うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ことろのばんば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ことろのばんば

作: 長谷川 摂子
絵: 川上 越子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「ことろのばんば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784834024272

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
27X20cm・32ページ

出版社からの紹介

山奥に住むことろのばんばのふしぎな壷に、兄が吸いこまれてしまうのを見た妹は、山の神に姿を消すおまじないを教わります。

ベストレビュー

怖いけどはまる絵本

昔々、男の子と女の子がおじいさんと住んでいて、2人が山に栗拾いに行くと、つぼを持ったばんばが近づいて「こーとろ、ことろ」・・・。
そうすると男の子はあっという間につぼの中へ吸い込まれてしまいました。
男の子を助けるために女の子は山の神さんの力をかりて、ばんばの住む岩屋へ・・・。
ばんばがお酒を飲んで眠ったすきに、つぼを割り、捕まっていた大勢の子ども達と一緒に逃げ、谷にかかる橋を落として助かる。というお話です。

たまたまこのお話を大きなおばあちゃん(曾祖母)の前で息子に読み聞かせていたら、
「ことろ」とは子捕ろで、子供をさらっていってしまう妖婆のことを指すということを知りました。
昔から、子供は日が暮れるまで遊んでいないで早く帰りなさいという教えとしてわらべ歌にあるそうす。

絵本では、ばんばの凄みのきいた顔や山の風景がすみずみまで描かれています。表紙じたいすごく怖い感じです。
特にばんばの登場する場面は、子供をおはなしの世界に惹きこんでしまい、ばんばに捕まってしまうのではないかという錯覚させる力があるように感じました。

息子も怖いなあといいながらも、何度も何度も読んでといっています。
民話ではないようですが、日本の昔話といった感じでとてもよい絵本だと思いました。

「こーとろ、ことろ」などは、是非に凄みのある声で読んでください。面白さが倍増します。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 摂子さんのその他の作品

ぐやんよやん / はちかづきひめ / まほうのコップ / 家郷のガラス絵 出雲の子ども時代 / 絵本が目をさますとき / さくら

川上 越子さんのその他の作品

サンゴのしまのポポ / そらまめと わらと すみ / きらきら ひりひり / どろんこあそび / やさい



ハッピーなおやすみのえほん!

ことろのばんば

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット