大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
ヤンメイズとりゅう―中国の再話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヤンメイズとりゅう―中国の再話

  • 絵本
再話: 松居 直 関野 喜久子
絵: 譚小勇
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ヤンメイズとりゅう―中国の再話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784834002454

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 40
サイズ: 26X27cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぐるぐるまわって飛ぶうちにきいろいことりは、なにを見たでしょう。
牧場のにわとり、うし、ぶた、ほし草小屋……。

ベストレビュー

辰年に

辰年の今年、龍・ドラゴンにちなむ本が展示されていてその中で見つけたものです。

福音館書店の昔話というと、読んでいない本でもこんな本があるということはある程度把握していたつもりだったのですが、この本の存在は全く知りませんでした。しかも、再話のお一人は松居直さんなのに。

龍にさらわれるシャオホンメイというお姉さんが鍵だし、不思議な存在だなあって思います。

さらわれる時に、自分を助けられるのはまだ生まれていない弟というのは、このシャオホンメイは予知能力があったのでしょうか。

生まれてきたヤンメイズというのも桃太郎のような男の子。連れ去られた弟を助けるという逆バージョンの『マーシャと白い鳥』のような昔話を連想しました。

こちらの昔話の方が古いのかもしれませんが、いろんな昔話の要素が感じられ、また龍を退治ということでスケールの大きな昔話だなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松居 直さんのその他の作品

傑作絵本劇場 ももたろう(大型絵本) / 翻訳絵本と海外児童文学との出会い / 松居直と『こどものとも』 創刊号から149号まで / 松居直自伝 軍国少年から児童文学の世界へ / 松居直のすすめる50の絵本 / 絵本の現在子どもの未来

譚小勇さんのその他の作品

ひゃくにんのおとうさん / チゲとむしろとおばあさんのとらたいじ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ヤンメイズとりゅう―中国の再話

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット