさ」を願われるのです。

雪の白、黒檀の黒、血の赤。

この色のコントラストはとても印象的できれいです。

実はわたし、鏡のシーンよりも7人のこびとたちよりもこの冒頭が好きです。母親の愛情がはっきりと伝わってきます。

全体的に原作にとても忠実だと思います。

そして、いわさきちひろさんの挿絵は「ドイツ童話」の持つ「影」の部分まで表現されていると思います。

少し不安定で繊細な線描、淡い色遣い、はかなげなお姫様。

アメリカナイズされていない、美しい「しらゆきひめ」が楽しめます。

おすすめです。
(ひよこまめさん 30代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
2,200円
1,540円
1,320円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
3,190円
1,595円
440円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

しらゆきひめ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら