新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

あさいち

あさいち

  • 絵本
語り: 輪島・朝市の人びと
絵: 大石可久也
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※レビューの一部は『かがくのとも 1980年1月号』』につけられたものですが、2024年3月刊のこちらの『あさいち』に転載させていただいております。

作品情報

発行日: 2024年03月08日
ISBN: 9784834002669

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
判型:253×232mm ページ数:28ページ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

朝市は、海でとれたもの、畑でとれたものを持ちよる商いの場。そこには潮のかおりと土のにおいがたちこめていて、人びとにとって楽しいおしゃべりと社交の場でもあります。石川県「輪島朝市」の活気ある風景を描いた、1980年刊行の本作品。令和6年能登半島地震で大きな被害を受けた被災地の、一日も早い復興への願いを込めて復刊します。本作品の利益は、能登半島地震災害義援金として、日本赤十字社に寄付いたします。

あさいち

あさいち

あさいち

ベストレビュー

朝市の日常

輪島の朝市が描かれていると知り、手に取りました。

大変な地震と、火事にも見舞われた輪島。
そこには、こんなに飾らない・ありふれた日常があったのですね。

そんな毎日が
またやってくると信じて
祈るようにページをめくりました。

人と人をつなぐ、あたたかいコミュニケーションがあふれる
土地の言葉でつづられた、朝市の様子は
コロナ禍で忘れられてしまった何かをも
思い出させてくれるような気がします。


(やこちんさん 50代・ママ 女の子19歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
2,090円
990円
3,300円
3,850円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
3,960円
880円
880円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

あさいち

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 1
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら