新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
新刊
家守神(3) 金色の爪と七不思議

家守神(3) 金色の爪と七不思議(フレーベル館)

拓の小学校で怪事件発生!?

  • 笑える
  • 盛り上がる
ことろのばんば

ことろのばんば

  • 絵本
作: 長谷川 摂子
絵: 川上 越子
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥880

クリスマス配送につきまして

「ことろのばんば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784834024272

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
27X20cm・32ページ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

山奥に住むことろのばんばのふしぎな壷に、兄が吸いこまれてしまうのを見た妹は、山の神に姿を消すおまじないを教わります。

ベストレビュー

怖いけどはまる絵本

昔々、男の子と女の子がおじいさんと住んでいて、2人が山に栗拾いに行くと、つぼを持ったばんばが近づいて「こーとろ、ことろ」・・・。
そうすると男の子はあっという間につぼの中へ吸い込まれてしまいました。
男の子を助けるために女の子は山の神さんの力をかりて、ばんばの住む岩屋へ・・・。
ばんばがお酒を飲んで眠ったすきに、つぼを割り、捕まっていた大勢の子ども達と一緒に逃げ、谷にかかる橋を落として助かる。というお話です。

たまたまこのお話を大きなおばあちゃん(曾祖母)の前で息子に読み聞かせていたら、
「ことろ」とは子捕ろで、子供をさらっていってしまう妖婆のことを指すということを知りました。
昔から、子供は日が暮れるまで遊んでいないで早く帰りなさいという教えとしてわらべ歌にあるそうす。

絵本では、ばんばの凄みのきいた顔や山の風景がすみずみまで描かれています。表紙じたいすごく怖い感じです。
特にばんばの登場する場面は、子供をおはなしの世界に惹きこんでしまい、ばんばに捕まってしまうのではないかという錯覚させる力があるように感じました。

息子も怖いなあといいながらも、何度も何度も読んでといっています。
民話ではないようですが、日本の昔話といった感じでとてもよい絵本だと思いました。

「こーとろ、ことろ」などは、是非に凄みのある声で読んでください。面白さが倍増します。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,860円
1,540円
1,430円
1,540円
1,870円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
1,650円
550円
12,210円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ことろのばんば

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら